義史のB型ワールド

2019年8月10日

毎度お馴染みの”くら寿司”で”旬の極みシリーズ第3弾”の”枕崎産厚切り藁焼き初鰹”とか、ちょっと変わった”アボガドビーツとろ”等を食べてみた!ビーフが意外とウマい?

Filed under: — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
相変わらず月に何度か何処かの回転寿司チェーン店へ食べに行っているのだが、牛丼チェーン店やラーメン屋さんの話と違い食べた商品の写真の数が多い・・・。そんな事もあって回転寿司チェーン店の話題を敢えて後回しにしていたら、どんどんと溜まって来たので、取り敢えず幾つか回転寿司チェーン店へ食べに行った話の中からまたまた『くら寿司』のお話・・・。
 
無添くら寿司アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た『無添 くら寿司/アイモール高砂店』で、この時も午前11時半頃と言うランチタイムには少し早目の時間帯の訪問だったのだが、何時もの如く既に先客万来で大賑わい!で、最近『スシロー』や『はま寿司』へ行った時は、ゆったりと食事を楽しみたい?と言う理由からテーブル席を利用する事が増えたのだが、この日も何時もの如くテーブル席は結構埋まっているが、手前のカウンター席は閑散としていたので、この日も未だカウンター席は空いていたので取り敢えずそちらの席を利用する事に・・・。
 
くら寿司枕崎産厚切り藁焼き初鰹
それはさて置き、この時は”旬の極みシリーズ第3弾”と言うフェアをやっていたので、やっぱ一度は食べて置こうと思って注文したのがこちらの”枕崎産 厚切り藁焼き初鰹”で、お値段は税抜価格200円也。個人的に魚嫌いなので自ら好んで””を食べる事は無いのだが、俗に言う喰わず嫌いでは無く、取り敢えず食べるが好きにはなれないタイプなので意外とあちらこちらのお店で”鰹のたたき”は食べている。とは言え、やっぱ私には極々普通の””でしか無かったが・・・。
 
くら寿司熟成大とろ一貫
そしてその次に運ばれて来たのが『くら寿司』で開催されるフェア商品の中で一番大好きとも言っても過言では無いこちらの”熟成大とろ 一貫”(偶に”国産本まぐろとろ 極旨一貫”の時もあったような・・・)で、お値段は税抜価格200円也。毎回、実物が運ばれて来る迄はどんなネタなのか判らないのが難点ではあるが、今回は割と平均的な大きさと色艶で脂ののりも良くて期待通りメチャ美味しかった
 
くら寿司天然とらふぐ一貫
そしてこちらは”熟成大とろ 一貫”と同じく偶にフェアで登場した時は必ずと言って良い程に食べている”天然とらふぐ 一貫”で、お値段は税抜価格200円也。これまた個人的に特別”ふぐ”が好きと言う訳では無いのだが、食べている間にきっと好きになる!と言う思いから毎回注文してしまうのだ。で、確かに美味しいと思ったが、未だぜひまた食べたい・・・と言う域には達しなかった・・・
 
くら寿司アボガドビーツとろ
そんなこんなで目ぼしい寿司を何皿か食べた後、メニューの中に何やら”スーパーフードである「ビーツ」を使用”と書いてあったので思わず注文したのがこちらの”アボガドビーツとろ”で、お値段は税抜価格100円也。ま、”ビーツ”と言われても未だに何か良く判らんのだが、この寿司はアボガドの甘味?もあって意外と美味しかったかな
 
くら寿司豪華うなぎ三種盛り
そしてこちらは土用の丑の日に先駆けて食べた”豪華うなぎ三種盛り”で、お値段は税抜価格200円也。パッと見た感じは似たような軍艦巻きが二つもあるので二種盛りかな?と思ってしまったのだが、一応内容的には”「うなぎ」「うなとろ」「うな肝」”の3種との事。実際に食べると”うなぎ”はメチャ美味しかったが、”うなとろ”と”うな肝”は期待した程では無い・・・、と言うのかどれも以前の”極上うなぎと春のいちごフェア”の時に食べていたようだ・・・。ちなみに”うな肝”を食べるなら高砂町内にある『浜名湖鰻 うな高』で販売されている”浜名湖鰻の肝焼き串”を食べる方がエエかも知れない・・・。
 
くら寿司炙えびえびグラタン
それはさて置き、こちらも商品名に釣られて思わず注文した”炙えびえびグラタン”で、お値段は税抜価格100円也。その名の如く?海老の上にチーズを乗せて炙ったような感じで、大きなインパクトは無いが大体想像通りの味で普通に美味しかった
 
くら寿司ローストビーフ
そんなこんなで色んな寿司を食べたのでそろそろ帰ろうかと思った時にふと気が付くと、この日は珍しく魚系の寿司ばかりで肉寿司を食べて無い・・・。で、取り敢えず何か一つ位は食べて置こうと思って注文したのがこちらの”ローストビーフ”で、お値段は税抜価格100円也。スライスした玉葱が沢山乗っていて肝心の”ローストビーフ”の姿が良く判らないが、以前に『くら寿司』で食べた”ローストビーフ 一貫”とは全く違う印象ながら、これはこれで中々美味しかった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『くら寿司』で今回は”旬の極みシリーズ第3弾”の”枕崎産 厚切り藁焼き初鰹”とか”スーパーフードである「ビーツ」を使用”と言う”アボガドビーツとろ”を食べてみたのだが、””は兎も角”ビーツ”が乗った寿司が意外と美味しかった(もしかしたら”アボガド”の影響の方が大きいかも・・・)。何れにしても今回は割とシンプルな寿司ばかりを食べて若干面白味にも欠けるなあ・・・と思っていたら、この後に夏定番?の”冷し担々麺”が登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。