義史のB型ワールド

2018年9月2日

毎度お馴染みの”くら寿司”で”糖質オフシリーズ第3弾商品”の”糖質オフ牛丼”を食べてみた!シャリ野菜定番の大根の酢漬けと牛肉がマッチして中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎月の如く各回転寿司チェーンをローテーションしつつ食べ廻っていて、今年になってからも既に何度も『くら寿司』や『スシロー』に食べに行っているのだが、今日紹介するのは7月の上旬頃に『くら寿司へ行った時のお話・・・。とは言え、今回もタイミング的にもネタ的にも遅すぎる感があるので、またまた手抜きで御紹介
 
無添 くら寿司/アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た『無添 くら寿司/アイモール高砂店』で、この日はちょっとした用事があって早目にこの場所に来ていたので、午前11時過ぎの開店直後の時間帯と言う事もあって、当然の如く未だ店内は閑散としてはいたが、それでも続々とお客さんが入って来て奥のテーブル席は直ぐにでも満席になりそうなぐらいの勢いだった。ちなみにこの日は新登場した”ご飯の代わりに大根の酢漬けを使用した「糖質オフ丼」(うな丼・牛丼・天丼)”を食べに来たのだが、流石にそれだけでは食べ足り無い気がしたので、先ずは適当に寿司を注文!
 
くら寿司本ずわいがに(一貫)
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”本ずわいがに(一貫)”で、お値段は税別価格100円也。時期的にはちょっとずれてはいるのだが、個人的に蟹も大好きな事もあって中々美味しかった
 
くら寿司大粒ほたて天寿司(一貫)
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”大粒ほたて天寿司(一貫)”で、お値段はこちらも税別価格100円也。で、”ほたての握り寿司”は偶に食べる事があるが”ほたての天ぷら”が乗った寿司は珍しい気がしたので思わず注文したのだが、割と揚げたてに近い温かさもあって中々美味しかった
 
くら寿司糖質オフ牛丼
それはさて置き満を持していよいよ運ばれて来たのが、最初に書いたようにこの日の訪問目的であるこちらの”糖質オフ牛丼”で、お値段は税別価格370円也。で、その内容はと言うと先に書いたように”ご飯の代わりに大根の酢漬けを使用”した”牛丼”で、これ以外にも”糖質オフ天丼”と”糖質オフうな丼”がある。ちなみに商品案内に寄ると”糖質オフ丼の大根の酢漬けと上の具材の相性は抜群”との事。で、先ずはトッピングの牛肉から食べてみると、基本的には以前食べた”くら寿司の牛丼”とか”くら出汁牛丼”に入っていた物と同じだが、定番の甘辛い味付けで中々ウマい
 
くら寿司糖質オフ牛丼
そしてこちらが”糖質オフ牛丼”の最大の特徴であるご飯の代わりの”大根の酢漬け”で、こちらも以前食べたシャリ野菜シリーズで使われている”大根の酢漬け”と全く同じなのだが、酢漬けの酸味と牛肉の甘辛さが妙にマッチしてこれが中々ウマい!”天丼”や”うな丼”にこの”大根の酢漬け”が合うかどうかは判らないが、牛肉との相性は確かに良かったと思う・・・。
 
くら寿司きつねうどん
そんなこんなで取り敢えず”糖質オフ牛丼”を食べて気分的には満足したのだが、お腹的には未だ食べ足り無い・・・。そこで最後にラーメンかうどんを食べようと思ってメニューを見て注文したのがこちらの”きつねうどんで、お値段は税別価格280円也。回転寿司屋さんでうどん?と思うかも知れないが、『くら寿司』の自慢のだしは”四大添加物無添加。産地にこだわったカツオ節・昆布などの素材をたっぷり使用し、毎日お店でていねいに作ったもの”で、これが中々ウマいのだ。で、トッピングのあげは多分”いなり寿司”で使っている物と同じかな?と言う気はするが、こちらも割と大き目サイズで中々美味しかった
 
てな事で、毎度お馴染みの『くら寿司』から”糖質オフシリーズ第3弾商品”で登場した”糖質オフ牛丼”を食べてみたのだが、確かに”大根の酢漬け”と”牛肉”が意外とマッチしていて美味しかったし、更にヘルシーさもあったような。そんな事もあって”糖質オフ天丼”とか”糖質オフうな丼”も食べてみたい気もしたが、今のところチャレンジはして無い。それはさて置き、この日の数日後にTV番組”有吉弘行のダレトク!?”の”没メニューレストラン”の企画で、この日の最後に食べた”きつねうどん”をアレンジしたかのような”きつねうどん風にぎり”ってのが登場したので、それに釣られてまたまた食べに行ってしまったのだが、その話は数日後に・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.