義史のB型ワールド

2018年12月11日

毎度お馴染みの”スシロー”でTV番組”有吉弘行のダレトク!?”で紹介されていた”まぐろのおはぎ”と期間限定の”和牛のとろ”を食べてみた!”まぐろのおはぎ”は確かにウマい!

Filed under: — 代理人 @ 8:46 PM
 
代理人記録
 
少し前にも書いた様に毎週火曜日に放送されるTV番組”有吉弘行のダレトク!?”の人気コーナーの一つに「没メニューレストラン」と言うのがある。個人的にはこの番組が深夜放送だった頃から見ているのだが、「没メニューレストラン」と言う企画は今の午後10時からの放送になってから始まったと記憶しているのだが、偶にそれに釣られてあちこちの没メニューを食べに行っている。で、今夜は毎度お馴染みの『かつや』が登場するらしいのだが、その前に10月16日に放送された『スシロー』から没メニューとして登場した”まぐろのおはぎ”を食べに行ったお話・・・。
 
あきんどスシロー/高砂店
こちらがまたまた行って来た毎度お馴染みの回転寿司チェーン『あきんど スシロー/高砂店』で、この日は久々にディナータイムが始まる前の午後5時過ぎの訪問だったので、入店時は未だ店内は閑散としていたのだが、寿司を食べている合間に何時の間にやら店内はほぼ満席に近い位に埋まっていた。流石、回転寿司チェーン店の中で7年連続日本一の売上を誇るだけの事はある・・・。
 
スシロー和牛のとろのメニュー
それはさて置き、この日の訪問目的は”まぐろのおはぎ”を食べる事にあったのだが、それとは別にこの様な”天然インド鮪7貫盛り”とか”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”等のフェアメニューがあって、個人的に”天然インド鮪7貫盛り”の方は何年か前に食べた事があるし、この日以外にも結構な割合で登場するフェアメニューなので関心は薄かったのだが、下の方にある”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”の方は個人的に”肉寿司”大好きな事もあって興味津々!
 
スシロー和牛のとろのメニュースシロー和牛のとろのメニュー
で、こちらが”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”のメニューと拡大した写真と、店内の注文タッチパネルで紹介されていた画像で、ご覧の様にスシロー初の商品らしい・・・。個人的に『スシロー』やライバルチェーンの『くら寿司』に行った時は、毎回必ずと言って良い程に牛肉の寿司を食べているし、『スシロー』でも”国産黒毛和牛を使った肉寿司”を食べた事がある気はしたが”和牛のとろ”と言う商品名は確かに初めての事だったので、取り敢えずこちらの寿司を食べてみる事に決定!!!
 
スシロー国産黒毛和牛使用和牛のとろ
で、間も無くして先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”で、お値段は税別価格300円也。何時もの事ではあるがメニューの写真とはイメージがかなり違っていて、値段が高い事もあり肉厚はあるのだが”とろ”と言うような雰囲気では無いような。ちなみに商品案内に寄ると”しっとりと柔らかな食感ときめ細やかなサシの甘み。質を極めたこのうまさをぜひ、ご堪能ください”との事。とは言え、やっぱ実際に食べても”とろ”と言うよりは完全に赤身に近いようなあ・・・と思いつつ食べたのだが、後日『スシロー』から発表されたニュースに寄ると”「国産黒毛和牛”和牛のとろ”」の原材料の一部に「あか毛和種の和牛」が含まれていたことが判明”したらしく返金対応になったらしい・・・。割合は3.2%なので、私が食べた”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”が”あか毛和種の和牛”だった可能性はかなり低いのだが、このニュースを聞いてやっぱりなあ・・・と思ったりしたのだった。
 
スシロー本鮪中とろ
そしてその次に運ばれて来たのが回転寿司チェーン店に来て”マグロの大とろ”も食べておかないと始まらない!と思ってメニューを探したら、この時は”大とろ”が無かった(多分)ので代わりに注文したのがこちらの”本鮪中とろ”で、お値段は税別価格180円也。で、”中とろ”とは言え、『くら寿司』の”熟成 大とろ(極上一貫)”とほぼ同じ値段と言う事もあってか、脂感は少ない物のトロッとした柔らかさで中々美味しかった
 
スシローまぐろのおはぎのメニュー
それはさて置き、こちらがこの日の訪問目的である”まぐろのおはぎ”のメニューで、パッと見た感じは”ねぎとろ”で使っているマグロの中落ちをシャリに巻いて団子状にしたような雰囲気ではあるが、個人的にも番組を見ながらこの寿司が一番食べたいと思ったので、早速食べに来たのであった!
 
