義史のB型ワールド

2018年7月12日

毎度お馴染みの”吉野家”で以前食べた”鶏すき丼”の夏バージョンとも言える”ねぎ塩とり丼”を食べてみた!塩ダレのあっさり風味で濃い味好きの私には物足りない・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
毎月JAFから送られて来る会報誌同封されているチラシに割引券が付いているのと、以前入れたスマホのアプリ”TAMECCO”に釣られて、最近は月に1回以上は食べに行っている牛丼チェーンの『吉野家』であるが、ライバルチェーン店の『すき家』や『松屋』に対して通常でもメニューの数が少ない上に期間限定のフェアメニューが登場する割合も低い。そんな『吉野家』が、今年のエイプリルフールの日に”牛丼”の販売を止めて代わりに”鶏丼”を販売すると言うニュースを発表したのだが、実はそれは嘘では無く?後日実際に”鶏もうまいぞ。吉野家!”と言うキャッチコピーが付いた”鶏すき丼”が新登場したので、それに釣られて食べに行ったのだが、今度はそれを夏バージョンにアレンジしたかのような”ねぎ塩とり丼”ってのが登場したのでまたまた食べに行ってみた。
 
吉野家/加古川駅北口店
こちらがまたまた行って来たJR加古川駅の北口を出た真正面辺りにある『吉野家/加古川駅北口店』で、2008年の春にこのお店が誕生してから既に10年位経つが、開店した当初は比較的空いていた様な気がするが、最近は時間帯に寄っては満席で直ぐに席に着く事が出来ないぐらいに流行っている。が、この日も割と何時も食べに来る時間と同じだったのだが、何故か比較的空いていたような・・・。何と無く思ったのだが、平日と比べると土日は意外と空いているのかも・・・。
 
吉野家ねぎ塩とり丼フェアメニュー
ちなみにこちらが今回食べた”ねぎ塩フェア”のメニューで、この中にある”ねぎ塩豚丼”は”2012年夏に販売して以来、さっぱりとした「塩ダレ」の味つけが、ご好評をいただいてきた、吉野家夏の定番商品”になっているらしく、私も既に何度も食べているので今回は新登場の”ねぎ塩とり丼”を食べてみる事に決定!!!
 
吉野家ねぎ塩とり丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ねぎ塩とり丼”で、お値段は通常税込価格490円の処、今回もJAFの割引券利用で50円引きとなって440円也。ご覧の通りライスの上に焼いた鶏肉とネギが乗っただけのメチャシンプルな丼だ。ちなみに商品案内に寄ると”店内調理にこだわった新商品「鶏すき丼」と同じ歯ごたえある「鶏もも肉」を「塩ダレ」で味わえる。たっぷりのねぎに旨みと酸味の絶妙なバランスで食欲をそそります。お好みで柚子胡椒も”との事で、雰囲気的には何度も食べた”ねぎ塩豚丼”と同じく”塩ダレ”味なのだが、個人的に濃い味が好きと言う事もあって、以前食べた”鶏すき丼”の方が普通に美味しかったような・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン店『吉野家』からエイプリルフールのネタで話題になった”鶏すき丼”に続いて今度はそれを夏風にアレンジした”ねぎ塩とり丼”を食べてみたのだが、以前から偶に食べている”ねぎ塩豚丼”と同様の”塩ダレ”と言う事もあって個人的には少し物足りない感があった。てか、この内容であれば値段的にももう少し安くてもエエような気もするが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.