義史のB型ワールド

2018年9月10日

久々に行った毎度お馴染みの”マネキダイニング”で夏季限定商品の”冷やし豚おろしえきそば”を食べてみた!豚肉や中華麺が冷たい和風出汁に絡んで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず週に一回はJR加古川駅前周辺へ行く事があるのだが、その度にJR加古川駅の高架下にある”姫路駅名物えきそば”で有名な『Maneki Dining/加古川店』の前を通る事が多い・・・。で、この日もお店の前を通った時にチラッとメニューを見ると何やら夏季限定の”冷やしえきそば”が2種類程販売されている。個人的にはスープ大好きなので冷やし系のスープが少ないタイプは余り好みでは無いのだが、相変わらず糞暑い日が続いていたので試しに食べに入ってみる事に・・・。
 
マネキダイニング/加古川店
こちらが久々に行って来たJR加古川駅の高架下にある『マネキダイニング Maneki Dining/加古川店』で、以前から時々書いている様に2005年頃にJR加古川駅が大きく改装された際、それまでも駅構内にあった”姫路駅名物えきそば”のお店が『麺処 木八/加古川店』としてリニューアルオープンしたのだが、これまた当ブログで何度か紹介して来た様にJR姫路駅の一角にあった『麺処 木八/姫路店』は数年前に閉店したので、その『麺処 木八/加古川店』だけが残っているのは変だし、早く『マネキダイニング/加古川店』にしてしまえばエエのに・・・と思っていたら2016年の春頃に漸く『まねき食品』が決断を下し一旦閉店、2016年の秋頃にリニューアルオープンしたのだった。
 
マネキダイニング冷やし豚おろしえきそばのメニュー
そしてこちらが6月の上旬頃に登場した”冷やし豚おろしえきそば”と”冷やし夏野菜えきそば”のメニューで、他にも”ごぼう磯部揚げえきそば”ってのがあったのだが、当然の如く糞暑い最中だったので、”冷やしえきそば”のどちらかを食べようと思案した結果、やっぱ夏野菜よりも豚の方がエエなあ・・・と思い”冷やし豚おろしえきそば”の方を食べてみる事に決定!!!
 
マネキダイニング冷やし豚おろしえきそば
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”冷やし豚おろしえきそば”で、お値段は税込価格480円也。数年前の”黒田官兵衛西国紀行”第3弾で登場した”桃太郎とまとの冷やしえきそば”は出汁がたっぷり入っていたが、今回は数年前に食べた”ネバーえきそば ~夏をあきらめないで~”と同じく出汁は少な目で底の方にあるだけの”冷やしえきそば”に豚肉ともみじおろしとなめこと刻み葱がトッピングされている。で、早速この”冷やし豚おろしえきそば”を食べてみると、この冷たくて和風テイストたっぷりな出汁が中々ウマい
 
マネキダイニング冷やし豚おろしえきそば
そしてこちらが”冷やし豚おろしえきそば”にトッピングされていた豚肉もみじおろしで、流石に豚肉の質は微妙だが、一応味付けがしてあって、これを冷たい出汁に浸けて食べたり、あるいはもみじおろしと絡めて食べるとこれまたウマい!春頃に食べた温かい出汁の”キャベツと豚肉のえきそば”とか数年前に食べた”舞たけとエノキ茸の肉えきそば”の豚肉とは違った味わいで、これはこれで中々良かったかな。
 
マネキダイニング冷やし豚おろしえきそば
ちなみに”冷やし豚おろしえきそば”の麺は当然の如く”えきそばの最大の特徴である中華麺”で、雰囲気的には”普通の温かいえきそば”で使われている麺と同じような味と食感で何時も通り中々美味しかった
 
てな事で、久々に行った『Maneki Dining/加古川店』で今回は夏季限定商品の”冷やし豚おろしえきそば”を食べてみたのだが、トッピングの豚肉が何と無く豚しゃぶテイストな味わいがあって、それが冷たい和風出汁にマッチして全体的に中々美味しかった!そして今年も定番の”天ぷらえきそば”がデリバリーで食べれる祭り日が間も無くやって来る・・・。今はただその日が待ち遠しい・・・

WordPress.com Blog.