義史のB型ワールド

2018年9月18日

毎度お馴染みの”松屋”で新しくなった”茎わさび山形だし牛めし”を食べてみた!ネバネバだと思っていたら意外とさっぱり味で中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:28 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな『松屋』から偶に登場する”山形だし牛めし”は何と無くネバネバ系の丼に見えたので、今まで食べた事は無かったのだが、どうやらネバネバはして無いらしいので、試しに食べに行ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た、牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの『松屋/加古川平岡町店』で、最近は偶に『加古川野口町店』の方も利用するようになったのだが、あちらはパチンコ店に併設されている事もあってカウンター席がメインなのに対して、こちらのお店は所謂ロードサイド店でファミリー客を意識してかテーブル席が多い。が、意外と私が行く時はカウンター席が埋まっているが、テーブル席が空いている場合が多いので、毎回ゆったりと食事を楽しむ為にテーブル席を利用する。ちなみにこの界隈で一番先に誕生した『播磨町店』はその前にあったラーメン店を改装したので、他店と比べると群を抜いて店内が広い・・・。
 
松屋茎わさび山形だし牛めしのメニュー
そしてこちらが期間限定で登場した”茎わさび山形だし牛めし”のメニューで、以前登場した”山形だし牛めし”に今回は”茎わさび”が追加されているらしい・・・。で、先にも書いたように写真を見ると何と無くオクラが入ったネバネバした丼のように思えたので、今まで食べたいと思った事が無かったのだが、話に寄ると全然ネバネバして無いと言う事だったので、取り敢えず試しに食べてみる事にしたのであった!
 
松屋茎わさび山形だし牛めし
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”茎わさび山形だし牛めし”並盛で、何時も通り”みそ汁”も付いてお値段は税込価格490円也。そう言えば最近は『松屋』では定食を食べる事が多く”みそ汁”にはちょっと飽きて来た事もあって、丼を食べる時は”みそ汁”を”とん汁”に変更して食べる事が多かったのだが、今回は残念ながらそう言ったセットメニューは無かった・・・。
 
松屋茎わさび山形だし牛めし
そしてこちらが今回初めて食べる”茎わさび山形だし牛めし”で、ご覧のように”松屋定番の牛めし”にたっぷりと”茎わさび山形だし”がかかった丼だ。ちなみに商品案内に寄ると”茎わさび、きゅうり、大根、なす、みょうが、ねぎ、青じそ、昆布などを細かくきざみ、醤油などであえた「茎わさび山形だし」を松屋の定番、「牛めし」にトッピングした、さっぱりといただける逸品”との事。確かにこの様な牛丼はライバルチェーンの『吉野家』とか『すき家』では見た事は無い・・・。
 
松屋茎わさび山形だし牛めし
それはさて置き、こちらが”茎わさび山形だし牛めし”の最大の特徴である”一度に何種類もの野菜を摂ることができる栄養バランスに優れた郷土料理で、毎年多くのお客様からご好評をいただいてる”と言う山形だしで、またまた商品案内に寄ると”今年からはピリッと辛い茎わさびと大根も新たに加わった”らしい・・・。で、ご覧の通りパッと見た感じはオクラが入ったネバネバした具かと思いきや、ドロッとはしているがどちらかと言うと出汁の味が効いたさっぱり味で、何と無くウマい。強いて気になる点を書くと”山形だし”が冷たく、折角の温か御飯が台無し?になった点ぐらいかな。
 
松屋茎わさび山形だし牛めし
ちなみにこちらは”茎わさび山形だし牛めし”のもう一つの具である牛肉で、当然の如く”松屋定番の牛めし”に入っている物と全く同じ物で、これまた量も”牛めし”と同じ分量入っているらしい。で、以前書いたように6~7年位前に”松屋史上最高のタレができました”と宣伝されていた頃に食べたら何と無く美味しくなった気がしたのだが、最近はまた味が変わったのかその時のような美味しさを感じ無い・・・。もしかするとこの日の前後に私の大好きな”吉野家の牛丼”を食べた事が影響していたのかも知れないが・・・。
 
松屋茎わさび山形だし牛めし
最後に・・・、こちらは”茎わさび山形だし牛めし”に付いていた”みそ汁”で、何時もの如く『松屋』定番の”天然だしを利かせた無添加だしの、あと味豊かなみそ汁”で、最近は月に一回以上?飲んでいる事もあって可も無く不可も無くであった・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』から偶に販売されていた”山形だし牛めし”が”茎わさび”入りの”茎わさび山形だし牛めし”となって新登場したので試しに食べてみたのだが、食べず嫌いの要因になっていたネバネバ感は一切無く、普通に美味しいちょっと変わった丼だったかな。それはさて置き、この日の後も毎週の如く『松屋』を利用していて、そのネタが思いっ切り溜まって来たのだが、それらの話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.