義史のB型ワールド

2018年6月2日

毎度お馴染みのパチンコマルハンの中にある飯屋さんで通常のフェアメニューの”豚バラと茄子の旨辛飯”を食べてみた!黒味噌を使っているのが特徴でこれが意外と旨い!

Filed under: — 代理人 @ 10:30 AM
 
代理人記録
 
以前は”日本全国ご当地味めぐり”や”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて結構な割合で食べに行っていたパチンコマルハン加古川店の中にある『ごはんどき』と言う飯屋さんであるが、最近は近くにあるミクちゃんガイアに行く方が増えた?ので全然食べに行って無かった。が、少し前に久々に行ったら”TVで紹介された話題店”とのコラボで”そば助の最強豚丼”や”そば助の豚そば”、その第二弾で『伝説のすた丼屋』の”すたみな丼”、第三弾では”すごい煮干ラーメン凪監修 煮干ラーメン”や”初代けいすけ監修 黒味噌ラーメン”を食べたのだが、残念ながらその”有名店コラボシリーズ”は終わってしまった。が、また何か新しい企画をやって無いかとお店の様子を見に行ってみると、所謂『ごはんどき』が定期的にやっている期間限定のフェアで”黒味噌メニュー”が新登場していたので、それに釣られてまたまた食べに入ってみた。
 
パチンコマルハンダイニング ごはんどき/加古川店
こちらがまたまた行って来たパチンコマルハン加古川店に併設されている『ごはんどき/加古川店』で、このお店でも定期的に期間限定のメニューが登場するのだが、『かつや』や『松屋』と違って食べてみたいと思うようなメニューが登場する事は少ない・・・。が、以前の”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時の様に、何処かとコラボしたメニューの時は結構楽しげな商品が登場するので、中々目が離せないのだ。
 
ごはんどき黒味噌メニュー新登場
そしてこちらがこの時に開催されていた期間限定の”黒味噌メニュー”で、ご覧の様に今回は”黒坦々うどん”と”豚バラと茄子の旨辛飯”の二種類が新登場したとの事。で、パッと見た感じは”黒坦々うどん”の方がメイン?のようではあったが、写真を見ると普通の汁なしうどんに黒味噌をかけただけの様に見えたのと、やっぱ豚肉があった方でエエと思い”豚バラと茄子の旨辛飯”の方を食べてみる事に決定!!!
 
ごはんどき豚バラと茄子の旨辛飯
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”豚バラと茄子の旨辛飯”で、別途”味噌汁”が付いてお値段は税込価格750円也。以前食べた『伝説のすた丼屋』監修の”すたみな丼”は似たような内容で、しかもコラボメニューだったのに700円だった事を考えると、今回のメニューは若干値段が高いような印象・・・。
 
ごはんどき豚バラと茄子の旨辛飯
それはさて置き、こちらがメインの”豚バラと茄子の旨辛飯”で、偶に定食チェーン店や中華料理店等で食べる”豚と茄子の味噌炒め”の黒味噌版をご飯の上に乗せたような丼で、そのど真ん中には卵黄がトッピングされた割りとシンプルな内容だ。で、そのお味はと言うと、少し甘目の黒味噌風味ながら思った程の味噌感は無く偶に食べる肉と野菜の炒め物っぽい味で中々ウマい
 
ごはんどき豚バラと茄子の旨辛飯
ちなみにこちらは”豚バラと茄子の旨辛飯”の中に入っていた豚肉で、最初パッと見た時は茄子の存在感の方が大きかったのだが、実際に食べてみると結構な量が入っていてボリューム満点!これに卵黄を絡めて食べると所謂”豚スタミナ丼”風になってそれもまた美味しかった
 
ごはんどき豚バラと茄子の旨辛飯
そしてこちらは”豚バラと茄子の旨辛飯”に付いていた”味噌汁”で、牛丼チェーン店と比べるとアゲやネギ等の具が沢山入っているが、基本的には偶にこの店で食べる何時もの味と同じで可も無く不可も無く・・・。そう言えば今回は漬物が付いて無かったのだが、この”豚バラと茄子の旨辛飯”には最初から漬物は付いて無いのか、あるいは忘れられたか・・・。丼を食べた時は何時も付いて来るので、それが無かったらちょっと気になる・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みのパチンコマルハンに併設されている飯屋『ごはんどき』で今回はお店オリジナルの期間限定黒味噌メニュー”の”豚バラと茄子の旨辛飯”を食べてみたのだが、大きなインパクトは無い・・・と言うとか黒味噌の存在感自体が薄かった気はするが、これはこれで中々美味しい丼だった。でもやっぱ以前の”有名店コラボシリーズ”みたいな方が楽しいので、ぜひまたやって欲しい・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.