義史のB型ワールド

2018年2月23日

毎度お馴染みの”餃子の王将”が50周年創業祭をやってたので”伝統の餃子定食”を食べてみた!若かりし頃はこんな感じの餃子定食ばかり食べていたのでメチャ懐かしい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
最近は餃子無料券を入手する機会が減った事もあって以前程は食べに行っていないのだが、相変わらず時々食べに行っている『餃子の王将』(所謂”京都王将”と呼ばれる方で”大阪王将”とは別会社なのだが、未だその違いを知らない人は多いみたい・・・)なのだが、そんな『餃子の王将』が”50周年創業祭”の一環としてクリスマスイブの日限定で店内で食事をしたり持ち帰りで商品を買った人に”税込500円割引券”をプレゼントすると言うキャンペーンをやっていたので、またまた食べに入ってみた。
 
餃子の王将50年創業祭
ちなみにこちらが”餃子の王将 50周年創業祭”の告知画像で、『餃子の王将』と言えば4年に一度の閏年の2月29日の日に”にんにくデー”と称して、その日に同じように店内で食事をしたり持ち帰りをしたら”229円の割引券”が貰える事があるのだが、”500円の割引券”が貰えるのはちょっと珍しいような・・・。てか、最初に書いた様に最近は”餃子無料券”ですら滅多に貰える機会が無くなったからなあ・・・
 
餃子の王将/加古川店
そしてこちらが今回行って来た『餃子の王将/加古川店』で、最近は『餃子の王将』の記事を書く時はお店の写真は載せない場合が多い(基本的に何時も『高砂店』か『東加古川店』にしか行かないしとか色々あって・・・)のだが、今回は多分このブログで紹介するのは初めてなのでアップしてみた。で、このお店はJR加古川駅の構内?と言うのかホームの下辺りにあるお店で、2005年頃にJR加古川駅が大きく改装された際に出来たお店なのだが、雰囲気的にそれまで加古川駅前通りの一角にあった店舗がこちらに移転した?ような感じだったと思う・・・。
 
ちなみに高砂や加古川界隈では割と早い段階(我々の学生時代)から明姫幹線沿いのあちらこちらにFC店に多いファミレス風の巨大店舗が出来た事もあって、最初から大きなお店?と言う印象をもっている人が多いが、JR加古川駅前の近くにあったお店とか、あるいは学生時代によく食べに行った店、社会人になってから何度も利用した通天閣の真下にある店、それに会社の寮の近くにあって店長とも親しくなった店等は、全てこんな感じの小さな店舗だった・・・。ま、本拠地の京都に三年も住んでいたので語りたい事はもっとあるのだが・・・。
 
餃子の王将伝統の餃子定食のメニュー
それはさて置き、この日は”餃子の王将 50周年創業祭”に釣られて食べに入ったので特に食べたいメニューがある訳では無い。で、偶に書いているように『餃子の王将』と言えば直営店よりもフランチャイズ(FC店)の方が圧倒的に多く?更に店舗メニューも”焼餃子”以外は割と自由に設定されていて、各店舗でオリジナルメニューがある場合が多い。とは言え、今回は”焼餃子”だし若かりし頃はこれに似た物ばかり食べていたような気がする”王将伝統の餃子定食”のメニューの中から”焼餃子”が1.5人前のミディアムを食べる事に決定!!!
 
餃子の王将伝統の餃子定食ミディアム
で、先ず最初に運ばれて来たのが”伝統の餃子定食”に付いているこちらのスープで、特定の店舗だけでは無くあちらこちらの店舗を利用している方は良くご存じの通り、定食を頼んだ場合このような鶏ガラ系スープが付いて来る店や玉子スープの店や果ては日本人の食の好みに合わせたかの様に味噌汁が付いていたりと、正に店に応じうて千差万別なのだが、このお店ではご覧の通りシンプルな鶏ガラベースのスープだ。多分これがラーメンのスープとか他の料理のベースになっているのだとは思うが、何と無く昔懐かしさもあってメチャウマかった
 
餃子の王将伝統の餃子定食ミディアム
そしてその次に運ばれて来たのが”伝統の餃子定食”に付いている”鶏の唐揚げ”で、若かりし頃に良く食べていた”餃子定食”にもこのような”鶏の唐揚げ”が2個入っていたのだが、この時は結構大き目サイズの物が1個だけだ。が、当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉もジューシーでメチャウマい思わず生ビールを・・・と頼んでしまいそうになった程だったかな。
 
餃子の王将伝統の餃子定食ミディアム
そんなこんなで先に運ばれて来た”鶏の唐揚げ”とライスを少しずつ食べながら待っていると、間も無くしてメインの”焼餃子1.5人前”が運ばれて来て、全品揃ったのがこちらの”伝統の餃子定食ミディアム”で、お値段は税込価格601円也。偶に書いているように”らーめん八角のランチの餃子定食はラーメンと餃子とライスがセット”になって今でも700円ちょっとで食べれると思うと、そちらの方がお得感はあるが、餃子のボリュームを見るとこの値段もかなり安い
 
餃子の王将伝統の餃子定食ミディアム
そしてこちらが”伝統の餃子定食ミディアム”の”焼餃子1.5人前”で、若かりし頃に良く食べていた”餃子定食”は”焼餃子2人前”で、このお店のメニューにもダブルと言う名であったのだが、餃子ばっかりも飽きるし食べ過ぎも気にして1.5人前の方を選んだのだった。で、最近は『高砂店』でばかり食べる事が多かったのだが、このお店の”焼餃子”もほぼ100%の出来に近い焼き具合でメチャウマい!やっぱ『餃子の王将』で一番美味しいのは何処の店で食べてもこの”焼餃子”だと思う・・・。
 
餃子の王将500円割引券
最後に・・・、こちらが帰り際にレジで貰った”税込500円割引券”で、公式案内の説明に寄ると”今ほど餃子になじみが無かった創業当時、「味には絶対に自信がある。食べてもろうたらわかる」と創業者らが配り歩いたのが「餃子試食券」。今回、そのデザインを復刻した”との事。学生時代に近くにあった『大阪王将』でも似たような割引券が配れていて良く貰った事があるのだが、今となってはその時の券のデザインの記憶は全く無い・・・。そもそも『京都王将』と『大阪王将』は別の会社だし・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『餃子の王将』が”50周年創業祭”で”税込500円割引券”をプレゼントすると言うキャンペーンをやっていたので、これまた若かりし頃に良く食べていた内容に似た感じの”伝統の餃子定食”を食べてみたのだが、当然の如く”焼餃子”も”鶏の唐揚げ”も”スープ”も全部美味しかった!ま、京都在住の頃は週に3回は『餃子の王将』に行っていたのだが、普通の料理は店に寄って味は全然異なっていたが、”焼餃子”は何処の店舗で食べても基本的に同じ味で美味しかったしなあ・・・(食べた事は無いが、10個の餃子が1つになった巨大餃子を売ってる店もあったような・・・)。更には先にも書いたように大阪在住の頃は店長とも会話する程の顔馴染みになっていたしなあ・・・。何もかもが懐かしい・・・(by 沖田艦長)。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。