義史のB型ワールド

2018年3月11日

毎度お馴染みの”松屋”で生まれ変わって新登場した”ビビン丼”を食べてみた!温かい豚肉と冷たいナムルの組み合わせが私の口にはちょっと合わないかも。

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
十数年前に連日の如く大阪天満界隈にある某事務所へ行っていた頃に、ランチを食べに天神橋商店街の中にある牛丼チェーンの『松屋』を偶に利用していた。その頃は未だ”牛めし”とか”カレー”等のメニューが中心で、今みたいに定食メニューは余り無かった様な気がするのだが、今では牛丼チェーン店と言うよりはどちらかと言うと定食チェーン店?と呼んでもおかしく無い程にメニューが増えている。そんな事もあって最近は『松屋』に行っても定食を食べる事が多いのだが、2018年新春キャンペーンとかで人気メニューだったらしい”ビビン丼”が生まれ変わって新登場したと言うのでまたまた食べに行ってみた。
 
松屋/加古川平岡町店
こちらがまたまた行って来た『松屋/加古川平岡町店』で、この日もまたまた平日の訪問だったのだが、流石に新年明けて早々と言う事もあって既にそこそこのお客さんが入っている。とは言え、未だテーブル席は半分ぐらい空いていたので店内の隅っこにある二人席を利用する事に・・・。
 
松屋2018年新春キャンペーンビビン丼メニュー
そしてこちらが2018年新春キャンペーンとして登場した”ビビン丼”のメニューで、『松屋』の案内に寄ると”人気メニューとして大変多くのお客様からご好評を頂いていた「ビビン丼」が、今回新春キャンペーンにて生まれ変わって新登場”との事。個人的にはナムルが乗ったビビンバ系の物は余り食べないのだが、新春キャンペーンと言う文言に釣られて今回も食べてみる事に決定!!!
 
松屋ビビン丼豚汁セット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ビビン丼豚汁セット”で、その名の通り”ビビン丼”と”豚汁”がセットになってお値段は税込価格650円也。ちなみに”ビビン丼”単品だと550円だったのだが、”鶏ささみステーキ定食”の時と同じく100円プラスで”みそ汁”が”豚汁”に変更出来たので、思わず”ビビン丼豚汁セット”を頼んでしまったのだった。
 
松屋ビビン丼
そしてこちらがメインの”ビビン丼”で、パッと見た感じは定番の”牛めし”の具である牛肉が半分位で、残り半分にナムル系の具材を乗せ真ん中に温玉を乗せたような感じの内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”新しく小松菜ナムル、根菜きんぴらも加わり、シャキシャキとした野菜の歯ごたえと牛肉の相性は抜群。ピリッと辛いキムチ、甘辛い特製タレと混ぜながらお楽しみください”との事。そう言えば何処の牛丼チェーン店にもある”キムチ牛丼”系も食べた事が無いような・・・。
 
松屋ビビン丼
それはさて置き、先ずは”ビビン丼”に入っていた牛肉から食べてみると、基本的には”牛めし”の具の牛肉と同じような感じだが甘辛い特製タレがかかっていて何時もより味が濃い目で、これはこれで中々ウマい!更に温玉を絡めて食べると当然の如くまろやかな味に変化して中々美味しかった
 
松屋ビビン丼
で、こちらは”ビビン丼”のある意味メイン?とも言えるキムチや根菜きんぴらや小松菜ナムルで、文字通りビビンバ系そのものの味で普通に美味しいのだが、牛肉はそこそこ温かいのに対してこちらの具材は冷たく何と無くバランスが悪いような・・・。やっぱ私はこの手のビビンバ系の具が入った牛丼は好きになれないかも・・・。
 
松屋豚汁松屋豚汁
そしてこちらは”ビビン丼豚汁セット”に付いていた”豚汁”で、最近は結構な割合でこの”豚汁”を食べているので大きな感動も無くなっては来たが、何時も通りに結構沢山の具が入っていてこちらも中々ウマい!今回もセット価格の100円で食べたのだが、この内容で100円ならば無料の”みそ汁”から変更して食べる価値は十分にあると思う・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの牛丼チェーン『松屋』で今回は新春キャンペーンで生まれ変わって新登場した”ビビン丼”と”豚汁”が食べれるビビン丼豚汁セット”を食べてみたのだが、牛肉とかキムチや根菜きんぴら等の具は単体としては普通に美味しかったのだが、温かい具と冷たい具が混在していて全体的には何と無くバランスは良くない印象だった。次回この”ビビン丼”が生まれ変わって登場したとしても食べるのは止めておこう・・・。

WordPress.com Blog.