義史のB型ワールド

2018年7月31日

一部で超話題だった”麺屋 銀鉢”の店舗跡地に誕生した”濃厚とんこつラーメンホッポ屋”で標準の”とんこつラーメン”を食べてみた!ちょっと醤油辛いが中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
5月の中旬頃に明姫幹線を車で走っていたら昨年一部で超話題になった安田東交差点近くに有った『麺屋 銀鉢 -GINBACHI-』の店舗跡地が改装されて『ホッポ屋』と看板が揚がった。『ホッポ屋』と言えば三木に本店があり、更には神戸西区、あるいは今年の春頃には姫路野里の方にも支店が出来たラーメンチェーン店で、確か元々は『希望軒』のFC店で、『希望軒』本体が民事再生法の適用を申請して倒産した後に独立したお店のはず・・・(この界隈では『麺屋いちなり』とか閉店した『来龍軒』等があった)。で、5月下旬頃には店自体は完全に出来上がっていたのだが、中々オープンせず、何時から営業するのだろうと思っていたら6月14日に漸くお店がオープンしたので食べに行ってみた。
 
濃厚とんこつらーめんホッポ屋/加古川店
こちらが今回行って来た明姫幹線安田東交差点近くの『麺屋 銀鉢』店舗跡地に新しく誕生した『濃厚とんこつラーメン ホッポ屋/加古川店』(看板は何故か”濃厚らーめん”と平仮名だが・・・)で、先にも書いた様に5月の下旬頃に店の看板が掲げられ更には店横には大きなメニューも張り出されたので、既に営業が始まっていると勘違い?したお客さんが店に入ろうとして断られる場面を何度か観た・・・。で、私も一度何時オープンするのだろうと思い、店前まで観に行ったら何と無く意味ありげ?に”従業員研修中!”の張り紙があった・・・。これって以前あった『麺屋 銀鉢』のイメージを払拭する為の作戦?とかなのかな・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋の特徴
ちなみにこちらは店内に置いてあった『ホッポ屋』のラーメンの紹介で、一番下に他の支店の住所や電話番号等が記載されている。で、先にも書いた様に以前偶に『山陽自動車道三木SA』やら『らー麺 藤平/三木店』やら『カウボーイカレー』等へ食べに行っていた頃に『三木本店』にも行って、店の写真だけを撮って来た事もある(でもその時は他店で食事をした後だったので食べに入らなかった)。あるいは『平野店』も『天然とんこつラーメン専門店 一蘭』へ行く途中で店の前だけは通った事はあるが、それ切りだ。そう言えば記憶違いかも知れないが神戸西区(雰囲気的には西明石)にあった『瑞穂庵』の北隣の『鶏専門らー麺しぇからしか かしわ亭』が閉店した後の一時期『ホッポ屋』になっていた時があった気がするのだが・・・、明石の事は余り詳しくは無い・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋のメニュー
そしてこちらがお店の横に掲げられていたメニューボードで、ご覧の通りお店の看板である”とんこつラーメン”だけでも4種類程ある。更には『希望軒』の名残なのか”辛味噌ラーメン”等の味噌系もあって、その他にも”塩ラーメン”や”醤油ラーメン”等もある(ま、あっさり系はとんこつが苦手な客の為に用意されいるだけな気もするが・・・)。で、個人的には一番先頭に載っている”濃厚とんこつコテ麺”が食べたいと思ったのだが、今回が初訪問なので素直に看板の冠にもなっている”とんこつラーメン”を食べる事にし、更にこれまた『希望軒』の名残を感じさせる3種類のサイズのチャーハンの中から小サイズのチャーハンが付いたAセットを食べる事に決定!!!
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン定食Aセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”とんこつラーメン並”と定食Aセットの”チャーハン小”で、それぞれのお値段は税抜価格650円と150円なので、合計した金額は税込価格864円也。他のラーメン屋さんの半チャンセットも似たような金額なので、大体こんな物かな?とは思うが、出来る事であれば『らーめん八角』とか『博多豚骨ラーメン まるせん』のようなお得なランチメニューがあれば・・・とも思う・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン
それはさて置き、こちらがメインの”とんこつラーメン”で、パッと見た感じは最近もあちらこちらのお店で食べている”博多とんこつラーメン”とも違うし、記憶は薄れているが民事再生法適用前の『希望軒』のラーメンとも違う、何と無く豚骨醤油系のスープのラーメンだ。ちなみに商品案内に寄ると”濃厚さと食べやすさを両立した中濃スープ”との事。で、そのお味であるが確かに飲みやすいスープで中々美味しいのだが、個人的には少し醤油ダレが濃いかな?と言う印象・・・。
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン
そしてこちらは”とんこつラーメン”にトッピングされていた”豚バラチャーシュー”で、大きさは割と平均的なサイズではあるが、メチャトロトロした食感と、しっかり浸みたタレの味わいがあってこちらも中々ウマいチャーシューだ!
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋とんこつラーメン
ちなみに”とんこつラーメン”の麺はこんな感じの細麺で、ラーメンを注文した時点ではどんな太さなのか定かでは無かったのだが、何と無く細麺な気がしたので麺の茹で加減は固めを指定!個人的に太麺の方が好きと言う事もあって、特にこれと言った印象は残らなかった普通に美味しい麺であった!
 
濃厚とんこつラーメンホッポ屋定食Aセットのチャーハン小
そしてこちらは”とんこつラーメン”とセットで頼んだ定食Aセットの”チャーハン小”で、最初に書いたようにサイズが大・中・小の3種類の中から選べるのが何と無く一昔前(今でもそうなのかも?)の『希望軒』を彷彿とさせる・・・。それはさて置き、当然の如く注文してから炒めた出来たばかりの熱々で、若干味付けは濃い目だがネギがちょっとしたアクセントになっていてメチャ美味い!やっぱ焼き飯はその名の如く作り立てが一番だ!
 
てな事で、昨年一部で超話題になった安田東交差点近くに有った『麺屋 銀鉢』の店舗跡地に出来た『ホッポ屋』へ行って先ずは”とんこつラーメン”を食べてみたのだが、所謂”博多豚骨ラーメン”とは違う何と無く醤油豚骨系のスープで若干醤油辛い印象だったが、これはこれで中々美味しかった!とは言え、個人的にはこってり好きな事もあってこの数日後に”濃厚とんこつコテ麺”を食べに行ったらそちらの方が私の好みにあっていたのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。