義史のB型ワールド

2018年11月14日

毎度お馴染みの”松屋”で復刻販売された”焼き牛めし”と同時に登場した”牛焼肉の旨辛炒め定食”を食べてみた!白髪ねぎが追加されただけだが中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多く、少し前に復刻メニュー総選挙第1位を獲得して”焼き牛めし”が復活登場したのでそれを食べたのだが、その時に同時新登場した”牛焼肉の旨辛炒め定食”を食べるべくまたまた『松屋』に行ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、最近は偶に『加古川野口町店』の方も利用するようになったのだが、あちらはパチンコ店に併設されている事もあってカウンター席がメインなのに対して、こちらのお店は所謂ロードサイド店でファミリー客を意識してかテーブル席が多い。が、意外と私が行く時はカウンター席が埋まっているが、テーブル席が空いている場合が多いので、毎回ゆったりと食事を楽しむ為にテーブル席を利用する。ちなみにこの界隈で一番先に誕生した『播磨町店』はその前にあったラーメン店を改装したので、他店と比べると群を抜いて店内が広い・・・。
 
松屋牛焼肉の旨辛炒め定食のメニュー
そしてこちらが『松屋』から復刻メニュー総選挙第1位で復活登場した際に食べた”焼き牛めし”のメニューで、今回の訪問目的はこのメニューの下の方に掲載されている”牛焼肉の旨辛炒め定食”を食べる事なので早速食券を購入!ちなみに、その内容はと言うと大抵の場合は”焼き牛めし”にトッピングされている牛肉が別皿に盛られているだけの場合が多いのだが、何故かこの”牛焼肉の旨辛炒め定食”方にだけ白髪ねぎが追加されている・・・。
 
松屋牛焼肉の旨辛炒め定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛焼肉の旨辛炒め定食”で、メイン料理の”牛焼肉の旨辛炒め”の他にライス・みそ汁・生野菜が付いて、お値段は税込価格630円也。ちなみに例に寄って”発売日から2週間ライス大盛無料サービス”をやっていたので、今回もライスを大盛りにしたのだが、最近はこの程度のご飯の量でも軽く完食したのだった・・・。
松屋牛焼肉の旨辛炒め定食
そしてこちらが”牛焼肉の旨辛炒め定食”のメイン料理である”牛焼肉の旨辛炒め”で、先にも書いたように基本的には復刻販売された”焼き牛めし”の牛肉を別皿に盛ってその上に白髪ねぎをトッピングしただけのようだ。ちなみに商品案内に寄ると”白髪ねぎのシャキシャキ感も加わり「焼き牛めし」とは少し違った味をお楽しみいただける”との事。牛肉の量が同じだと思うと白髪ねぎとサラダが増えているだけで”焼き牛めし”より200円高いのでコストパフォーマンスは悪いような・・・。
 
松屋牛焼肉の旨辛炒め定食
それはさて置き、こちらが”牛焼肉の旨辛炒め”の牛肉で、何度も書いている様に少し前に食べた”焼き牛めし”と同じ”ジューシーで柔らかな牛肉を鉄板で焼き上げ、旨辛のタレを絡めた”牛肉で、流石に数日前に”焼き牛めし”を食べたばかりで特にインパクトは無かったが、”焼き牛めし”の時と同様に中々美味しかった
 
松屋牛焼肉の旨辛炒め定食松屋牛焼肉の旨辛炒め定食
最期に・・・、こちらは”牛焼肉の旨辛炒め定食”に付いていた”生野菜”と”みそ汁”で、内容的には何時もと同じと言う事もあって流石に特に印象に残る事も無くなって来た・・・。強いて付け加えるならば最近偶に食べているライバルチェーン店の『なか卯』の”夜定食”に付いているサラダの方が圧倒的にコーンの分量が多い・・・って事ぐらいかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『松屋』から復刻メニュー総選挙第1位で復活登場した”焼き牛めし”と同時販売された”牛焼肉の旨辛炒め定食”を食べてみたのだが、内容的に”焼き牛めし”の牛肉と全く同じなので大きなインパクトは無い物の老若男女誰もが好む甘辛いタレで中々美味しかった!それはさて置き、この後も『松屋』から次から次へと新商品が登場するので、正に毎週の如く食べに行っているのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。