義史のB型ワールド

2018年8月13日

毎度お馴染みの姫路山陽百貨店の”うまいもの大会”で岩手名物の”盛岡冷麺”と”ネギ玉ライス”を食べてみた!冷たいスープにコクがあってメチャウマい!

Filed under: ラーメン,麺類と粉もん — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
そもそも私が大のラーメン好きになったのは、幼い頃に父に連れられて良く行っていた姫路山陽百貨店で開催されていた”北海道物産展”の会場で食べた事がきっかけだ。そんな事もあって、今現在でも毎年定期的に開催されている”北海道物産展”へ行ってラーメンを食べるのが楽しみの一つにもなっている。が、それとは別に姫路山陽百貨店では”日本列島絶品うまいもの大会”とか全国各地の物産展も開催されていて、偶に今まで食べた事の無いラーメン屋さんが登場するのでそれに釣られて食べに行っているのだが、6月の中旬頃に開催された”日本列島絶品うまいもの大会”では珍しく岩手名物”盛岡冷麺”特設茶屋が開設されていたので食べに行ってみた。
 
岩手やまなか家盛岡冷麺特設茶屋
こちらが姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”の会場の一角にあった岩手『やまなか家』の特設茶屋で、会場に行ったのが午前11時30分頃とランチタイムには少し早目の時間帯だったのだが、今回登場の”盛岡冷麺”がちょっと珍しい?と言う事もあって既に茶屋内は結構な数のお客さんで賑わっていた・・・。
 
岩手やまなか家盛岡冷麺特設茶屋のメニュー
そしてこちらが『やまなか家』の特設茶屋のメニューで、定番の”盛岡冷麺”の他にこれまたちょっと珍しい”盛岡温めん”なんてのあったり、あるいはセットメニューには”ネギ玉ライス”が付いた物も用意されている。で、最初は”盛岡冷麺”単品で良いと思いつつも、例に寄って山陽電車と山陽百貨店がコラボしたお得な切符のセットの商品券に余裕があったので、ちょっと高いなあ・・・と思いつつも”盛岡冷麺 ネギ玉ライスセット”を食べてみる事に決定!!!
 
岩手やまなか家のポスター岩手やまなか家のポスター
ちなみに特設茶屋内の壁のあちこちにこの様なポスターが沢山貼ってあって如何にも本場の”盛岡冷麺”を食べに来たような気持ちになってちょっと楽しげだ。てか、右側の”盛岡温めん”のポスターを見た時は”盛岡冷麺”では無く”盛岡温めん”の方を食べたら良かったかな?と思った程だ。
 
岩手やまなか家盛岡冷麺 ネギ玉ライスセット岩手やまなか家盛岡冷麺 ネギ玉ライスセット
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”盛岡冷麺 ネギ玉ライスセット”で、その名の如く”盛岡冷麺”と”ネギ玉ライス”がセットになってお値段は税込価格1200円也。ちなみに”盛岡冷麺”の単品価格は900円なので、セットの”ネギ玉ライス”は300円と言う計算・・・。偶に他のラーメン屋さんに行って食べる”チャーシュー丼”や”スタミナ丼”等は肉系の具が入っているので300円ぐらいするのは理解出来るが、生玉子とネギのみで300円はちょっと高いような気がしないでは無い・・・。
 
岩手やまなか家盛岡冷麺
そしてこちらがメインの”盛岡冷麺”で、私が食べた”盛岡冷麺”と言えば『丸源ラーメン』で夏季限定メニューとして販売されていた”盛岡冷麺”ぐらいしか無く、そちらは最初からキムチもトッピングされていたのだが、このお店の場合はキムチは別小鉢で用意されていて好みで入れるようなスタイルだ。そう言えば『絆麺屋 小野絶好調らーめん』で食べた”盛岡冷しラーメン”もキムチは別添えだったので、意外と本場盛岡ではキムチが別添えになっている場合が多いのかも知れない・・・。それはさて置き、先ずはスープを一口飲んでみるとあっさりテイストの中にコクと旨みがあって中々ウマい!ちなみに商品案内に寄ると”じっくり煮込んだコクのある旨みたっぷり至極のスープ”との事。夏場になると偶に”冷やしラーメン”を食べる事があるが、今まで食べた冷たいスープの中では一番美味しかったような・・・。
 
岩手やまなか家盛岡冷麺岩手やまなか家盛岡冷麺
そしてその後”盛岡冷麺”に添付のキムチをトッピングして食べてみると、当然の如くスープに辛さが加わってこれまたウマい!ちなみにこのキムチは”冷麺用に開発したキムチ”で”さっぱりとした 爽やかな辛味が特徴。手作りです”との事。それ以外のトッピングはと言うと”じっくり煮込んで 味付けされたお肉が、さっぱりした冷麺に アクセントをつけます”と言う”牛チャーシュー”に、”スープに合わせて甘めに味付けしたきゅうり。ちょっとした箸休めにぴったりの名脇役!”と言う”酢漬けきゅうり”、”彩りも鮮やかなゆで玉。キムチで辛くなったスープに黄身を溶いて、まろやかになったスープを最後までどうぞ!”と言う”ゆで玉子”、そして”盛岡冷麺”定番のスイカ等、どれもメチャ美味しかった!
 
岩手やまなか家盛岡冷麺
ちなみに”盛岡冷麺”の麺はこんな感じで、”韓国冷麺”程の固さ?では無いが中々しっかりとしたコシのある麺だ。ちなみに商品案内に寄ると”最高級の馬鈴薯(北海道産)を使用。シコシコとしてコシが強く、つるんとした喉ごしの風味豊かな麺”との事。この手の麺が好きかどうかは意見が分かれそうな気はするが、普段食べる中華麺とは違う味わいがあって、これはこれで楽しかった!
 
岩手やまなか家ネギ玉ライス岩手やまなか家ネギ玉ライス
そしてこちらは”盛岡冷麺”とセットで食べた”ネギ玉ライス”で、ご覧の様に白いご飯の上に”青ネギ、玉ねぎ、万能ねぎ、卵黄、刻み海苔”がトッピングされたシンプルな丼で、特にタレはかかって無いようだったが玉ねぎの甘辛さがあって中々ウマい!ちなみに商品案内に寄ると”とろ~りたまごとシャキシャキねぎの革命児!”との事。で、少し味が単調になって来たので”ネギ玉ライス”に”盛岡冷麺”のスープを少し加えて食べるとこれまたウマかった!
 
てな事で、またまた姫路山陽百貨店で開催されていた”日本列島絶品うまいもの大会”の会場で、多分初登場?の岩手『やまなか家』の”盛岡冷麺”を食べてみたのだが、流石に本場?本物?の”盛岡冷麺”と言う事もあってかコクと旨みのある冷たいスープがメチャ美味しかった!またセットで食べた”ネギ玉ライス”も大きなインパクトは無いが、こちらも今まで食べた事の無い食感や味わいがあってこれまたウマかった!それはさて置き、この日食べた”盛岡冷麺”が美味しかったので何と無く『丸源ラーメン』で夏場に登場する”盛岡冷麺”も食べたくなって来たので久々に食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.