義史のB型ワールド

2018年2月7日

イオンタウン加古川の中にあった”はりま農場”が”インド・ネパール料理 パシュパティ”に変っていたので食べに行ってみた!基本的には本店と同じで普通に美味しかったが・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
2006年の春頃にイオンタウン加古川の前身であるロックタウン加古川が誕生した時は、レストラン街の方には『ミスターバーグ』とか『鉄板焼レストラン大阪城』等があり、またフードコートの中には『ラーメン くーた』とか『倉敷うどん』とか『えびすカレー』等の沢山の飲食店があって結構賑わっていたし、私も一応は一通りのお店を食べて廻ったりしたものだった・・・。が、オープン当初の賑わいはそう長くは続かず、1~2年で撤退するお店が出て来て徐々にフードコートは縮小されていって遂に壊滅・・・。
 
外にあった『鉄板焼レストラン大阪城』も割と早い段階で閉店、長きに渡って頑張っていた『ミスターバーグ』も遂に数年前に違うお店に代わってしまったのだが、それらのお店も長続きは出来ないようで、少し前にはまた別のお店である『インド・ネパール料理 パシュパティ』に代わった。が、『インド・ネパール料理 パシュパティ』と言えばサザンプラザ加古川にお店があるし、短期間ながら山電伊保駅前にもお店が有った時があり、そちらも利用した事があるので特に食べに行きたいと思わなかったのだが、『ミスターバーグ』からこの店舗のある場所をずっと見守って来た?私なので、取り敢えず一回位は食べておこうと思い、イオンタウン加古川へ行った序に食べに入ってみた。
 
インド・ネパール料理 パシュパティ/イオンタウン加古川店
こちらが今回行って来た『インド・ネパール料理 パシュパティ/イオンタウン加古川店』で、偶に書いて置かないと忘れてしまので列挙すると2006年にロックタウン加古川が誕生した時は此処にはハンバーグチェーン店の『ミスターバーグ』があった。そしてその後は『とんかつ とん太』、『ファミリーレストラン カナディアン』(経営母体は『とんかつ とん太』と一緒のようだったが・・・)、『はりま農場~ごはん処・炭火焼鳥~』と変遷し、2017年の秋頃にこの『パシュパティ/イオンタウン加古川店』になったのであった。ちなみにこの『パシュパティ/イオンタウン加古川店』はパシュパティ14号店らしい・・・。とは言え、加古川大川町交差点近くにあった店舗とか、伊保駅前にあった店舗等は既に閉店しているので、実際の処その他のパシュパティが何処にあって何店舗あるのかは・・・誰か全て把握してる人は居るのかな?
 
インド・ネパール料理 パシュパティ/ランチメニュー
それはさて置き、こちらがこのお店のランチメニューで、基本的にはサザンプラザ加古川の敷地内にある『パシュパティ本店』のメニューと大差は無いようだ。そう言えば『パシュパティ本店』には”ネパールカレーラーメン”とか”ネパールスープラーメン”等のヘンテコメニューがあったのだが、このお店には無いようだ(てか、本店にも長い間食べに行って無いし・・・)。で、今回が初訪問&最後の訪問になりそうな気がしたので、取り敢えず『伊保店』でも食べた事がある”キリスナランチ”を食べる事に決定!!!
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”キリスナランチ”のセットに付いているこちらのスープとサラダと選べるソフトドリンクの中からチョイスしたラッシーの3点セットで、パッと見た感じは以前に『伊保店』で食べた時のセットのスープとサラダと基本的には同じようだ
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
それはさて置き、こちらが”キリスナランチ”に付いていたスープで、ご覧の通り何と無く中華料理のお店で出て来るような玉子スープに似ているのだが、スープ自体が若干まったりしたような味わいでこれが結構ウマい
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
そしてこちらも”キリスナランチ”に付いていたサラダで、その内容はと言うと千切りキャベツが主体で、その上にオレンジ色をした結構濃厚な味のドレッシングがたっぷりとかかっていて、こちらは何と無くアジアンテイストな雰囲気だが、それはそれで普通に美味しい
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
そんなこんなで先ず最初に運ばれて来たスープを飲み干してサラダを食べつつ待っていると、間も無くしてカレーやナン等が運ばれて来て全品揃ったのがこちらの”キリスナランチ”で、お値段は税込価格1050円也。一瞬消費税は8%では無く以前の5%のままで計算しているの?と思ってしまうような価格設定だ。
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
そしてこちらが”キリスナランチ”のプレーンナンで、当然の如く焼立ての超熱々で手で持っただけでも火傷しそうな程。で、折角なので先ずはカレーは浸けずにそのまま食べると、表面はオイル系の物が塗ってあるよう?で、そのまま食べてもメチャウマい!ちなみにこのナンはお替り自由で、しかもこのサイズが大きいと思った場合は小さいサイズでも焼いてくれると言う話だが、それでもやっぱり追加は止めておいた・・・。
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチインド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
それはさて置き、こちらが”キリスナランチ”のある意味メインとも言える”チキンカレー”で、カレーの種類は他に日替わりカレーが選べたのだが、久々の『パシュパティ』訪問と云う事もあり『伊保店』に食べに行った時と同様に今回も”チキンカレー”を選んだのだった。ちなみにカレーの辛さは何段階か選べたのだが、最初は普通で・・・と言ったら、辛口がオススメ・・・と言うので辛口に変更・・・。定番のインドカレーの味ではあるが、久々に食べた事もあってこれはこれで中々ウマい
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
で、この”チキンカレー”の中にはご覧のような結構大き目サイズの鶏肉がゴロッと入っていて、定番の味ながらこれまたウマい!ま、鶏肉自体の大きさや量を考えると以前に『松屋』で食べた”ごろごろ煮込みチキンカレー”の方がボリュームもあって食べ応えがあったような気はするが、こちらは本格的なインドカレーで煮込んだ鶏肉と言う事もあってか、味的にはこの鶏肉の方が美味しかったような気もする・・・。
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
そしてこちらは”キリスナランチ”に付いていた小皿の”チキンティッカ”と”レタス包み”で、こちらも以前に『伊保店』で食べた内容と全く同じで、”チキンティッカ”の方は少し辛いが中々ウマい!”レタス包み”の方は若干挽肉の存在感が薄く食べ応えが無かった気はしたが、それなりに美味しかったかな。
 
インド・ネパール料理パシュパティキリスナランチ
そしてこちらも”キリスナランチ”の選べるソフトドリンクの中からチョイスしたラッシーで、これまた以前に『パシュパティ本店』で飲んだ物と全く同じ味だが、こちらも普通に美味しかった
 
てな事で、2006年の春頃にロックタウン加古川が誕生した時は結構賑わっていたのだが、最近は何と無く閑散としていて私も滅多に行かなくなったのだが、その中に唯一(敷地内にある『ホリーズカフェ』はカフェって事で・・・)残っているレストランの店舗が今度は『インド・ネパール料理 パシュパティ』に変ったので、取り敢えず一度は食べておこうと思って今回初めて行ってみたのだった。とは言え、この場所でインド・ネパール料理ってのも何と無く長続き出来ないような気もするし・・・、個人的な希望としては何処かの人気ラーメンチェーン店になってくれたらなあ・・・と思うのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。