義史のB型ワールド

2018年11月6日

毎度お馴染みの”天丼・天ぷら本舗さん天”で今シーズンも登場した”真穴子と海老の天丼”を食べてみた!真穴子一本揚げも海老天も中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
此処最近、何と無く”天丼”を食べる機会が増えて来た気がするのだが、その中の一つに2017年3月21日に明幹二子東交差点西近くにオープンした『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』がある。で、初めて行った時はプレオープン期間と言う事でメニューは”海老天丼、天ぷら定食、海老天ぷらうどん”の3種類しか無かったのと、2回目に行った時に私の好きな”鶏天”が入った”鶏親子天丼”を食べた事もあって、これで当分の間食べに行く事も無いかな?と思っていたのだが、その後からは期間限定のメニューが登場するので定期的に食べに行くようになった。で、今回は昨年食べた”真穴子と海老の夏天丼”が”真穴子と海老の天丼”とネーミングを変えて今年も登場したのでそれに釣られて食べに行ってみた。
 
天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店
こちらがまたまた行って来た『天丼・天ぷら本舗 さん天/播磨町店』で、以前にも書いたがこのお店は”しゃぶしゃぶ食べ放題”で有名な『和食さと』でお馴染みのサトレストランシステムズが運営している”天丼が390円”と言う安さがウリのチェーン店だ。で、このお店でも毎度お馴染みの『カツ丼チェーン店のかつや』と同じように、定期的に期間限定のフェア丼が登場するので中々目が離せない
 
天丼・天ぷら本舗さん天真穴子と海老の天丼のメニュー
そしてこちらが今シーズンも登場した”一本揚げ真穴子”のメニューで、ご覧の様に”真穴子と海老の天丼”と”炙り穴子のかき揚げと海老の天丼”、さらにそれぞれの定食版の4種類の商品がある。で、個人的に穴子も大好きなので”真穴子と海老の天丼”と”炙り穴子のかき揚げと海老の天丼”の両方を食べる気でいたのだが、流石に一度に二つを食べる訳にはいかないので先ず今回は”真穴子と海老の天丼”の方を食べてみる事に決定!!!
 
天丼・天ぷら本舗さん天真穴子と海老の天丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”真穴子と海老の天丼”で、お値段は税込価格790円也。パッと見た感じは昨年食べた”真穴子と海老の夏天丼”と同じような雰囲気で中々ボリュームがある。ちなみにトッピングされている天ぷらの種類はと言うと”真穴子一本揚げ海老2尾レンコンカボチャオクラ”の5種類で、昨年食べた”真穴子と海老の夏天丼”の”なす天”が”カボチャ天”に替わり、海苔天が無くなっている・・・。
 
天丼・天ぷら本舗さん天真穴子と海老の天丼天丼・天ぷら本舗さん天真穴子と海老の天丼
そしてこちらが”真穴子と海老の天丼”のメインの天ぷらである”真穴子一本揚げ”と”海老天”で、”真穴子一本揚げ”はこの日の少し前にライバルチェーン店の『天ぷら専門店 揚げ天まる』で食べた”甘だれ大穴子天丼”と比べるとサイズは少し小さく身も薄い気はしたが、身自体はふっくら柔らかで中々ウマい!”海老天”の方は二ヶ月に一回位?の割合で食べている事もあって、特にこれと言った印象も無かったが何時も通りプリッとした身で、こちらも普通に美味しかった!
 
天丼・天ぷら本舗さん天真穴子と海老の天丼
ちなみにこちらは”真穴子と海老の天丼”に入っていた野菜天で、その内容は先にも書いたように”レンコンカボチャオクラ”の3品で、こちらも基本的には毎回のように食べているのでこちらも特に印象に残る事は無かったが、強いて一言付け加えるならば昨年は”なす天”だったので”夏天丼”となっていたのかも知れない・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『天丼・天ぷら本舗 さん天』で今シーズンも登場した”真穴子と海老の天丼”を食べてみたのだが、基本的には昨年食べた”真穴子と海老の夏天丼”と同じ内容で大きなインパクトは無いが”真穴子一本揚げ”も”海老天”も中々美味しかった!それにしても似たような魚なのに少し前に食べた”鱧と海老の天丼”の場合はハモは一口大にカットされていたので、一度で良いから”鱧の一本揚げ”が乗った天丼を食べてみたい気がする・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。