義史のB型ワールド

2018年5月15日

新聞の折込チラシに”博多豚骨ラーメン高砂店”オープン記念の餃子無料券が付いていたので今回は”野菜ラーメン”を食べてみた!野菜はたっぷりだがその分味が薄目?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:40 PM
 
代理人記録
 
以前チラっと書いた様に、1月下旬頃に新聞の折込に『博多豚骨ラーメン まるせん』の高砂店が宝殿にあるイオンアイモール高砂の向かい辺りにオープンすると言うチラシが入っていた。『博多豚骨ラーメン まるせん』と言えば7~8年位前?に明石伊川谷にオープンした店名通り”博多豚骨ラーメン”のお店で、当時明石方面へ車で行った時は伊川谷ICで降りる事が多かったので、何度か食べに行った事があるのだが、2年位前には姫路白浜にもお店が誕生したので私もオープン直後に食べに行った事がある結構馴染のラーメン屋さんだ。更には三宮店と藤江店もお店だけは観に行った(両店とも現在は閉店)程なので、高砂店がオープンした初日に食べに行ったのだが、その日はラーメン1杯350円で食べれるキャンペーンをやっていたのでチラシに付いていた”特製味噌餃子無料券”は利用する事が出来なかったので、正式オープン後?に再び食べに行って来たのだが、その”特製味噌餃子無料券”は3月分が2枚と更に4月分も2枚付いていたので、3月の初めにも食べに行ったのだが残りのもう一枚を消化すべく、またまた食べに行ってみた。
 
博多豚骨ラーメンまるせん/高砂店
こちらがまたまた行って来た2月1日にオープンしたばかりの『博多豚骨ラーメン まるせん/高砂店』で、お店がある場所は先にも書いた様にイオンアイモール高砂の道を挟んだ南側の、ホームセンターモリスの西側辺りで、この両サイドにはドコモショップとかソフトバンクのお店なんかが有ったりする。で、この日も既に先客が何組か居たのだが、前回にも書いたように場所的な問題もあってか、この日も先客の方々は年齢層が高目の人が大半だった・・・。
 
博多豚骨ラーメンまるせん野菜ラーメンと特製味噌餃子
そしてこちらがこの日に食べた”野菜ラーメン”と”餃子”で、先にも書いた様に今回は新聞の折込チラシに付いていた”特製味噌餃子無料券”を利用したので、お値段は”野菜ラーメン”代のみの税込価格750円也。以前にも書いた様にこのお店の最大のウリはラーメンと半チャーハンのセット唐揚げのセットが750円で食べれる事なので、そう考えるとこの”野菜ラーメン”を食べるとお得感は薄い・・・。
 
博多豚骨ラーメンまるせん野菜ラーメン
それはさて置き、こちらが『博多豚骨ラーメン まるせん』で初めて食べる”野菜ラーメン”で、パッと見た感じはこのお店の看板商品である”まるせんラーメン”に茹でたキャベツやモヤシに生のネギをトッピングしただけでチャーシューは入って無い。で、スープも何時もの”まるせんラーメン”そのまんまの味で普通に美味しいのだが、トッピングの野菜の水気もあってか何と無く全体的に薄味に感じたような・・・。
 
博多豚骨ラーメンまるせん野菜ラーメン
ちなみに今回食べた”野菜ラーメン”の麺はこんな感じで、これまた商品説明に寄ると”本場博多の極細麺を再現した触感と味にこだわった特製自家製麺”との事だが、既に何度も食べた”まるせんラーメン”とか”まるせんラーメン”の麺と全く同じなので特にそれ以上に感じる点は無かったかな
 
博多豚骨ラーメンまるせ無料特製味噌餃子
それともう一つ、こちらは”特製味噌餃子無料券”を使って食べた”餃子”で、券には”特製味噌餃子”と書いてあったが、それはテーブルの上に置いてあった神戸味噌ダレ?を付けて食べた場合のようで、普通の餃子のタレで食べると一般的な餃子と何ら変わらない。とは言え、こちらも焼き立て熱々ジューシーでメチャウマいし、何よりこれが無料なのでお得感たっぷりだった
 
てな事で、個人的に明石伊川谷本店姫路白浜店でも何度か食べた事がある『博多豚骨ラーメン まるせん』が高砂にもオープンしたので、今回は新聞の折込チラシに付いていた”特製味噌餃子無料券”を使う事を目的にまたまた食べに行ってみたのだが、今回食べた”野菜ラーメン”は確かに野菜たっぷりではあったがその分薄味で、更に”他店の野菜ラーメン”に入っている様な豚肉等も無かったので内容的にも寂しかったかな。それは兎も角として、先にも書いたように”特製味噌餃子無料券”は3月分に続いて4月分も2枚付いていたので、4月になってからも2回も食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。