義史のB型ワールド

2019年3月4日

”長浜らーめん めんめん”の店舗跡地に誕生した”元祖ラーメン元長屋”で今度は”醤油ラーメン”と”半チャーハン”を食べてみた!オーソドックスながらどちらも普通にウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:25 PM
 
代理人記録
 
11月の下旬頃に、高砂阿弥陀にあった『長浜らーめん めんめん』の店舗跡地に誕生した『元祖ラーメン 元長屋』(”もとながや”かと思ったら”がんながや”と読むらしい)と言うラーメン屋さんに行って、お店の看板商品である”豚骨ラーメン(元祖長浜屋・長浜家)”を食べたのだが、メニューを見るとそれとは別に”元長屋オリジナル”の”醤油ラーメン”ってのがあったのと、11月はお店がオープンしたばかりで未だ手が回らないと言う事で販売されて無かったチャーハンが12月から販売開始になったと耳にしたので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた。
 
元祖ラーメン 元長屋(がんながや)/高砂店
こちらがまたまた行って来た『元祖ラーメン 元長屋(がんながや)/高砂店』で、お店が有る場所は先にも書いたように国道2号線高砂阿弥陀交差点の角にある『戸隠そばと和食 樹家』(昭和世代にはトーヨーモーテルと言った方が判り易い?)から少し西へ行った処の以前『長浜らーめん めんめん』だった処にある。で、この時は午後12時15分頃と言う正にランチタイムど真ん中と言う時間の訪問だったのだが、客の回転が速いと言う事もあってか先客はテーブル席に何組かいる程度・・・。ま、カウンター席は私が入店した時はガラガラだったのだが、その後数人入って来てそれなりには埋まったが、前回と比べると客の入りは少し減ったような印象だ。
 
元祖ラーメン元長屋高砂店メニュー元祖ラーメン元長屋とは
そしてこちらが12月から新しくなったメニュー表とお店の壁に貼ってあったこのお店の紹介パネルで、先にも書いた様に11月にオープンした時は未だ準備が出来て無い?とかで”半チャーハン”は注文出来なかったのだが、この日は当然の如く注文オーケーになっている。てな事で、今回は未食の”醤油ラーメン”と”半チャーハン”をセットで食べてみる事に決定!!!
 
元祖ラーメン元長屋醤油ラーメンと半チャーハン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”醤油ラーメン”と”半チャーハン”のセットで、それぞれのお値段は税込価格500円と300円なので合計した金額は800円也。”醤油ラーメン”単品は安いのだが”半チャーハン”は少し高目なのでセットにすると他のラーメン屋さんで言うと”チャーハン定食並のお値段になってしまったので、お得感は無かったかな
 
元祖ラーメン元長屋醤油ラーメン
それはさて置き、こちらがこのお店オリジナルの”醤油ラーメン”で、パッと見た感じは最近流行り?の昔ながらの中華そば風だ。で、スープの表面には割と多くの脂分が浮いているが、甘さは控え目で如何にも醤油スープ!と言うような味だ。個人的に”播州ラーメン”を食べ慣れているのか、もう少し甘目な方が好きではあるが、ザ・醤油!と言うような味が好きな人にはウケる味かもしれない・・・。
 
元祖ラーメン元長屋醤油ラーメン
ちなみにこちらは”醤油ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、前回”豚骨ラーメン”を食べた時は完全に”薄切りの豚肉”状態ではあったが、この日は何と無くチャーシューっぽい雰囲気(と言っても1枚物では無く何と無くこま切れ?みたいな感じ)で普通にウマい!100円プラスするとこのチャーシューが追加出来るらしいので、また何時か機会があれば追加して食べてみたいと思う・・・。
 
元祖ラーメン元長屋半チャーハン
そしてこちらは”醤油ラーメン”にセットで食べた”半チャーハン”で、ご覧の通りパッと見た印象は他のラーメン屋さんに良くある玉子チャーハン風では無く、何と無くニンニクチャーハンのようなスパイシーな感じのチャーハンだ。で、実際に食べてもちょっと胡椒多過ぎじゃ無いの?と言う味ではあるが、当然の如く焼立て熱々で普通にウマい!何と無くであるが、次回この”半チャーハン”を注文したら胡椒の量は減っているような気がするが・・・。
 
てな事で、またまた行った『長浜らーめん めんめん』の店舗跡地に誕生した『元祖ラーメン 元長屋』で、今回は”醤油ラーメン”と”半チャーハン”を食べてみたのだが、”醤油ラーメン”は甘さ抑え目な昔長柄の中華そばっぽくて普通に美味しかった!”半チャーハン”の方は少し胡椒が多くてスパイシーさが際立っていたが、焼き立て熱々でこちらも普通に美味しかった・・・。ま、”半チャーハン”は兎も角として2回食べに行った印象としては、やはりこのお店では看板商品の”豚骨ラーメン”を食べるのが無難かな・・・。

WordPress.com Blog.