義史のB型ワールド

2019年6月4日

毎度お馴染みの”らーめん幸楽苑”で”びょんびょんらーめん”を再現した”かつお・煮干だしの和風らーめん”を食べてみた!普通にウマいが背脂が無い分物足りない・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
福島県に本店を置く『中華そば 幸楽苑』(今は『らーめん幸楽苑』と言うべきかも・・・)が姫路に進出して来たのは2005年の春頃で、その時は姫路市内のあちらこちらに一気に三店舗同時オープンさせたのだが、その半年後ぐらいに今度は加古川にも進出!しかも姫路にオープンした当初は一杯390円だった”中華そば”は最初は税抜価格390円だったのに対して、『加古川店』がオープンした時には何と税抜価格290円に値下げ・・・。その値段の安さと味と内容が受け、当時関西を中心に一世風靡していたラーメン1杯180円がウリの”びっくりラーメン”を廃業に追い込んだ最大の要因だとも言える・・・。が、流石にラーメン1杯290円では儲からないのか、あるいは経営戦略の失敗?で、その『加古川店』も遂に閉店!更にはステーキチェーンの『いきなりステーキ』のFC展開にも乗り出すなど、なりふり構わぬ展開に・・・。
 
そんな『らーめん幸楽苑』から”小学館『幼稚園』と幸楽苑がコラボした「びょんびょんらーめん」を再現”したと言う”かつお・煮干だし和風らーめん”ってのが登場したのでそれに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
らーめん幸楽苑ニッケパークタウン店
こちらがまたまた行って来た『らーめん幸楽苑/ニッケパークタウン店』で、以前にもチラッと書いたが私が良く利用していた『加古川店』は木曜日限定で”金券半額返還フェア”をやっていたので、『らーめん幸楽苑』へ行くなら『加古川店』へ行く方がお得だと思っていたのだが、私と同じような思いの客が多かったのか、逆に?木曜日以外の日の客の入りに影響したようで残念ながら『加古川店』は閉店してしまったのだった・・・。ま、最大の要因は看板商品だった”290円の中華そば”を止めた事にあるとは思うのだが、確かにあの値段では儲けも少なかったろうから、どの道似たようなコースを辿ったのかも知れないが・・・。
 
らーめん幸楽苑かつお・煮干だしの和風らーめんのメニュー
そしてこちらが『らーめん幸楽苑』から期間限定で登場した”かつお・煮干だし和風らーめん”のメニューで、これに寄ると”小学館『幼稚園』4月号は、幸楽苑とコラボし、幸楽苑の「極上中華そば」などの盛り付けを体験できる、「びょんびょんらーめん」を付録としてつけて発売しました。箸と麺が上下に動いている間に、トングで具を乗せて いき、メニューカードの通りにらーめんを完成させます。その付録「びょんびょんらーめん」を実際に作って 食べてもらいたいという想いを込めて、「かつお・煮干だしの和風らーめん」を3月19日より期間限定で発売”との事。個人的に”びょんびょんらーめん”ってのはどうでも良かったのだが”かつお・煮干だし和風らーめん”が定番の”新・極上中華そば”のスープとどう違うのか味比べの意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
らーめん幸楽苑かつお・煮干だしの和風らーめん
で、こちらが実際に食べた”かつお・煮干だし和風らーめん”で、通常税込価格529円の処、今回もニッケパークタウン会員パスポートを提示して10%の52円引きとなって税込価格477円也。ご覧のようにラーメンと具材が別々に提供されていて、自分で好きなように盛り付けて食べるとの事・・・。って事は”びょんびょんらーめん”を再現する為には自分で麺を箸で掴んで”びょんびょん”させながら、具を盛り付け無いと駄目なのか?確か付録の”びょんびょんらーめん”は自動で”びょんびょん”していたと言う話だったのだが・・・。
 
らーめん幸楽苑かつお・煮干だしの和風らーめん
それはさて置き、仕方がないので自らの手で具材をトッピングして完成したオリジナル?の”かつお・煮干だし和風らーめん”はこんな感じで、気持ち的には昔懐かしい『キャプテンウルトラ』に登場した怪獣の顔をイメージしたのだが、何と無くバルタン星人にも見えるような気もする・・・。で、肝心のお味の方はと言うと”新・極上中華そば”とも、あるいは少し前に食べた”青森発 煮干らーめん”とも違う味わいながら普通に美味しかったが、大好きな背脂が入って無かったので何と無く物足りなさも感じだのであった
 
てな事で、毎度お馴染みのらーめん幸楽苑』から”小学館『幼稚園』と幸楽苑がコラボした「びょんびょんらーめん」を再現”したと言う”かつお・煮干だし和風らーめん”ってのが登場したのでそれに釣られて食べてみたのだが、流石に自分で”びょんびょん”しなかったから再現性は無いものの、私好みの”かつお・煮干だしスープ”で、これはこれで中々美味しかった!それにしても、以前に書いたように最近の『らーめん幸楽苑』は変な方向に向かっているような気がしないでは無い・・・。

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。