義史のB型ワールド

2018年2月26日

久々に行った”ステーキ宮”で”温野菜と宮ロースランチ”を食べてみた!以前食べた時と違いお肉は柔らかく、更にたれも舌に馴染んで来たのか中々ウマかった!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
今日の話題と言えば、やはり何と言っても遂に加古川にオープンした『いきなり!ステーキ』のお話・・・。で、当然その話をしたいのもやまやまであるが、例に寄って当ブログは相変わらずのスローペースなので、昨年末に久々に食べた『ステーキ宮』のお話・・・。
 
年末大晦日が目の前に迫って来た某日、ご主人様が仕事納めの挨拶廻りで某所に行くのだが体調が芳しく無いので私にアッシー君をやって欲しいと言う依頼が来た。ま、私も挨拶廻り?に参加しても良かったのだが、ちょっと面倒な気もしたので取り敢えずアッシー君だけを担当!で、その後に何時もの如くランチを御一緒してから解散する事になったのだが、朝一から挨拶廻りに行っていた事もあってランチタイムには少し早い時間。そんな事もあろうかと行く前から決めていた営業開始時間が午前11時と少し早いステーキ宮』に久々に行ってみる事にした。
 
ステーキ宮/播磨店
こちらが約1年半ぶり位に行って来た2015年11月30日に明姫幹線播磨町大中南交差点直ぐ近くに誕生したステーキ&ハンバーグレストランステーキ宮/播磨店』で、初めてこのお店に来た時はオープン直後と言う事もあって既に駐車場が満車で車すら停める事が出来なかったのだが、流石にオープンしてから2年以上経っている事もあり我々が入店した時は未だ閑散としていた。が、それは単に入店時間が午前11時過ぎのお店がオープンした直後だったからで、その後は年末近くと言う事もあってか次々とお客さんが入って来て一気に店内は満席状態になり、帰る頃には入口の処に待ち客が溢れていた程だった。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチのメニュー
それはさて置き、ご主人様が『ステーキ宮』初訪問と言う事で、それならば基本中の基本?である”宮ロースステーキ”をこれまた定番中の定番?である”宮のたれ”をオススメしたのだが、私が違う料理を食べると食後の感想とか意見が噛みあわないと思い、私も同じ物を食べる事に・・・。が、流石にそれではブログネタ的に面白味に欠けるのと、普段の野菜不足を補う為に”温野菜と宮ロースランチ120”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
ステーキ宮飲むサラダバーステーキ宮飲むサラダバー
で、以前から何度も書いているように個人的に『ステーキ宮』の最大のお気に入りは毎日日替わりで4種類の飲み放題のスープが用意された”飲むサラダバー”で、この日の内容はと言うと”コーンポタージュスープ”、”鶏肉としいたけのスープ”、”野菜たっぷり ベジスープ”、”クラムチャウダー”の4種類で”オニオンコンソメスープ”は無かった。
 
ステーキ宮飲むサラダバーステーキ宮飲むサラダバー
そしてこちらが先ず最初に私が”飲むサラダバー”から入れて来た”ふんわり玉子と鶏肉・椎茸をたっぷり使用した中華スープ”と言う”鶏肉としいたけのスープ”と”白菜やキャベツ、香味野菜の旨みが溶け込んだスープ”と言う”野菜たっぷり ベジスープ”の2つのスープで、どちらも結構な具沢山な内容で何時も通りメチャウマい!ご主人様もこの”飲むサラダバー”には大満足の御様子!ちなみに後から当ブログの過去記事を見てみると、私は毎回最初にこの2種類のスープを飲んでいるようだ。自分の好みは基本的に変らない・・・と言う現れかも知れない・・・。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
そんなこんなで最初に”飲むサラダバー”から入れて来たスープを飲みつつ待っていると、間も無くしてこの日のメイン料理である”温野菜と宮ロース”が運ばれて来て、これまた何時もの如くスタッフの方がステーキの上から”宮のたれ”をかけてくれた。このパフォーマンス?もこのお店の人気の一つかも知れない・・・(ま、似たようなサービスをやっているハンバーグチェーンとかお好み焼チェーンもあった気もするのだが・・・)。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
それはさて置き、こちらが今回食べた”温野菜と宮ロースランチ120”のセットで、メイン料理の”宮ロースステーキ”の他にお替り自由のライスと飲み放題のスープが付いてお値段は通常税抜価格1280円なのだが、このお店ではJAF会員証割引があって(と言っても割引率が下がってしまったが・・・)、それに消費税を加えた二人分の合計金額は・・・、レシート紛失の為よく判りません・・・。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
そしてこちらが”温野菜と宮ロースランチ120”のメイン料理である”宮ロースステーキ”で、2年位前の初訪問時に食べた”宮ロースランチ”の”宮ロースステーキ”は150gのサイズだったのだが、今回は商品名に120と付いているように120gのサイズだ。で、お肉自体は以前食べた時の”インジェクション加工肉”の少し固めだった食感とは違い、この日は”ジューシーでやわらかな食感を味わっていただく為に牛脂を注入した加工肉”(と書くと、また誰かから何時もディスっていると言うようなコメントが付くかも・・・。てか、実際にステーキを運んで来た時にスタッフの方からもそう説明があるし、公式サイトにも書いてある話なんだけどなあ・・・)で、それにお店ご自慢の”宮のたれ”を掛けて食べるとメチャ美味い!確かにこの”宮のたれ”は、私にもご主人様にもちょっと濃い口と言うのか辛い程なのだが、初めて食べた時と比べると徐々に舌も慣れて来たのか結構美味しくなって来た気がする・・・。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
ちなみに”宮ロースステーキ”の肉の断面はこんな感じで、これまたメニューに書いてあるように焼き方は”ミディアム”か”ウェルダン”のどちらかしか選べないので、今回も”ミディアム”にしたのだがご覧の通り結構レアな感じだ。ま、この焼き加減に抵抗がある方は別途用意されているペレットで火の通り具合を加減出来るようになっているのだが、個人的には普段から”ミディアムレア”派なので、この程度の焼き加減で十分だったかな。
 
