義史のB型ワールド

2018年9月20日

久々に行った”回転寿司 海鮮三崎港”で”本鮪大とろ”とか”肉うどん豚カルビ入り!”を食べてみた!”本鮪大とろ”は言うまでも無く”肉うどん”も中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:38 PM
 
代理人記録
 
少し前まではJR加古川駅近くへ行った時に加古川プラザホテルの1Fにあるレストランを利用する事が多かったのだが、2016年の10月下旬頃に加古川ニッケパークタウンがリニューアルしてからは、そちらに出来たフードテラスやレストラン街へ行く事が増えた。で、この日もちょっとしたイベントがあったので、加古川ニッケパークタウンへやって来たので、先ずは何処かでランチを・・・と思ったら、既に世間は夏休みに入っていて(てか、今日現在は夏休みは終わっているか・・・滝汗…)、しかも時間帯も午後0時半頃のランチタイムど真ん中と言う時間帯と言う事もあってフードテラスやレストラン街は何処も満席状態!これは困った・・・とあちらこちらのお店を見て廻ったら『回転寿司 海鮮三崎港』は待ち客リストに名前を連ねる必要はあるものの、比較的空いている様子だったのでそちらのお店に入ってみる事にした。
 
回転寿司海鮮三崎港/加古川ニッケパークタウン店
こちらが久々に行って来た加古川ニッケパークタウンの1F南側の入口入って直ぐの処にある『回転寿司 海鮮三崎港/加古川ニッケパークタウン店』で、当ブログですっかりお馴染みの回転寿司チェーン店『くら寿司』や『スシロー』等の1皿100円では無く、回転寿司チェーン店が世の中に広まった頃と同じ皿の色に寄って寿司の値段が違う、所謂少しお高い回転寿司チェーン店だ。で、このお店はオープン当初は行列が出来ていた物の、値段が高い事もあってか最近は何時お店の前を通っても比較的空いている様子で、この日も店内を見ると空席は沢山あるのだが、如何せんスタッフの数が少ないようでテーブル席の片付けが全然追い付いて無い様子・・・。てか、パッと見た感じではホールスタッフは二人しか居なく、更にその内の一人は度々キッチンの方へ入って行くので、何と無く一人だけに近い雰囲気。ま、回転寿司チェーン店なのでスタッフの数は少なくても何とかなりそうな気はするが、この時はそれが全然出来て無かったみたい・・・。そんな事もあって、席は空いているのに入口の処で約10分以上待たされる事になったのであった!
 
回転寿司海鮮三崎港本まぐろフェアメニュー回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭りフェアメニュー
話が長くなったが、こちらがこの時に開催されていた”本まぐろ祭”のフェアメニューと”夏の旬祭り”のフェアメニューで、先ずはこの中から私の大好物である”本鮪大とろ”と、他の回転寿司チェーン店へ行った時も偶に食べる馬肉の寿司の”馬肉たたき”を食べよう・・・と思ったら”馬肉たたき”は何故か完売になっていた・・・。人気があるのか逆に不人気なので仕入れて無いのか・・・。あるいは単に馬肉不足だったのかも知れないが・・・。
 
回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭り本鮪「大とろ」
それはさて置き、先ず最初に直通レーンを使って運ばれて来たのが”本まぐろ祭”のメニューから選んだこちらの”本鮪大とろ”で、お値段は2貫1皿で税別価格480円也。値段的には『くら寿司』の”国産本まぐろとろ 極旨一貫”とか『スシロー』の”特ネタ本鮪大とろ”に近いのだが、ご覧のように中々エエ色艶で大きさも割とあって何と無く正月に”スーパーの魚屋さんで買って食べる大トロ”とか、あるいは正に”ちゃんとした寿司店で食べる大トロ”に近い食感と味で、メチャ美味かった
 
回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭りくじらベーコン
続いて運ばれて来たのが”夏の旬祭り”のメニューの中にあったこちらの”くじらベーコン”で、お値段は税別価格250円也。”くじら”と言えば、偶に九州物産展で”鯨カツ”や”鯨の竜田揚げ”を、あるいは以前あった『海賊食堂』で”くじら定食”とか”くじらかつめし”を食べた事があるが、ベーコンを食べたのはずーっと昔におでんの具?で食べたような記憶がある程度でしか無い・・・。そんな事もあってちょっと珍しい気がしたのだが、味的にはメチャあっさり?さっぱり?して少し物足りない感があったかな。
 
回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭りうなぎ
そしてその次に運ばれて来たのが夏の定番とも言えるこちらの”うなぎ”で、お値段は税別価格160円也。これまた偶に他の回転寿司チェーン店でも食べる事があって、値段もそれらに近い価格帯と言う事もあって似たような味わいではあったが、これはこれで中々ウマかった
 
そんなこんなで適当に寿司を3皿程食べたのだが、この他に特に食べてみたい寿司が無い・・・。更に残念な事に私が良く利用する回転寿司チェーン店とは違ってこちらのチェーン店にはラーメンも置いて無い・・・。どうした物かとメニューを見ていたら、うどんのメニューの中に逆に他店では珍しい”豚肉を使った肉うどん”があったので、そちらを食べてみる事に決定!!!
 
回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭り肉うどん豚カルビ入り!回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭り肉うどん豚カルビ入り!
で、間も無くして運ばれて来たのが通常メニューの中にあったこちらの”肉うどん豚カルビ入り!”で、お値段は税別価格380円也。ご覧の通り普段食べる”牛肉を使った肉うどん”とは全く違い、まるでチャーシューみたいな結構デカイ豚カルビ肉がトッピングされていて、さながら『丸亀製麺』で昨年の年始に食べた”ラフテーうどん”に近いような印象だ。それはさて置き、そのお味であるが出汁自体はメチャあっさり・・・と言うのか言い方を変えると私には薄い位で物足りないのだが、その反面?この豚カルビがメチャウマい!やっぱここは一つ、うどんでは無くラーメンをメニューに入れてその上にこの豚カルビをトッピングして欲しかったかな。
 
回転寿司海鮮三崎港夏の旬祭り肉うどん豚カルビ入り!
ちなみに”肉うどん豚カルビ入り!”の麺はこんな感じで、雰囲気的には冷凍麺を使っているっぽいが、市販の冷凍麺が良く出来ているのと同じく割と本格的な讃岐風のコシのあるうどんで、これはこれで美味しかった!
 
てな事で、久々に行った『回転寿司 海鮮三崎港』で”本鮪大とろ”とか”肉うどん豚カルビ入り!”等を食べてみたのだが、”本鮪大とろ”は流石に”本格的な鮨屋さんで食べる大とろ”とまではいかないものの、色艶も良く脂も乗っていてメチャ美味しかった!”肉うどん豚カルビ入り!”の方は想像していた”豚バラ肉が入ったうどん”とは違い、何と無くチャーシューっぽい豚カルビでこれまた中々美味しかった!このお店には『くら寿司』とか『スシロー』のようなヘンテコメニューは全く無いのだが、ある意味寿司を食べるならこちらの方がエエような気もする・・・。ま、後は1皿何円・・・って事を気にするかしないかが大きなポイントではあるが・・・。

WordPress.com Blog.