義史のB型ワールド

2018年7月22日

毎度お馴染みの”はま寿司”が”生本ずわいと初夏の特上撰フェア”をやっていたので序に”長崎焼ちゃんぽん”とか”博多とんこつラーメン”を食べてみた!”長崎焼ちゃんぽん”が余りにもショボイ・・・。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎月の如く各回転寿司チェーンをローテーションしつつ食べ廻っていて、今年になってからも既に何度も『くら寿司』や『スシロー』に食べに行っているのだが、今日紹介するのは5月の中旬頃に『はま寿司へ行った時のお話・・・。とは言え、流石にネタ的にタイミングを逸しているような気もするので、今回も?簡単にご紹介! 
 
はま寿司/加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『すき家』の親会社で有名なゼンショーグループ系列の『回転寿司チェーン はま寿司/加古川平岡店』で、この日も正午前の少し早目の時間帯の訪問だったのだが、既に奥のテーブル席は言うに及ばず手前のカウンター席も飛び飛びで埋まっている程で、更に食事を終えて帰る頃には入口付近で空席待ちの客で溢れる位・・・。回転寿司チェーンとしては、どちらかと言うと新しい方なのだが、この勢いで行くとトップ3に入る日は近い(あるいはもう3位ぐらいか?)。
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰フェアメニュー
そしてこちらがこの時に『はま寿司』で開催されていた”生本ずわいと初夏の特上撰フェア”のメニューで、今回の目玉商品は”厳選まぐろ中とろ”と”生本ずわいがに”との事。私の大好きな”大とろ”では無いのが寂しいが、取り敢えずこの2貫と、”2016年の販売からお客様に大変ご好評いただき、昨年は約2カ月で120万杯以上の販売を記録したはま寿司の人気商品”と言う”博多とんこつラーメン”等を併せて食べてみる事に決定!!!
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰厳選まぐろ中とろ
で、先ず最初に廻って来たのがこちらの”厳選まぐろ中とろ”で、お値段は税抜価格150円也。流石に1皿1貫150円と言う事もあってか、結構大き目のネタが乗った中とろの握りで、私の大好きな”大とろ程の脂感は無いが中々ウマかった
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰生本ずわいがに
そしてその次に廻って来たのがこちらの”生本ずわいがに”で、こちらもお値段は税抜価格150円也。こちらも1皿1貫150円なのだが、相場で言うと他の回転寿司チェーン店でも大体似たような値段で提供されている。ちなみに以前に『明石魚住店』で”生本ずわいがに”を食べた時は100円だったのだが、大きさもその時と余り違いが無いような・・・。何れにしてもこちらも中々美味しい生本ずわいがに”であった!
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰炙りとろ穴子
そしてこちらも”生本ずわいと初夏の特上撰フェア”のメニューの中にあった”炙りとろ穴子”で、お値段は通常税抜価格100円なのだが、この日は平日割で90円也。ご覧の通り”焼穴子”では無く確かに蒸して?炙っただけの穴子で、これにテーブル上に置いてあった甘ダレをかけて食べると普通にウマい!好みで言うと一般的な”焼穴子”の方が好きだが、偶に食べる分には楽しいかも。
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰長崎焼ちゃんぽん
そんなこんなで先ずは寿司を3貫程食べた後、これまた”生本ずわいと初夏の特上撰フェア”と同時開催の”全国うまいもん祭 第一弾 九州”のメニューの中から、ちょっと楽しそうなネーミングに釣られて注文したのがこちらの”長崎焼ちゃんぽん”で、お値段は税抜価格280円也。が、何かメニューの写真と比べて雰囲気が全然違う・・・。てか、具が全く入って無いのでは?と言う気がしたので、思わず店員さんを呼んで”これ、メニューの写真と余りにも違うねんけど?”と言うと、一旦引き上げて行った・・・。
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰長崎焼ちゃんぽん
で、暫くして戻って来た店員さん曰く”具がしっかりと混ざって無かった”らしく・・・あらためて綺麗に混ぜて来たのがこちらの”長崎焼ちゃんぽん”なのだが・・・、それでも何かメニューの写真と違う・・・と言うのか具の内容とかボリュームが余りにも違い過ぎる・・・。ま、何れにしても以前食べた”東村山黒やきそば”と同様にレンジでチンしたような味で、ある意味どうでも良くなって来たけど・・・。
 
はま寿司生本ずわいと初夏の特上撰博多とんこつラーメン
そしていよいよ満を持して注文したのがこちらの”博多とんこつラーメン”で、お値段は税抜価格380円也。何か以前食べた時と比べると値段が上がっていると言う気がしたので、後でチェックすると今年は”味玉”がトッピングされている様だ(反対にキクラゲは無くなったみたいだが・・・)。ちなみに商品案内に寄ると”今年もスープにこだわり、旨みとコクが味わえるよう濃厚ながらも食べやすいスープに仕上げました。丁寧に下ごしらえをした豚骨を丹念にじっくりと煮出し、旨味を最大限に引き出しています。トッピングは、柔らかなチャーシュー、味玉、ねぎとシンプルにすることで、こだわりのスープを存分に味わっていただけます”との事。で、少し前に『スシロー』で食べた”濃厚とんこつラーメン”と同じく、確かに良くある”とんこつラーメン”と思えば普通に美味しいのだが、最近はこの界隈にある”博多豚骨ラーメン”の専門店で食べている事もあって、それ以上の感動は無かったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『はま寿司』が”生本ずわいと初夏の特上撰フェア”をやっていたので”厳選まぐろ中とろ”とか”生本ずわいがに”と、それに”長崎焼ちゃんぽん”とか”博多とんこつラーメン”を食べたのだが、”長崎焼ちゃんぽん”以外は中々美味しかったがそれ以上のインパクトも無かった気もする・・・。それにしても今回食べた”博多とんこつラーメン”は毎年登場する人気商品らしいのだが、私が一番熱望している”かにラーメン”は此処数年登場しないって事は、人気が無かった?って事なんかな?ま、実際食べ難かった事は確かだが、見た目だけは結構豪華だったのでぜひまた食べてみたいと思っている・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.