義史のB型ワールド

2019年6月30日

毎度お馴染みの”博多一風堂”から数年ぶりに”博多肉そば”が登場したので食べてみた!とんこつスープに背脂や豚肉が牛モツの旨味が加わって中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
偶に登場する期間限定のフェアメニューに釣られて年に数回は食べに行く事があるラーメンチェーンの『博多一風堂』と言えばその名の如く”博多とんこつスープのラーメン”が自慢のお店なのだが、先にも書いた様に期間限定でちょっと変わったラーメンが登場するので、それに釣られて定期的に食べに行っている。”博多肉そば”が数年ぶりに登場したので、それに釣られて久々に食べに行ってみた。
 
博多ラーメン博多一風堂姫路店
こちらが久々に行って来た『博多一風堂/姫路店』で、流石に書く事も無くなって来たので以前の記事からコピペすると、過去にも書いた様に個人的には西暦2000年に『博多一風堂』が大阪に初進出して来た時、京都大文字焼を見に行く途中で大阪に立ち寄って食べに行ったのをきっかけに、大阪梅田店、神戸元町店等が出来た際にも食べに行った事がある馴染のラーメンチェーン店だ。ちなみに大阪池田にある日清インスタントラーメン発明記念館の近くにチキンラーメンをイメージしたラーメンが食べれる?『麺翁 百福亭』(今は閉店し『博多一風堂』になっているはず)と言うお店にも行った事がある程の・・・『博多一風堂』通?かも・・・。
 
博多一風堂博多肉そばのメニュー博多一風堂博多肉そばのメニュー
それはさて置き、こちらが『博多一風堂』から期間限定で久々に登場した”博多肉そば”のメニューで、何年も前に登場した時に食べた記憶が残っていたものの、何と無く”徳島ラーメン”風だったなあと言う程度しか記憶が残って無かったので、当ブログの過去の記事を見ると若干ながら内容は変っているようだ(ちなみに”博多冷やし肉そば”ってのも食べてたようだ)。何れにしても個人的に”肉そば”と名の付く商品はラーメン蕎麦も含め大好きなので今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
博多一風堂博多肉そば
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”博多肉そば”で、別途”白ごはん”と”玉子”が付いてお値段は税込価格990円也。ちなみにこのお店にはお得なランチメニューがあって、この日も100円プラスして”博多ひとくち餃子”と”白ごはん”のセットを頼もうとしたら、何と”博多肉そば”には最初から”白ごはん”が付いているとの事。じゃあ単品は無いの?と聞いてみたのだが、何故か”博多肉そば”の単品は無く”白ごはん”と”玉子”がセットになった物しか無いと言うので、今回は”博多ひとくち餃子”のセットは諦めたのだった・・・。
 
博多一風堂博多肉そば
そしてこちらが久々に食べる”博多肉そば”で、例によって玉子は後からセルフでトッピングするスタイルになっている。ちなみに商品説明によると”一風堂ならではのシルキーなとんこつスープと極細麺のラーメンに、甘辛く煮た豚肉と牛モツをトッピング。ボリュームがありジューシーな肉の旨味が味わえる1杯です。ラーメンに加え「白ごはん」と「玉子」もセットでご提供します。まずは肉盛りのラーメンを食べ、玉子落としてまろやかさをプラスして味わい、さらに玉子を絡めた肉をご飯の上に乗せ、豚丼風にしてもお召し上がりいただけます”との事。スープは違えど、内容的には先にも書いたように”徳島ラーメン”に限りなく似ているような・・・。
 
博多一風堂博多肉そば
それはさて置き、こちらが”博多肉そば”にトッピングされていた甘辛く煮込んだ豚肉と、今回新たに加わった牛モツで、これまた商品説明によると”モツ鍋×とんこつラーメンで、博多色の強い一杯に仕上げた”らしい・・・。で、その上からは七味唐辛子のような物もかかっていて若干ピリ辛ながらラーメンと一緒に食べても、あるいは”白ごはん”と一緒に食べても中々ウマい!生ビールのあてにもなりそうな気もしたが・・・。
 
博多一風堂博多肉そば
ちなみに”博多肉そば”の麺はこんな感じで、このお店で登場する期間限定のラーメンには特注麺が使われる場合も多いのだが、今回は何時もの極細麺のようだ。これまた商品説明によると”とんこつスープに絶妙に絡む、博多の極細麺。もっちり心地よいかみごたえと、さくっと軽い歯切れの良さ、マイルドなのどごしをお楽しみください”との事。基本的には何時もと変らない味ではあるが、こうやって説明文を読みながら食べると何時もと比べて更に美味しかった気がする・・・。
 
博多一風堂博多肉そば
そんなこんなで”博多肉そば”の美味しい食べ方に従い、まずはそのまま食べた後、添付の玉子を割って卵黄をトッピング!で、美味しい食べ方によると、ここで卵黄を割ってスープに溶かして食べるべきなのだが、そうすると”白丸元味の博多絹ごしとんこつスープに、背脂でコッテリ感をプラス。さらに、甘辛く煮込んだ豚肉や牛モツの旨味が溶け込み、旨味が何層にも広がる”と言うスープの味わいが台無しになりそうな気がしたので、写メだけ撮った後、卵黄は”白ごはん”の方へトッピング!
 
博多一風堂博多肉そば
で、美味しい食べ方に書いてあったように”博多肉そば”のセットの”白ごはん”の上に卵黄と豚肉を乗せてスープを少しかけて完成した”ミニ豚丼”はこんな感じで、これまた偶に書いている様に『徳島らーめん ふく利』や『徳島らーめん 八正道』で販売されていた”徳島丼”風にして食べるとこちらも期待通りメチャ美味しかった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『博多一風堂』から数年ぶりに”博多肉そば”が登場したので久々に食べてみたのだが、ベースの”白丸元味の博多絹ごしとんこつスープ”に背脂や豚肉が牛モツの旨味が加わって中々美味しかった!更にセットに付いていた”白ごはん”を”ミニ豚丼”にして食べるとこれまたメチャ美味しかった!ちなみに偶にこの『姫路店』では販売され無い期間限定のラーメンが登場する事があるのだが、ぜひそう言ったラーメンも『姫路店』で販売して欲しいと願っている・・・。

WordPress.com Blog.