義史のB型ワールド

2018年11月12日

またまた行った”かつめしいろはーず”で久々に定番の赤いタレがかかった”ビーフかつめし”を食べてみた!普通に美味しいのだが、タレは食べ慣れた店の方が好きかな。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず週に一回はJR加古川駅前周辺へ行く事があって、その度に駅前周辺にある『加古川プラザホテルのレストラン』とか『吉野家』、あるいは加古川ニッケパークタウンのフードテラスやレストラン街にある『揚げ天まる』とか『浪花焼肉 肉タレ屋』等へ行ってランチを食べているのだが、流石にどのお店にも飽きて来た・・・。で、この日もまたまたJR加古川駅前へ行ったので、何処かでランチを・・・と思案した結果、今年になってから何度か食べに行った『かつめし いろはーず』で、今度こそお店の看板商品である”ビーフかつめし赤”を食べようと思い行ってみる事にした
 
かつめしいろはーず
こちらがまたまた行って来たJR加古川駅前寺家街商店街の東の入口近くの目の前にある『肉のいろは本店』直営の『かつめし いろはーず』で、2010年9月にこのお店が誕生した直後は何度か食べに来た事のある結構馴染のお店で、最近もこの店前はそれこそ数えきれない程通っては居るのだが、今年の初め頃に久々に食べに来たのが何と約7年ぶりぐらいの事だった・・・。で、この日は土曜日の正午前の訪問と云う事もあってか既に店内は満席に近い賑わい・・・。7年の間にすっかり地元に馴染んでいるようだ。
 
かつめしいろはーずのメニュー

ちなみにこちらが訪問時点のこのお店のメニューで、今年の初めに来た時は”ビーフかつめし タレ3色”を食べ、春頃に食べに来た時は別メニューにあった”かつめしグラタン”を食べたので、お店ご自慢のかつめしのタレの味が良く判らんかったので、今度こそ基本とお言える赤いタレのかかったビーフかつめし 赤”を久々に食べてみようと決めていたのであった!
 
かつめしいろはーずビーフかつめし
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ビーフかつめし赤”で、別途カップに入った”みそスープ”が付いてお値段は税込価格972円也。ご覧の通りパッと見た感じは”加古川名物かつめし”のメチャ王道とも言える内容で、添えられているのもこれまた”かつめし”定番のボイルしたキャベツだ。
 
かつめしいろはーずビーフかつめし
そしてこちらがメインの”ビーフかつめし”で、その名の通り”ビーフかつ”の上にメチャ濃厚そうなタレがたっぷりとかかっている。ちなみにこの赤いタレ?は”デミグラス風の甘口タレ、昔ながらの加古川かつめしの味”との事。で、そのお味であるが説明通りの甘口ではあるが、見た目通りメチャ濃厚だ。基本的に”かつめし”の味はタレに寄って決まると言っても過言では無く、このタレの味が好きか嫌いかで評価が分かれるのだが、個人的には若かりし頃から食べ慣れた”一平のかつめし”とか我が兄が一押しの”喫茶ロッキーのかつめし”、あるいは最近は良く食べに行っている”本家かつめし亭のかつめし”とかの方が私の好みに合っている・・・。
 
かつめしいろはーずビーフかつめし
ちなみに”ビーフかつめし”の命とも言える”ビーフかつ”の断面はこんな感じで、当然の如く前回食べた”かつめしグラタン”とかその前に食べた”ビーフかつめし タレ3色”と全く同じの所謂”かつめし定番の薄く延ばした牛肉で、こちらも普通に美味しいのだが、最近はちょっとしたブームであちこちのお店で”肉厚のあるビフカツ”やら”レアな揚げ加減の牛カツ”を食べている事もあってか、若干肉を食べた感としては物足りなさを感じたかな
 
かつめしいろはーずビーフかつめし
そしてこちらは”ビーフかつめし赤”に付いていた”みそスープ”・・・と言うのか所謂”ほとんど具の無い味噌汁”で、当然の如く?この日もお替りして2杯飲んだのだが、味的には大体想像した通りの味で可も無く不可も無くではあったが・・・。
 
てな事で、またまた行った『かつめし いろはーず』で久々に”ビーフかつめしデミグラスソースの赤いかつめし)”を食べたのだが、味的にはメチャオーソドックスながら普通に美味しいのだが、味の要となるタレの味は本文で書いたように他のお店の方が好きかな・・・。ま、同じ”かつめしの元祖と言われる いろは食堂”系列と言えども『いろは食堂(ビストロ)』のタレとも味が違うしなあ・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。