義史のB型ワールド

2018年8月11日

毎度お馴染みの”なか卯”で以前食べた”リブロースステーキ重”が”リブロースステーキ丼”となって新登場したので食べてみた!内容は同じだが何故かメチャ高い!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている。そんな『なか卯』から以前食べた”プレミアム重シリーズの第3弾”の”熟成リブロースステーキ重”が今度は丼になって”リブロースステーキ丼”として登場したのでまたまた食べに行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、流石に改めて書く内容も無いので以前の紹介文からコピペすると、個人的には『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンみたいな”安い・美味い・早い”と言う看板を掲げたオレンジ色の店舗だった頃(ただし、この『加古川店』は誕生した時から新型店舗だったのでオレンジ色だった時は無い)から食べに行っている愛着のある牛丼チェーン店なのだが、『すき家』率いるゼンショーの傘下になって以来、何か存在感も薄れてしまった様な気がする・・・。そんな事もあってか最近は高級路線?の商品が登場する事が増えたような・・・。
 
なか卯リブロースステーキ丼のメニュー
そしてこちらが『なか卯』から新登場した”リブロースステーキ丼”のメニューで、先にも書いたように誰がどう見ても以前”プレミアム重シリーズの第3弾”で登場した”熟成リブロースステーキ重”を重箱では無く丼鉢に入れ替えただけ?に見えるのだが、今回は”コラボフィギュア”が付いているからなのか、お値段が何と1280円との事・・・。本来であれば流石の私も『なか卯』でこんなに高い商品を食べたいとは思わないし、そもそも内容が”熟成リブロースステーキ重”と全く同じ気がするので食べるかどうかメチャ悩んだのだが、最初に書いた様に『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から利用している愛着のある牛丼チェーン店(今は違うか・・・)なので、今回も応援の意味も兼ねて食べてみる事に決定!!!
 
なか卯リブロースステーキ丼と小うどんはいから
で、間も無く手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”リブロースステーキ丼”(並)と、以前に夜定食で”生姜焼き定食”を食べた時に貰った無料券を使ってセットで注文した”小うどんはいから”で、お値段は”リブロースステーキ丼”代のみとなり税込価格1280円也。ちなみに以前食べた”熟成リブロースステーキ重”は税込価格990円だったので、おまけに付いている”コラボフィギュア”が290円と言う計算・・・。そもそも”熟成リブロースステーキ重”には別途”みそ汁”(その時は”とん汁”に変更したが・・・)と”つけもの”も付いていたのに今回はそれも無いから、”コラボフィギュア”だけで500円ぐらいはボッタくられているのかも・・・。
 
なか卯リブロースステーキ丼
そしてこちらがメインの”リブロースステーキ丼”で、最初に書いた様に誰がどう見ても”熟成リブロースステーキ重”を丼鉢に変えただけの内容だ。商品案内に寄ると”ご飯の上にきざみ海苔とスライスした玉ねぎを敷き、カットしたリブロースステーキをのせて仕上げられたボリューム満点の一杯。ステーキはリブロースを熟成させることで、やわらかな肉質とジューシーで甘みのある脂、肉そのもののうまみを楽しめる仕立てに。ほどよくスパイスの風味がきいた醤油ベースの特製タレと、肉専用に本わさびの茎を刻んでブレンドした“肉洋きざみわさび”でさっぱりと味わえる”との事。で、実際に食べた印象も”熟成リブロースステーキ重”と全く同じだ!
 
なか卯リブロースステーキ丼
ちなみに”リブロースステーキ丼”にトッピングされていた肉の厚みを見るとこんな感じで、基本的には以前食べた”熟成リブロースステーキ重”と同じようではあるが、偶々なのか何と無く肉の火の通り加減が入り過ぎて少し固いような印象・・・。ま、今回はそれ以前にボッタくり感が頭の中に沸いていたので、その分味の評価がマイナスに働いたかも知れない・・・。
 
なか卯小うどんはいから
そしてこちらは以前”生姜焼き定食”を食べた時に貰った”小うどんはいから(1杯)無料券”を使って食べた”小うどんはいから”で、偶に書いている様に、未だ『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンの様なオレンジ色の店舗だった頃に”牛丼”のセットと一緒に良く食べていた”天かすうどん”そのまんまで、一応”京風うどん”らしいのだが何時もの如く、関西人にはお馴染みのヤワヤワな麺で普通にウマい!讃岐うどん好きな方が食べると、何んじゃこりゃ?と思われそうだが、個人的には若かりし頃からの愛着のある出汁で結構好きかも・・・。
 
なか卯リブロースステーキ丼
最後に・・・、こちらが”リブロースステーキ丼”に付いていた”「進撃の巨人」とコラボしたオリジナルフィギュア”で、一応は持って帰っては来たものの、”進撃の巨人”にも”オリジナルフィギュア”にも全く関心も興味も無いので、今どこにあるのかすらも判らない・・・。もしもこれがメルカリ等で売れるなら探しだして叩き売りたいんだけど・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『なか卯』から”プレミアム重シリーズの第3弾”として登場した”熟成リブロースステーキ重”の丼バージョンみたいな”リブロースステーキ丼”ってのが新登場したので、またまた食べに行ってみたのだが、本文で書いたように内容的には全然変わら無い上に”みそ汁”も”つけもの”付いて無く、逆に私にはゴミでしか無い”コラボフィギュア”が付いて値段が1280円とメチャぼったくりな商品だった。毎回書いている様に、個人的に昔から一番愛着のある牛丼チェーン店なので応援の意味も兼ねて毎回色んな新商品を食べているが、流石に今回は何か酷い内容だったと言う印象しか残って無い・・・。てか、次回このような”コラボフィギュア”が付いた商品が登場したとしても食べない事にしよう!!!

WordPress.com Blog.