義史のB型ワールド

2019年2月7日

毎度お馴染みの”スシロー”で今回は普通に”ぶりの卵の炊いたんのせ”とか”熟成肉の炙りサーロイン”とか”冬のあったか豚汁うどん”を食べてみた!やっぱ肉寿司が1番ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎月の如く各回転寿司チェーンをローテーションしつつ食べ廻っていて、今年になってからも既に何度も『くら寿司』や『スシロー』に食べに行っているのだが、今日紹介するのは12月の上旬頃に『スシローへ行った時のお話・・・。とは言え、流石にネタ的にタイミングを逸しているような気もするので、今回も?簡単にご紹介!
 
あきんどスシロー/高砂店
こちらがまたまた行って来た毎度お馴染みの回転寿司チェーン『あきんど スシロー/高砂店』で、この日は珍しく夕方のお店が開店して間も無い時の訪問だったので、入店時は未だ店内は閑散としていたのだが、寿司を食べている合間に何時の間にやら店内はほぼ満席に近い位に埋まっていた。流石、回転寿司チェーン店の中で7年連続日本一の売上を誇るだけの事はある・・・。
 
スシロー本ずわい蟹軍艦
それはさて置き、この日は特にこれと言ったフェアをやって居なかったのでタッチパネルを見ながら適当に注文した中から、先ず最初に運ばれて来たのはこちらの”本ずわい蟹軍艦”で、お値段は税別価格150円也。ご覧の通り蟹味噌と蟹の解し身が乗った軍艦巻きで、解し身は何と無く腹の身っぽいが、蟹味噌と一緒に食べると当然の如く蟹の風味がして中々美味しかった
 
スシローぶりの卵の炊いたんのせ
続いて運ばれて来たのがこちらの”ぶりの卵の炊いたんのせ”で、お値段はこちらも税別価格150円也。普段は滅多に”ぶり”やら”はまち”等の寿司を自ら好んで食べる事は無いのだが、トッピングの”ぶりの卵の炊いたん”に興味が沸いたので思わず注文したのだった。でも私にはイマイチ良く判らん?味だったかな
 
スシロー熟成肉の炙りサーロイン
そしてこちらは『スシロー』に来たからには”にく寿司”を一つ位は食べてみないと・・・と思ってメニューを見ると目に留まったのがこちらの”熟成肉の炙りサーロイン”で、お値段は税別価格300円也。ご覧の通り薄切りながら結構大き目のサーロイン肉が乗った寿司で、当然の如く肉の旨味満載でメチャウマい!ちなみに以前も食べた記憶があったので過去の記事をチェックしたら、その時の商品名は”熟成牛炙りサーロイン”だった・・・。値段を上げる為に商品名を変えたのかも・・・。
 
それと後一つ・・・、この寿司は何故か2皿運ばれて来たのでもしかしてボタンを2回押したか?と思って注文履歴を見ても一つしか無かったので、もう一皿の方は取らず店員さんを呼んで2皿も頼んでへんで・・・と文句だけは言っておいた。最近『スシロー』へ行くと毎回必ずこのようなプチトラブルがあって、遂最近食べに行った時は指定されたテーブル席の色とは違う色の皿に乗って運ばれて来たのだが、その話はまた後日・・・。
 
スシロー極上のごぐろの炙り
そしてその次に食べたのが、以前から機会があれば食べている”のどぐろの寿司”が少し高級っぽくなった様なこちらの”極上のごぐろの炙り”で、お値段はこちらも税別価格300円也。パッと見た感じは以前食べた”濃厚のどぐろ白湯ラーメン”にトッピングされていた”のどぐろ炙り”に限り無く似ているが、あのラーメンは330円だったので値段から想像するに余程の”極上のどぐろ”なのだろう・・・。それはさて置き、早速食べてみると確かに身は柔らかくて食感は良いが、味的には私には若干魚の癖のある味・・・。一般的に”のどぐろは白身のトロ”と言われているので機会がある毎に食べているのだが、やっぱ”まぐろのとろ”とは全然違うし、そろそろもうエエかな。
 
スシロー冬のあったか豚汁うどん
そんなこんなで適当に寿司を何皿食べた後、他に食べたい寿司が無くなって来たので最後に汁物でも食べて帰ろうと思い注文したのがこちらの”冬のあったか豚汁うどん”で、お値段は税別価格330円也。その名の通り、豚汁の中にうどんが入ったシンプルな内容で、以前に『はなまるうどん』で食べた”具沢山豚汁うどん”のスシロー版みたいな雰囲気だ。
 
スシロー冬のあったか豚汁うどん
で、早速この”冬のあったか豚汁うどん”を食べてみると定番の豚肉の他に大根や人参等の具が沢山入っていて普通に美味しいのだが、個人的な好みで言うと『はなまるうどん』で食べた”具沢山豚汁うどん”の方が美味しいし、文字通り具もあちらの方が多かったような気はする・・・。
 
スシロー焼き鯖寿司
それはさて置き、〆で”冬のあったか豚汁うどん”を食べたのでそろそろ帰ろうかと思ったのだが、何と無くもうちょっと食べたい気がしたので最後に注文したのがこちらの”焼き鯖寿司”で、お値段は税別価格100円也。偶に書いている様に”生の鯖寿司”は若かりし頃に中った?事があるので、基本食べないのだが、焼いた鯖は以前何処かで食べたら美味しかったので、少しずつチャレンジしている。で、この”焼き鯖寿司”は持ち帰り用の寿司を提供しているようで、残念ながら焼き立てでは無くメチャ冷たい焼き鯖だったが確かに食べれる味だった。
 
てな事で、またまた行った『スシロー』で今回はフェアメニューでは無く普通にタッチパネルのメニューの中にあった”ぶりの卵の炊いたんのせ”とか”熟成肉の炙りサーロイン”とか”冬のあったか豚汁うどん”等を食べてみたのだが”極上のごぐろの炙り”は期待した程では無かったし最後に食べた”焼き鯖寿司”も普通に美味しかったが冷めていたのがちょっと残念・・・。そんな事もあってやっぱ1番美味しかったのはやっぱりにく寿司の”熟成肉の炙りサーロイン”だったかな。そう言えば鯖と言えばこの数日後に『吉野家』で”塩鯖定食”を食べたのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。