義史のB型ワールド

2018年12月16日

またまた行ったアスパ高砂にある”せらび亭”で日替り定食の”ツナとしその混ぜごはんとカツとじうどん”を食べてみた!カツ丼のうどん版でこれはこれで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした事情もあって、最近は良くアスパ高砂・・・と言うのかイオン高砂に買物に行く機会が増えた。で、その度にフードコートで休憩したり、あるいは毎度お馴染みの『スガキヤラーメン』でラーメンを食べたりするのだが、同じように偶にその中にある『手打ちうどん工房 せらび亭』も利用する事がある。が、流石に少し飽きて来た事もあって、年に数回食べるかどうか位でしか無いのだが、この日も買物に行った際に店前を通ると”日替り定食”の内容が今迄食べた事の無い有りそうで無かった?”カツとじうどん”だったので、それに釣られて食べてみる事にした。
 
手打ちうどん工房 せらび亭
こちらがまたまた行って来たアスパ高砂の南側の入口から入った直ぐの処にある『手打ちうどん工房 せらび亭』で、場所的な条件の良さもあってか、ランチタイムは結構賑わっていてそれに気を良くしたのか、一時期は加古川医療センター近くに2号店も出していたのだが、残念ながらそちらは閉店してしまった。が、この本店?は今年の5月1日で30周年を迎えたらしい・・・。って事はアスパ高砂が誕生してから30年経つと言う事か・・・。
 
せらび亭日替り定食のお品書きと見本
そしてこちらが店前に置いてあった”日替り定食”の見本とボードメニューで、この日の内容は”ツナとしその混ぜごはん”と”カツとじうどん”との事。個人的には”ツナとしその混ぜごはん”は余り食べたいとは思わなかったのだが、先に書いた様に”カツ丼”や”カツカレーうどん”は普段から偶に食べているが”カツとじうどん”と言ううどんは意外と今まで食べた記憶が無かったので、取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
せらび亭日替り定食ツナとしその混ぜごはんとカツとじうどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”日替り定食”で”ツナとしその混ぜごはん”と”カツとじうどん”、それに漬物とフルーツが付いてお値段は税込価格842円也。このお店の”日替り定食”は正にその日の内容に寄って小鉢が付いていたり無かったり、そして一番の特徴は毎回値段が違う?ってとこかな
 
せらび亭日替り定食カツとじうどん
それはさて置きこちらが”日替り定食”のメイン料理とも言える”カツとじうどん”で、パッと見た感じはお出汁がたっぷりで麺が見えないので、何と無く出汁たっぷりの”カツ丼”に見えなくも無いが、その名の如くうどんの上に玉子でとじたトンカツがトッピングされた文字通りの”カツとじうどん”だ。で、先ずはお出汁から飲んでみると何時ものうどんの出汁に玉子とじのトロトロした食感がプラスされて中々ウマい!それだけでも十分に美味しい”玉子とじうどん”だ。
 
せらび亭日替り定食カツとじうどん
そしてこちらが”カツとじうどん”にトッピングされていた”トンカツ”で、雰囲気的には以前にこのお店で食べた”カツカレー丼”と同じく、毎度お馴染みの”かつやのロースカツ”と比べると肉厚は薄いが、豚肉や衣に玉子とじの出汁が絡んでこれまたウマい!何と無くではあるが”ツナとしその混ぜごはん”とでは無く普通に白いご飯と一緒に食べたくなる味わいがあったかな。
 
せらび亭日替り定食カツとじうどん
ちなみに”カツとじうどん”の麺はこんな感じの、お店の入口とかに貼られている”讃岐うどんのこだわり”と書いた紙の通り、このお店ご自慢の”手打ち讃岐うどん”で普通に美味しいのだが、最近は超巨大うどんチェーンの『丸亀製麺』へ行く事が増えた事もあって、最近は特に何も感じ無くなって来たような気もする・・・。
 
せらび亭日替り定食”ツナとしその混ぜごはん
そしてこちらは”日替り定食”の御飯物である”ツナとしその混ぜごはん”で、その名の如く白いご飯?に”ツナとしそ”を混ぜただけのシンプルな内容で、個人的にどちらも普段滅多に口にしない事もあってか味的には可も無く不可も無く・・・。先に書いたように今回は”カツとじうどん”だったので、普通に白いご飯の方が良かった気がする・・・。
 
 
てな事で、久々に行ったアスパ高砂の中にある『手打ちうどん工房 せらび亭』で、今回は”日替り定食”で”ツナとしその混ぜごはん”と”カツとじうどん”を食べてみたのだが、”ツナとしその混ぜごはん”の方は兎も角として”カツとじうどん”は想像していた通り”カツ丼”のうどん版みたいな内容ではあったが、”トンカツ”に玉子とじの出汁が絡んでこれはこれで中々美味しかった!このお店では毎日こう言った一風変わったうどんが登場するので、個人的には結構好きなのだが、その日の内容が実際にお店まで足を運ばないと判らないのが最大の難点かも知れない・・・。

WordPress.com Blog.