スシローまぐろのおはぎスシローまぐろのおはぎ
で、こちらが実際に食べた”まぐろのおはぎ”で、お値段は税別価格100円也。例に寄って写真では大きさが伝わり難いが下に敷いてある大葉と比べて貰うと判るように、確かにおはぎ並のサイズはあるようだ。ちなみに商品案内に寄ると”たたいたマグロに刻みたくあんを入れた、なめろう風「まぐたく」の中にシャリを仕込んだ一品。正統派の和風食材を使った、進化系のお寿司。スシロー初登場となるわさびの辛さを抑えた風味際立つ「オリーブわさび」がトッピングされ、味と彩りを引き立てる”との事。で、番組の中でも話題になっていたが”オリーブわさび”が見た目程の辛さは無く、先に書いたように”ねぎとろ” or ”ねぎまぐろ”の鮪の味に近いがこれはこれで中々ウマい!この商品であれば没メニューでは無く常時販売しても人気が出るのでは?と思った程だ。
 
スシローオマール海老サラダ
そんなこんなで”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”やら”まぐろのおはぎ”を食べたので気持ち的には満足したのだが、どれも1皿1貫なので全然食べたらない・・・。どうした物かとタッチパネルを見たらウマそうな寿司があったので注文したのがこちらの”オマール海老サラダ”で、お値段は税別価格100円也。ご覧の様に”オマール海老”の解し身?をマヨネーズで和えてトビコを乗せたような寿司で、流石に偶に食べるオマール海老ロブスター身のような食感は無いが、これはこれで普通に美味しかったかな(ちなみこの記事を書きつつ以前にもこれと似たような・・・と検索してみたら以前にも『スシロー』で食べていたし、『くら寿司』で食べた”ミニロブスター軍艦”と内容的には似たような感じかも)。
 
スシロー松茸と牛肉のおうどん
そしてその次に運ばれて来たのが、お腹を満足させる為に〆で注文したこちらの”松茸と牛肉のおうどん”で、お値段は税別価格350円也。今シーズンも松茸を食べたいと思いつつ実際に食べたのは讃岐めん うどんや』の”松茸たまごとじうどん”しか無かったし、ある意味その”松茸たまごとじうどん”と食べ比べもしてみたかったので、こちらの”松茸と牛肉のおうどん”を注文したのだが、パッと見た第一印象は松茸も牛肉もメチャ少ないような・・・。
 
スシロー松茸と牛肉のおうどん
で、こちらが”松茸と牛肉のおうどん”に入っていた松茸で、少し前に『讃岐めん うどんや』で食べた”松茸たまごとじうどん”には結構大き目サイズにスライスされた松茸が沢山入っていたのだが、それと比べると何と無く”松茸のお吸い物”に入っている(永谷園の商品だと椎茸)ようなまるで刻み松茸のようなサイズだ。ま、ダシに松茸の風味が入っているならそれでも構わないのだが、出汁自体は至って普通だったような・・・。
 
スシロー穴子天ぷらにぎり
それは兎も角として、最後の最後にこれまたウマそうな気がして注文したのがこちらの”穴子天ぷらにぎり”で、お値段は税別価格100円也。スーパーの惣菜売場に行くと100円位で結構大き目サイズの”穴子の天ぷら”が売られているのだが、それと比べるとこれまたかなり小ぶりだ。が、こちらは注文してから揚げた様な熱々さがあって個人的に穴子好きと言う事もあり中々ウマい!この”穴子天ぷらにぎり”を先に注文して天ぷらだけ”松茸と牛肉のおうどん”の中に入れて食べても美味しかったのでは?と、後から思ったのだった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スシロー』でTV番組”有吉弘行のダレトク!?”の人気コーナー「没メニューレストラン」で登場した”まぐろのおはぎ”を中心に”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”や”松茸と牛肉のおうどん”を食べてみたのだが、一番食べてみたかった”まぐろのおはぎ”は確かに中々美味しかった!”国産黒毛和牛使用 和牛のとろ”は”肉寿司”としてはこちらも中々美味しかったのだが”とろ”と言う程の旨みは無かったような・・・。”松茸と牛肉のおうどん”に至っては松茸も牛肉もショボイなあ・・・と言う印象しか残って無い。とは言え、この後もスープが新しくなったラーメンや冬季限定で登場した冬のあったか豚汁うどん”等を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.