義史のB型ワールド

2019年8月12日

ロッテリア高砂店跡地にできた”大衆酒場はるひ”でランチの”国産牛ビーフカレー”を食べてみた!家庭的なカレーをイメージしていがが割と欧風カレーっぽかった!

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:10 午後
 
代理人記録
 
この
サンモール高砂にあったロッテリアの店舗跡地に3月11日に本オープンした『ちょい呑み 大衆酒場 はるひ』であるが、3月下旬頃に管理人さんと30番さんが唐突に酒を飲みにやって来た時は未だ昼の営業はやって無かった(でも一度か二度、昼にお店が開いている?のを目にした事があったのだが・・・)。が、お店の運営も起動に乗り出したのか4月の中旬頃になって漸くランチ営業が始まったので、試しに食べに行って通常メニューにある”牛スタミナ焼き定食”とか”日替り定食”の”焼肉定食”を食べたら中々印象が良かったので、この日もまたまた食べに行ってみた。
 
海と大地の味を楽しむ大衆酒場 はるひ高砂店
こちらがまたまた行って来たランチ営業中の『ちょい呑み 大衆酒場 はるひ』で、以前にも書いた様にサンモール高砂病院棟?の駐車場の一角にある『播州海鮮・炉端碇いかり屋』の姉妹店らしいが、あちらのお店はその名のとおり海鮮魚介系を得意にした和食屋さん風だが、こちらの店舗は肉系を中心に色んなジャンルの料理を提供する居酒屋さん風になっている。
 
大衆酒場はるひランチメニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあったランチメニューのボードで、この日の数日前に食べに来た時は”日替り定食”の内容が”トントロ野菜炒め”だったので、思わずそちらを食べたのだが、この日の”日替り定食”の内容を見ると”鯵フライハムかつ定食”との事。個人的に魚嫌いなので”鯵フライ”には全く持って関心が沸いて来なかったので素直に”国産牛ビーフカレー”を食べてみる事に決定!!!
 
大衆酒場はるひ国産牛ビーフカレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”国産牛ビーフカレー”で、別途サラダとみそ汁が付いてお値段は税込価格950円也。実物を目の当たりにする迄は”真心うどんのカツカレー”とか”菓茶みきやの黒毛和牛めちゃうまカレー”のようなもっと家庭的なカレーをイメージしていたのだが、ご覧の通り何と無く欧風カレーっぽい雰囲気のカレーだ。更に”国産牛ビーフカレー”と言う商品名だったので、もっとお肉がゴロゴロ入っているのかと期待していたのだが、ご覧の通り思った程では無い。ま、味的には普通に美味しいカレーだが、どちらかと言うと一回食べたからもうエエかな・・・と言う印象だ。
 
大衆酒場はるひ国産牛ビーフカレー
ちなみにこちらは”国産牛ビーフカレー”に付いていたみそ汁とサラダで、本来であれば”国産牛ビーフカレー”と一緒に運ばれて来るべき物なのだが、”国産牛ビーフカレー”を半分以上食べ進んでも全く持って運ばれて来る気配が無い・・・。仕方がないのでピンポンを鳴らして店員さんに来て貰ってみそ汁とサラダが付いているはずだよね?と言ったら、漸く気が付いたようで暫くしてから持って来てくれた。多分滅多に”国産牛ビーフカレー”を注文する客が居ないから、みそ汁とサラダ付いている事を店員さんも知らないのだろう・・・。
 
てな事で、サンモール高砂にあったロッテリアの跡地に誕生した『ちょい呑み 大衆酒場 はるひ』で今回は”日替り定食”では無く”国産牛ビーフカレー”を食べてみたのだが、カレーとしては普通に美味しいのだが期待した内容と少し違っていたのと、コストパフォーマンス的にも余り良く無い気もする・・・。てか、この値段で”ビーフカレー”を食べるのであれば、それこそ直ぐ目と鼻の先にある『欧風カレー小夢(チャイム)』へ行ってスープやサラダが付いて800円のビーフカレーを食べた方が絶対に良いと言う事だけは間違いない!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.