ステーキ宮温野菜と宮ロースランチ
そしてこちらは”宮ロースステーキ”の脇に添えられていた”温野菜”で、その内容はと言うとキャベツ、モヤシ、ブロッコリー、フライドポテト等で、そのままでは特に味は付いて無かった(と思う)ので、”宮ロースステーキ”にたっぷりとかかっていた”宮のたれ”を付けて食べると野菜のさっぱり感とたれの濃い味が相まってそれはそれで美味しかったかな
 
ステーキ宮飲むサラダバーステーキ宮飲むサラダバー
そんなこんなでメイン料理の”宮ロースステーキ”を食べ終えた後、食後のドリンクの代わりに再び”飲むサラダバー”に行ってカップに入れて来たのがこちらのスープで一つは最初に飲んだ”野菜たっぷり ベジスープ”だが、もう一つはこれまた結構好きな”クラムチャウダー”で、こちらも具沢山でメチャウマい!ちなみにご主人様はこの他にあった”コーンポタージュスープ”も飲んだのだが、あれは割と至って普通?なので今回私は飲まなかった・・・。
 
てな事で、久々に行った『ステーキ宮』で今回は”温野菜と宮ロースランチ120”を食べてみたのだが、以前食べた”宮ロースステーキ”とは違い今回は肉自体がとても柔らかで、更に”宮のたれ”にも舌が馴染んで来たのか中々美味しかった!それはさて置き、以前は有効期限が無かったポイントカードも現在は1年間と言う期限付きに変っているらしくこの日交換となったのだが、もうちょっとで満タンになるので、忘れ無いうちに食べに行こうと思う・・・。

またまた行った高砂銀座商店街の中にある”茶そば・穴子 そらまめ”のプチ忘年会で今回も”ミニせいろ蒸しコース”を満喫!何時も通りの内容でメチャウマい!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 12:30 AM
 
代理人記録
 
2016年頃から数か月に一回位の割合で小中学校時代の同級生が集まったプチ宴会が開催されていて、更には秋祭りの日にはランチを食べに集まったりもする・・・。そんな事もあってきっと忘年会もあるだろうなあ・・・と思っていたら、正に年の瀬が目の前に迫って来た某日にやる!と言う連絡が来たので、またまた参加する事にした。が、この日食べた料理はこのお店の宴会の定番メニューである”ミニせいろ蒸しコース”で、その内容は以前に紹介した時と全く同じ事もあり、これまた過去に1度か2度あった時と同じくちょっと手抜きで写真だけを御紹介・・・。
 
茶そば・穴子そらまめ
ちなみに、こちらがまたまた行って来た高砂銀座商店街の中に2016年12月頃にオープンした『茶そば・穴子 そらまめ』で、以前にも紹介したようにこの建物は”高砂染発祥の地と言われる尾崎邸”を、数年前に古民家再生プロジェクトで改装した古民家をそのまま利用したお店だ。ま、我々世代では銀座商店街の中の自転車屋さん・・・と言う思いでの場所でもあるのだが、今では自転車屋さんだった時の面影は残って無い・・・。
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・穴子とキュウリの酢の物
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・お造り
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・穴子鍋
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・天ぷらの盛り合わせ
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・紅梅むし
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・ミニせいろ蒸し
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・ミニ茶そば
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会ミニせいろ蒸しコース
・デザートのアイスとわらび餅
 
茶そば・穴子そらまめ忘年会
ちなみにこちらは今回のプチ忘年会に参加したメンバーの中の一人が、他の会合にも参加するとかで短時間しか居られない・・・と言う事で、一人だけ特別に用意して貰った御膳で、雰囲気的には以前の秋祭りの日に食べたサービスランチに限りなく似たような内容だった。
 
てな事で、この日はちょっとしたプチ忘年会で高砂銀座商店街の中にある『茶そば・穴子 そらまめ』に行って毎度お馴染みの”ミニせいろ蒸しコース”を食べたのだが、メイン料理とも言える”穴子鍋”や”ミニせいろ蒸し”は正に冬にピッタしな内容で何時も以上に美味しかった!それはさて置き、流石に新年会の通知は来なかったので、きっと次回のプチ同窓会は花見のシーズン辺りかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.