義史のB型ワールド

2019年5月1日

毎度お馴染みの”らーめん幸楽苑”で受験シーズンに合わせた”あっさり通過(中華)そば”を食べてみた!チキンカツ入りに釣られたけど、内容的にはそれなり・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
令和になったからと言ってこれと言った話のネタも無いのだが、折角なので新しい試みとして記事に埋め込んでいる写真をgoogle driveに保存している物を使ってみよう・・・。と言うのはこのブログで使っているwordpressは、無料で使える写真保存スペースが3GBしか無く、それがそろそろ満杯に近づいて来たので写真だけでも何処か別の処に保存した物を使ってみようと言う試みだ。とは言え、うまく写真が表示出来るのか?とか、その内URLが変って写真が表示されなくなる?可能性もあるので、先ずは試験的にやるだけなので、明日からどうするかは定かでは無い・・・。
 
福島県に本店を置く『中華そば 幸楽苑』(今は『らーめん幸楽苑』と言うべきかも・・・)が姫路に進出して来たのは2005年の春頃で、その時は姫路市内のあちらこちらに一気に三店舗同時オープンさせたのだが、その半年後ぐらいに今度は加古川にも進出!しかも姫路にオープンした当初は一杯390円だった”中華そば”は最初は税抜価格390円だったのに対して、『加古川店』がオープンした時には何と税抜価格290円に値下げ・・・。その値段の安さと味と内容が受け、当時関西を中心に一世風靡していたラーメン1杯180円がウリの”びっくりラーメン”を廃業に追い込んだ最大の要因だとも言える・・・。が、流石にラーメン1杯290円では儲からないのか、あるいは経営戦略の失敗?で、その『加古川店』も遂に閉店!更にはステーキチェーンの『いきなりステーキ』のFC展開にも乗り出すなど、なりふり構わぬ展開に・・・。
 
そんな『らーめん幸楽苑』から受験シーズンに合わせて”幸せトリ込む最強のげんかつぎらーめん”と言うその名も”あっさり通過(中華)そば”ってのが登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
らーめん幸楽苑ニッケパークタウン店
こちらがまたまた行って来た『らーめん幸楽苑/ニッケパークタウン店』で、以前にもチラッと書いたが私が良く利用していた『加古川店』は木曜日限定で”金券半額返還フェア”をやっていたので、『らーめん幸楽苑』へ行くなら『加古川店』へ行く方がお得だと思っていたのだが、私と同じような思いの客が多かったのか、逆に?木曜日以外の日の客の入りに影響したようで残念ながら『加古川店』は閉店してしまったのだった・・・。ま、最大の要因は看板商品だった”290円の中華そば”を止めた事にあるとは思うのだが、確かにあの値段では儲けも少なかったろうから、どの道似たようなコースを辿ったのかも知れないが・・・。
 
らーめん幸楽苑あっさり通過(中華)そばのメニュー
そしてこちらが『らーめん幸楽苑』から受験シーズンに合わせて登場した”頑張る受験生を応援!あっさり通過(中華)そば”のメニューで、公式案内に寄ると”日本全国の受験生のために、合格を祈願してつくられた特別メニュー”との事。で、最初にこのメニューを見た時は、単なるダジャレのラーメン?としか思えなかったのだが、商品案内の文言の中に”国産鶏を使用のチキンカツ”と言う文言を発見!!!15年程に渡って『幸楽苑』を利用しているが今まで”チキンカツ”が入ったラーメンは食べた事が無い(てか、他のラーメン屋さんでも”トンカツ”が入ったラーメンは食べた事があるが、流石に”チキンカツ”が入ったラーメンは無いかな?)ので、取り敢えず試しに食べてみる事に決定!!!
 
らーめん幸楽苑あっさり通過(中華)そば
そしてこちらが実際に食べた”あっさり通過(中華)そば”で、お値段は通常税込価格561円の処、今回もニッケパークタウン会員パスポートを提示して10%の56円引きとなって税込価格505円也。ご覧の通りトッピングの海苔玉子焼きが別皿での提供になっている・・・。てか、海苔玉子焼きを見ると何と無く白いご飯が欲しくなって来たのだが・・・。
 
らーめん幸楽苑あっさり通過(中華)そば
それはさて置き、セルフで海苔玉子焼きをトッピングしてメニューの写真通りになったのがこちらの”あっさり通過(中華)そば”で、あらためてラーメンの中に入っている具を見るとホウレン草も入っている・・・。海苔とホウレン草のトッピングを見ると何と無く”横浜家系ラーメン”を思い浮かべてしまうが、スープは全く異なる鶏ガラあっさり系のようだ。ちなみに商品案内に寄ると”鶏のダシを使用したあっさりスープに国産鶏を使用したチキンカツと玉子焼きをトッピングしたらーめん”との事で、今現在のこのお店の看板商品である”新・極上中華そば”よりも未だあっさりした味だ!
 
らーめん幸楽苑あっさり通過(中華)そば
そしてこちらが”あっさり通過(中華)そば”にトッピングされていた”国産鶏を使用したチキンカツ”で、最近良く食べる”かつやのチキンカツ”と比べるとサイズがかなり小さい・・・と言うよりも何と無く弁当用の冷凍食品に似たような如何にも業務チックな雰囲気だ
 
らーめん幸楽苑あっさり通過(中華)そば
で、”あっさり通過(中華)そば”に入っていた”チキンカツ”の断面はこんな感じで、雰囲気的には鳥胸肉、ささみの様で、鶏肉自体は何と無くパサパサした感じではあるが、衣がスープを吸ってそれが”チキンカツ”に少し違ったジューシー感をもたらして普通に美味しい・・・かった?か
 
らーめん幸楽苑あっさり通過(中華)そば
ちなみに”あっさり通過(中華)そば”の麺はこんな感じで、多分?”新・極上中華そば”で使われている”最高品質の「天壇」を使用の麺”と同じだと思うが、こちらも所謂業務テイストな味わいで何時もの如く可も無く不可も無くと言う印象であった!
 
てな事で、毎度お馴染みの『らーめん幸楽苑』から受験シーズンにちなんで登場した”幸せトリ込む最強のげんかつぎらーめん”と言う”あっさり通過(中華)そば”を食べてみたのだが、確かに”チキンカツ”がトッピングされていた点は面白いが味的には極々普通だったかな。それにしても以前にも書いたように最近の『らーめん幸楽苑』は毎月の様に新商品が登場するようになったので、それに釣られてほぼ毎回?食べに行ってしまっているのだが、そろそろどこかで区切りを付けたいような気がして来た・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.