義史のB型ワールド

2018年5月31日

久々に行った”新在家ラーメンもんど”で期間限定の”鶏白湯プレミアム”を食べてみた!一時期良く食べに行っていた裏限定ラーメンっぽい雰囲気で中々ウマい!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
以前にも書いたように偶に登場する”裏限定ラーメン”に釣られて、多い時は毎週の如く食べに行っていたJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメン もんど』であるが、”裏限定ラーメン”も無くなり、更にお店の看板商品であった”Wスープのもんどラーメン”も封印されてからはほとんど食べに行く事も無くなり、気が付けば何と昨年(2017年)は1度も食べに行っていない!が、偶に新しくなった公式サイトはチェックしていて、昨年の春頃に販売された”鶏白湯プレミアム”も食べに行こうと思いつつ、その頃はちょっとした用事で忙しかったので結局食べに行く事が出来なかった。が、そんな私を気遣ってか?その”鶏白湯プレミアム”が昨年と比べると短期間ながら販売されるとの事だったので、折角なので食べに行ってみた。
 
新在家ラーメンもんど
こちらが約1年8ヵ月ぶり位?に行って来たJR東加古川駅近くにある『新在家ラーメン もんど』で、お店に到着したのは正午前だったのだが、既にカウンター席も奥のテーブル席も半数以上が埋まっている程の盛況ぶり・・・。当然、正午を廻った辺りには店内は満席になってその後からやって来たお客さんは外で待っていたが、流石に以前の”裏限定ラーメン”が販売されていた時の行列と比べると雲泥の差はあったが・・・。
 
新在家ラーメンもんど鶏白湯プレミアムのメニュー新在家ラーメンもんど鶏白湯プレミアムのメニュー
そしてこちらが『新在家ラーメン もんど』から昨年二ヶ月間限定で登場し、今年も短期間ながら復活販売されていた”鶏白湯プレミアム”のメニューで、当然の如く?私は”裏限定ラーメン”で登場した”もんど鶏白湯ラーメン”も食べた事があるのだが、メニューの写真を見ると以前食べた物とは全く違った感じのラーメンに見える・・・。何れにしても今回の訪問目的はこの”鶏白湯プレミアム”を食べる事にあったので、席に着くなり迷う事無く早速注文!!!
 
新在家ラーメンもんど鶏白湯プレミアム
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏白湯プレミアム”で、お値段は税込価格900円也。実物を目の当たりにするまでは、先にも書いた様に何年か前に”裏限定ラーメン”で登場した”鶏白湯ラーメン”みたいなスープをイメージしていたのだが、パッと見た感じは最近流行りのエスプレッソ風で泡だった鶏ポタージュスープのようで、私の大好きだった”加古川ブラック”とは真逆とも言える白いスープだ。ちなみに昨年販売された時の雑誌の紹介記事に寄ると”食材も手法もすべてが特別版。スープは旨みが濃厚な徳島産丸鶏3羽、鶏がら、モミジを寸胴で長時間、さらに圧力鍋で一気に炊くことで、その旨みを余すところなく抽出。麺はこのメニューのためだけに、新たな製麺所から取り寄せる。絹のようになめらかでしっとりとした鶏チャーシュー、鶏のミンチと豆腐のカツ、細かく刻んだブラックオリーブの醤油漬けなど、元フレンチのシェフならではの斬新な発想も光る”との事。
 
それはさて置き、先ずはスープから飲んでみると、記憶が若干あやふやではあるが以前食べた”鶏白湯ラーメン”とは全く違うまろやかな口当たりのスープで、今迄このお店で食べて来た”裏限定ラーメン”には無い新しい味わいで、絶品と言う程のインパクトでは無いがこれはこれで中々ウマい!ある意味、久々に”裏限定ラーメン”が復活した嬉しさが加味されてその分余計に美味しく感じたのかも知れない・・・。
 
新在家ラーメンもんど鶏白湯プレミアム
そしてこちらは”鶏白湯プレミアム”にトッピングされていた”鶏チャーシュー”とか”鶏のミンチと豆腐のカツ”とか”ブラックオリーブの醤油漬け”で、”鶏チャーシュー”は”裏限定ラーメン”で登場した”鶏塩ラーメン 梅の香”でも食べた事があるが、”鶏のミンチと豆腐のカツ”とか”ブラックオリーブの醤油漬け”は今回が初めてだ。で、”鶏チャーシュー”は結構な肉厚の鶏肉で白湯スープが十二分に浸みこんだ味わいでこれまたウマい!流石に”鶏のミンチと豆腐のカツ”と”ブラックオリーブの醤油漬け”は初めて食べた驚きに隠れて美味しさは微妙であったが、これもまた『もんど』の”裏限定ラーメン”ならではの楽しいトッピングだったかな。
 
新在家ラーメンもんど鶏白湯プレミアム
ちなみに”鶏のミンチと豆腐のカツ”の断面はこんな感じで、この写真を見ると”鶏のつくね”風にも見える・・・。そう言えば以前食べた”もんど鶏の白湯ラーメン”には”塩つくね”とやらがトッピングされていたのだが、どちらかと言えばあの塩つくね”が食べたかったなあ・・・。
 
新在家ラーメンもんど鶏白湯プレミアム
それともう一つ・・・、今回食べた”鶏白湯プレミアム”の麺は通常メニューの”謹製 中華そば”とか”蔵出し醤油麺”で使われている麺とは違う、何と無く”裏限定ラーメン”で良く食べた”つけ麺播磨”の麺に似た平打ちっぽい縮れ麺で、これまた昨年の雑誌紹介記事に寄ると”スープのすくいあげがよく国産小麦の風味が豊かな大阪・鶴見製麺の麺を使用。チュルチュルの食感で食べ始めるとノンストップ!”との事。このお店では”もんジロウの極太麺”とか”塩ラーメンの極細麺”とか”チリとまと麺のもっちり太麺”等、スープに応じて様々な種類の麺を味わって来たが、そんな懐かしさもあってこれまた中々美味しい麺であった!
 
てな事で、久々に行った『新在家ラーメン もんど』で今回は期間限定で登場した”鶏白湯プレミアム”を食べてみたのだが、数年前毎月の如く登場した”裏限定ラーメン”には無い今風の鶏ポタージュ系の泡だったスープのラーメンで、これまたちょっと珍しい”鶏のミンチと豆腐のカツ”もトッピングされていて美味しさよりも楽しさの方が印象的なラーメンだった。確か昨年はこの他にも”担々麺”も登場したのだが、個人的にそちらは関心が薄かったので食べに行かなかったのだが、また変わった”裏限定ラーメン”が登場したらぜひ食べに行ってみたいと思う!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。