義史のB型ワールド

2018年5月7日

毎度お馴染みの”吉野家”の豚丼が新味に変って登場したと言うので食べてみた!豚スタミナ丼を始めとして色んなバリエーションで食べたので違いが良く判らんかった・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:48 PM
 
代理人記録
 
毎月JAFから送られて来る会報誌同封されているチラシに割引券が付いているのと、以前入れたスマホのアプリ”TAMECCO”に釣られて、最近は月に1回以上は食べに行っている牛丼チェーンの『吉野家』であるが、ライバルチェーン店の『すき家』や『松屋』に対して通常でもメニューの数が少ない上に期間限定のフェアメニューが登場する割合も低い。が、そんな私の心中を察したのか、数年前に”復活した豚丼”がリニューアルして”新味豚丼”として登場したので食べてみた。
 
吉野家/加古川駅北口店
こちらがまたまた行って来たJR加古川駅の北口を出た真正面辺りにある『吉野家/加古川駅北口店』で、このお店が誕生してから既に9年位経つが、開店した当初は比較的空いていた様な気がするが、最近は時間帯に寄っては満席で直ぐに席に着く事が出来ないぐらいに流行っている。が、この日も割と何時も食べに来る時間と同じだったのだが、何故か比較的空いていたような・・・。ま、前回も書いたようにちょっとしたタイミングだけの問題だとは思うが・・・。
 
吉野家新味豚丼のメニュー
そしてこちらが新しくなったその名も”新味豚丼”のメニューで、『吉野家』の案内に寄ると”2016年4月の復活販売以降、ご好評をいただいている定番商品”である”豚丼”が”豚肉の旨み際立つ甘辛タレ!”が新しくなったらしい・・・。とは言え、最近も”豚スタミナ丼”を始めとして”豚生姜焼丼”とか”ねぎ塩豚丼”とか”四川麻婆豚丼”、果ては”スパイシーカレー豚丼”なんてのを食べてばかりで、ノーマルの”豚丼”を食べたと言えばプレミアムフライデーの日に販売された”牛豚 半丼(はんどん)”以来食べて無いので、どんな味だったか記憶が薄いのだが、取り敢えず折角なので食べてみる事に決定!!!
 
吉野家新味豚丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”新味豚丼”並盛で、お値段は通常税込価格350円の処、今回もJAFの割引券利用で50円引きとなって300円也。パッと見た感じは以前の”豚丼”と違いゴマがかかっているので、何と無く”豚スタミナ丼”に似ているような見た目だ。ちなみに商品説明に寄ると”豚肉の旨みと食感を活かした豚の煮肉を、提供前に特製の甘辛タレで和えることで、さらにおいしく、食べ応えある商品になりました”との事。とは言え、先にも書いた様に最近は色んなバリエーションの豚丼ばかり食べていたので、以前の味の記憶が薄い事もあってゴマが乗ってる・・・と言う点以外に特に変化は感じ無かったのだが・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン店『吉野家』の定番商品の一つである”豚丼”が”新味豚丼”に生まれ変わったので試しに食べてみたのだが、味的には普通に美味しかったものの、本文の中で書いた様に最近は『吉野家』でも色んなバリエーションの豚丼ばかりを食べていたので、以前との違いは良く判らんかった。何れにしても普通の”吉牛(牛丼)”の方が美味しい事だけは確かだ

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。