義史のB型ワールド

2018年12月8日

毎度お馴染みの”すき家”で5年ぶりに登場した”お好み牛玉丼”を食べてみた!牛肉にキャベツの歯ごたえとオタフクソースが相まってメチャウマい

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
この季節になると各牛丼チェーン店から”牛すき鍋定食”が登場するのが恒例になっていて、少し前に紹介したように10月の上旬頃に『松屋』から登場した”牛鍋膳”を一足先に食べたので、それに続いて”吉野家の牛すき鍋膳”か、あるいは”すき家の牛すき鍋定食”を紹介しようと思ったのだが、その前に10月の中旬頃に毎度お馴染みの『すき家』から5年ぶりに登場した”お好み牛玉丼”を食べた話が未だ紹介出来て無いので、先ずはそちらのお話から・・・。
 
すき家お好み牛玉丼1[1][1]
こちらがまたまた行って来た『すき家/明幹加古川店 (旧:加古川南店)』で、この日はランチタイムには少し早い午前11時40分頃の訪問だったのだが、何時もの如くこの写真を撮っている間にも続々とお客さんが入店して行った事もあってか、カウンター席は一気に埋まってしまった。それに加え、以前にも書いたように数年前の夏に、混んでいる時にカウンター席に座ったら、隣の席のおっさんが自分の”とん汁”を溢して、短パンだった私の左足に全部かかった・・・と言う嫌な経験があるので、空いているテーブル席の方を利用する事にした。
 
すき家お好み牛玉丼のメニュー
そしてこちらが『すき家』から5年ぶりに登場した”キャベツとオタフクお好みソースでお好み焼き風”の”お好み牛玉丼”のメニューで、この丼が初登場したのは10年前の事なので何故か5年毎に販売される?期間限定の商品になっている。で、10年前に初めて食べた時は若干面食らったがあったのだが、5年位前に食べた時は”すき家の牛丼”の味にも慣れ親しんで来たのか結構美味しかったので、個人的にお気に入りの商品になった事もあり今回も復活販売後早々に食べに来たのだった。
 
すき家お好み牛玉丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”お好み牛玉丼”で、別途”生卵かつお節アオサ粉”が付いてお値段は税込価格500円也(ちなみにこの時はJAFのクーポンは無いし、メルマガクーポンもこの”お好み牛玉丼”は対象外だったので割引無だ!)。で、10年前に初めて食べた時は先に卵黄を乗せその上から”かつお節アオサ粉”を振りかけたので見映えが悪くなったので(その時に紹介した記事の写真はマイクロソフトに寄って消されてしまった・・・。その内に再アップしようと思ってはいるのだが・・・)、この日も5年前に食べた時と同様に先ずは”かつお節アオサ粉”をかけてから生卵をトッピングする事に・・・。
 
すき家お好み牛玉丼
そしてこちらが自らの手で卵黄のみを丼の中央にトッピングした後の”お好み牛玉丼”で、割りとメニューの写真通りになって我ながら完璧と自画自賛!ちなみに商品案内に寄ると”オタフクソース株式会社の人気商品「お好みソース」と、マイルドな特製からしマヨをダイスカットされた食感残るキャベツとともに牛丼にトッピングしたお好み焼き風の商品です。お客様にご好評いただき2013年の販売以来5年ぶりの復活。別添えのかつお節やアオサ粉、テーブルに備えてある紅ショウガをお好みで加えていただくことで、よりお好み焼き感があふれる一品としてお楽しみいただけます”との事。それはさて置き、早速この”お好み牛玉丼”を食べてみると商品案内通りキャベツの歯ごたえにオタフクソースが相まってメチャウマい!『すき家』から登場する期間限定商品の中では一番好きな丼かも・・・。
 
すき家お好み牛玉丼
ちなみにこちらは”お好み牛玉丼”の中に入っていた牛肉で、当然の如く普通の”すき家の牛丼”そのまんまながら、こちらにもキャベツのシャキシャキ感とオタフクソースが混じってこれまたウマい!”牛丼”自体としては圧倒的に”吉牛”の方が好きではあるが、こうやって何かトッピングを加えると”すき家の牛丼”も捨てた物では無いかも知れない・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『すき家』から5年ぶりに登場した”お好み牛玉丼”を食べてみたのだが、内容的には前回や前々回と全く同じながら、元々がソース好きの関西人(そう言えば幼き頃、天ぷらにもソースをかけて食べていたなあ・・・)と言う事もあってか期待通りにメチャ美味しかった!そんな事もあって5年前にこの”お好み牛玉丼”を食べた後、”かつ丼吉兵衛のお好みかつ丼”、”ココイチのお好み風メンチカツカレー”、”かつやのキャベ玉チキンカツ丼”等、お好み風にアレンジした商品を色々と食べた物だった(ちなみに最近良く行くスーパー”ハローズ”で偶に”お好みかつ丼”が売られていて、それを見つける度に買って食べてしまう自分が居る・・・)。ちなみにこれと似た”やきそば牛丼”ってのも登場した事があったのだが、あれはどちらかと言うとイマイチだったのだが、もしかすると復活販売される事も?あるかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.