義史のB型ワールド

2018年7月11日

久々に行ったニッケパークタウン内にある”釆なりうどん きらく”で”カレー唐揚げ定食”を食べてみた!カレーうどんと若鶏の甘酢タレかけのセットで、これが中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
少し前まではJR加古川駅近くへ行った時に加古川プラザホテルの1Fにあるレストランを利用する事が多かったのだが、2016年の10月下旬頃に加古川ニッケパークタウンがリニューアルしてからは、そちらに出来たフードテラスやレストラン街へ行く事が増えた。で、この日もちょっとしたイベントで加古川駅前へやって来た序でに、またまたレストラン街の一角にある『釆なりうどん きらく』に行って、少し前からお店の前を通る度にちょっと気になっていた”姉妹店にてNo.1メニューのめちゃ旨!!カラアゲ”を使った定食を食べに行ってみた。
 
釆なりうどん きらく/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウンの1Fのレストラン街の一角にある『釆なりうどん きらく/加古川店』で、昨年の初め頃に食べに来た時は割と店内は閑散としていたのだが、この日は土曜日と言う事もあってか正午前の時間帯なのに既に店内は満席状態で、以前来た時と同じの二人席に案内された。同じ会社が経営している隣の『とんかつ かつ喜』は未だそれほど客は入って無かったので、やはり買物客には”とんかつ”よりも”うどん”の方が人気のようだ。
 
釆なりうどんきらくカレー唐揚げ定食のメニュー
それはさて置き、こちらが少し前からこのお店の前を通る度に少し気になっていた”姉妹店にてNo.1メニューのめちゃ旨!!カラアゲ”のメニューで、本来であれば”うどん専門店”で”唐揚げ”を食べるのは邪道な気がするが、このメニューの中に”カレー唐揚げ定食”ってのがあって、以前から一度はこのお店の”カレーうどん”を食べてみたいと思っていた事もあって今回このお店に入ったのだった。
 
釆なりうどんきらくカレー唐揚げ定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カレー唐揚げ定食”で、ご覧の通り”カレーうどん”と”若鶏の甘酢タレかけ”、それに”白ご飯”と”お漬物”がセットになって、お値段は税込価格950円也。ちなみに最初に商品名を見た時は”カレー味の鶏の唐揚げ”なのかと思ったりもしたのだが、そうでは無かった・・・。でも意外と”カレーうどん”と”鶏の唐揚げ”の組み合わせも珍しいような・・・
 
釆なりうどんきらくカレー唐揚げ定食
それはさて置き、こちらが”カレー唐揚げ定食”のメイン料理の一つである”カレーうどん”で、出汁にカレー粉を入れて牛肉や玉ネギ等を煮込んで最後にトロミを付けたような割とオーソドックスなタイプではあるが、牛肉もたっぷりと入っていて中々ウマい!”白ご飯”との相性も申し分無く箸が進む進む!
 
釆なりうどんきらくカレー唐揚げ定食
ちなみに”カレーうどん”の麺はこんな感じで昔長柄の関西風の柔らかかつ、太さも若干細目のうどんで、以前紹介した記事から抜粋すると”最高級小麦粉使用の旨みと粘りのある登録商標「はんなり麺」”との事・・・。最近は猫も杓子も”讃岐うどん”のお店ばかりなので、偶に昔長柄の関西風のうどんが食べたくなった時にピッタリかも知れない・・・。
 
釆なりうどんきらくカレー唐揚げ定食
そしてこちらは”カレー唐揚げ定食”のメイン料理である”当店自慢のめちゃ旨唐揚げ!”と言う”若鶏の甘酢タレかけ”で、ご覧の様に”若鶏の唐揚げ”の上に”唐揚げを一層美味しく引き出す、柑橘系の果汁を加えた秘伝の甘酢ダレ!”とやらがたっぷりとかかっていて、これまたメチャウマい!こちらも”白ご飯”との相性は抜群で、更に箸が進む進む・・・。
 
釆なりうどんきらくカレー唐揚げ定食
で、”若鶏の唐揚げ”にはたっぷりと”秘伝のタレ”がかかっていたので、そのまま食べた方が美味しいような気もしたが、偶に当ブログで紹介しているようにカレーに鶏の唐揚げをトッピングして食べる事が好きな事もあって、今回も”カレーうどん”の中に”若鶏の唐揚げ”を入れて食べたのだが、期待通りこちらもメチャウマい!思わず”白ご飯”をお替りしたくなった程であった!
 
てな事で、久々に行った加古川ニッケパークタウンの1Fのレストラン街の中にある『釆なりうどん きらく』で今回は”カレー唐揚げ定食”を食べてみたのだが、”カレーうどん”も”若鶏の甘酢タレかけ”も大体想像していた通りのオーソドックスな内容&定番の味ではあったが、色んな食べ方が味わえてこれはこれで中々美味しかった!そんな事もあって、このお店はこれからも幾度となく当ブログに登場する事になるだろう・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.