義史のB型ワールド

2019年6月8日

加古川ヤマトヤシキで開催されていた北海道物産展で”札幌らーめん麺や白”の”味噌ラーメン”を食べてみた!オーソドックスな味の白いスープで中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:46 午後
 
代理人記録
 
姫路山陽百貨店で季節毎に開催される北海道物産展に行くと毎回何処かのラーメン屋さんの特設茶屋があり、そこで色んなタイプの札幌ラーメンとか函館ラーメンを食べる事が一つの楽しみになっている。で、加古川ヤマトヤシキでも同じ時期に北海道物産展が開催されているのだが、数年前に私の大好きな『北海道旭川らーめん山頭火』が出店していた時はあったものの、最近はラーメン屋の特設茶屋は登場しなくなった。が、この2018年3月に開催されていた春の大北海道展に行ってみたらちょっとマイナー?な釧路ラーメンの特設茶屋が出店していたので今シーズンもきっと何処かのラーメン店が出店しているだろうと言ってみたら、何年か前に姫路山陽百貨店の北海道物産展で食べた事がある『弟子屈ラーメン』の特設茶屋があったので久々に食べたのだが、その翌週には今まで店名を聞いた事が無い『札幌らーめん 麺や』と言うお店が出店していたので、それに釣られて食べに行ってみた。
 
札幌らーめん麺や白特設茶屋
こちらが加古川ヤマトヤシキの春の大北海道展の会場の一角にあった『札幌らーめん 麺や』の特設茶屋で、このお店の名前を聞いたのは今回が初めてだったのでググってみたら”札幌市に店舗を構える、店名にも由来する豚骨ベースの白いスープが話題の「麺や白」”との事。”豚骨ベースの白いスープ”と言えば最近久々に食べた『旭川らーめん山頭火』のラーメンを思い浮かべるが、多分そちらのお店とは全く関係無いと思う・・・。
 
札幌らーめん麺や白特設茶屋のメニュー
そしてこちらが『札幌らーめん 麺や』の特設茶屋のメニューで、時々書いているように”札幌は味噌、旭川は醤油、函館は塩”と一般的に言われているのだが、ご覧のようにこのお店では3種類のスープのラーメン全てを提供しているようだ。で、先にも書いた様に『旭川らーめん山頭火』の看板商品である”とんこつ塩”との食べ比べも兼ねて”塩ラーメン”を食べようかと思ったのだが、店の冠に”札幌らーめん”と付いているので、素直に”味噌ラーメン”を食べてみる事に決定!!!
 
札幌らーめん麺や白味噌ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”味噌ラーメン”で、お値段は税込価格800円也。パッと見た感じは一時期大阪や姫路にもお店があった北海道に本店がある『らーめん むつみ屋』の”白味噌らーめん”に似ているような印象だが、あちらは白味噌の白で、こちらはスープ自体の白の違いがある。ちなみに商品案内に寄ると大量のゲンコツを20時間以上煮込み、鶏ガラをさらに煮込んだ自慢の特製スープは、旨味が麺と絡み合い絶品ラーメン”との事。それはさて置き早速この”味噌ラーメン”を食べてみると『旭川らーめん山頭火』の”みそらーめん”とは違って同じ白いスープでも鶏ガラベースな事もあってか割とあっさりながら当然の如く味噌味で確かにウマい!でも毎回思うのだが、やっぱ”味噌ラーメン”は味噌の味の印象の方が大きくて、それ以上の物では無かった気もする・・・。
 
札幌らーめん麺や白味噌ラーメン
そしてこちらは”味噌ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、1枚だけだが結構大き目サイズの物で商品案内に寄ると”丸一日かけて作った程よい柔らかさが特長”との事。で、実際に食べても商品説明通り豚肉がとても柔らかくてメチャウマい!スープよりもこちらの方がインパクトがあるような気がする程だった。
 
札幌らーめん麺や白味噌ラーメン
ちなみに”味噌ラーメン”の麺はこんな感じの中太ちぢれ麺で、何と無く前週に出店していた『弟子屈ラーメン』の麺と色合が似ているような玉子麺っぽい感じで、これまた白いスープに絡んで中々美味しかったかな
 
てな事で、加古川ヤマトヤシキで開催されていた春の大北海道展で『弟子屈ラーメン』の”魚介しぼり醤油”に続いて翌週に『札幌らーめん 麺や』の”味噌ラーメン”を食べてみたのだが、私の大好きな『旭川らーめん山頭火』の”みそらーめん”に似た白いスープながら、味は全く違っていたがこれはこれで中々美味しかった!もしまた何時か何処かのイベントでこのお店を見掛けたら今度は”醤油ラーメン”か”塩ラーメン”を食べてみたいと思う・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.