義史のB型ワールド

2018年1月31日

またまた明石に行ったのでお好み焼屋からリニューアルした”鉄板バルつくし”で”フォアグラ玉ねぎプリン”等を食べてみた!フォアグラはどんな料理でもメチャウマい!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
またまた明石へ行ったのでご主人様や昔の仕事仲間の知人とランチを御一緒した後、ちょっとした作業でご主人様の会社へ行く事に・・・。で、その作業は直ぐに終わると思っていたら意外と手間取って・・・と言うのか解決出来ず?取り敢えずこの日は解散となった。とは言え遥々と明石まで行ったので、このまま真っ直ぐに帰るのも寂しい・・・。と言う事で以前に明石へ来た時に”『老舗』お好み焼鉄板焼つくしの3号店が『鉄板バル』にリニューアルオープン”していて、メニューの中に”フォアグラ玉ねぎプリン”ってのがあったので今度来た時は絶対に食べよう!と決意していたので、昔の仕事仲間知人と一緒にそのお店に行ってみる事に・・・。
 
TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)
こちらが今回行って来た明石駅前から桜町方面へ向かう途中の明石銀座の北の端の方にある『Teppan BAR Tsukushi 鉄板バルつくし』と言うお店で、公式サイトの情報に寄ると”お好み焼つくしは、40周年を迎え開店から延べ130万名のご来店を頂きました。この節目の年に、明石の皆様に、よりお好み焼をおいしく楽しくいろんな味で楽しんで頂けるよう、洋風料理のテイストを加えたお好み焼をはじめ、鉄板料理の新たな試みの新業態を明石東店にてOPEN”との事。ちなみに『お好み焼 つくし』と言えばJR明石大久保駅の南側にもお店があって、そちらの店舗は私も何度か利用したのだが、流石に明石本店とか明石東店には行った事は無い・・・。
 
TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)
ちなみに店内はこんな感じで、各テーブルには中央に鉄板があるのでお好み焼き屋さんだと言う事は判るのだが、お店の壁の装飾品やら照明等を見ると、ちょっとお洒落なイタリアン風のお店でもある。で、入店したのが午後6時15分頃と言う事もあって、未だその時点ではお客さんの姿は余り無かったのだが、この後はあれよあれよと言う間に席が埋まって行き、気が付くと満席状態になっていた程の人気のお店のようだ。
 
TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)
それはさて置き、こちらがお店の前に置いてあったボードと店内に置いてあったメニューの表紙で、お店のオススメは洋風鉄板お好み焼とか洋風鉄板焼そば、それにトマトスープ&豆乳スープで食べるTEPPAN明石焼らしいのだが、私の一番関心があったのは最初に書いたようにボードの最初に書かれている前菜の”フォアグラ玉ねぎプリン”だ!
 
TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)
ちなみに折角なのでその他のメニューを一挙に紹介するとこんな感じで、取り敢えずは絶対に食べようと決めていたフォアグラ玉ねぎプリン”を速攻で注文した後、同じくフォアグラを使った”フォアグラとリンゴのバターソテー”とか、あるいはお店のオススメである洋風鉄板お好み焼と洋風鉄板焼そば等を適当に食べる事に決定!!!
 
TEPPAN BAR TSUKUSHI (鉄板バルつくし)
で、この日も最初は生ビールで乾杯したのだが、12月上旬と言えすっかり外は寒かったので、少しでも体を温めようと途中からワインに変更・・・。ま、個人的にワインは滅多に飲ま無いので、知人に適当に選んで貰って飲んだのだが、この後登場する料理がメチャ洋風テイストだった事もあって、結構ワインがマッチしていたかも・・・。
 
鉄板バルつくしお通し自家製ピクルス
それは兎も角として、先ず最初に運ばれて来たのは問答無用で付いて来たこちらの”お通し”で、パッと見た感じは通常メニューの中にある”自家製ピクルス”のようだ。ちなみにメニューの商品説明に寄ると”アクセントのある季節の野菜をピクルスに。アツアツの鉄板焼きの前に、舌をひんやり”との事。これを食べると何と無くカレーが食べたくなる程に中々美味しいピクルスだった。
 
鉄板バルつくしフォアグラ玉ねぎプリン
そしてその次に運ばれて来たのが、何と言っても一番食べたかったこちらの”フォアグラ玉ねぎプリン”で、お値段は390円也。確かに商品名通り、普通のプリンの上にフォアグラを乗せたようなシンプルな内容だ。ちなみに商品説明に寄ると”玉ねぎの甘みを生かした洋風茶碗蒸し。フォアグラを乗せてちょっとリッチ”との事。どうやら下のプリンっぽい部分は茶碗蒸しらしい・・・。
 
鉄板バルつくしフォアグラ玉ねぎプリン
で、早速この”フォアグラ玉ねぎプリン”を食べてみると、確かに茶碗蒸し風で玉子はトロトロだが何と無く洋風テイストな味でこれが中々ウマい。上に乗っているフォアグラもそのまま食べると基本的には何時もの味なのだが、これに茶碗蒸しの玉子を絡めて食べるフォアグラ脂の旨味に玉子のトロトロ感が相まってメチャウマい!この”フォアグラ玉ねぎプリン”だけで2個か3個食べたい程の美味しさだった!
 
鉄板バルつくしフォアグラとリンゴのバターソテー
それはさて置き、メニューの中のもう一品フォアグラを使った料理があったので、同じく最初に注文したのがこちらの”フォアグラとリンゴのバターソテー”で、お値段は480円也。ご覧の様にこちらも商品名通り、スキレット風の小さなフライパンの中にフォアグラリンゴが入っただけのシンプルな料理だ。これまた商品説明に寄ると”リンゴの甘み、フォアグラの旨味、バルサミコソースの酸味がミックスされてバランスが取れた美味しさ”との事。
 
鉄板バルつくしフォアグラとリンゴのバターソテー
ちなみにこちらが”フォアグラとリンゴのバターソテー”にトッピングされていたフォアグラで、個人的に何年か前にスーパーで買ったフォアグラを自分で焼いて食べようとしたら、あれよあれよと言う間に熱で脂が溶けて行ってフォアグラが縮んでしまった事があったのだが、流石にお店で提供されるフォアグラなので綺麗に焼いている・・・。
 
鉄板バルつくしフォアグラとリンゴのバターソテー
それはさて置き、こちらは二人で一つをシェアして食べたので、取り敢えず取り皿に一人分の”フォアグラとリンゴのバターソテー”を移してみたのがこちらで、流石に先に食べた”フォアグラ玉ねぎプリン”とは違い、フォアグラリンゴが絡み合う事は無いのだが、当然の如くそれぞれに異なった食感があってこちらもメチャウマいフォアグラが美味しいのは当然として、この焼きリンゴも結構ウマかったなあ・・・。
 
鉄板バルつくし愛媛産ポークジンジャーステーキー鉄板バルつくし愛媛産ポークジンジャーステーキー
そしてその次に運ばれて来たのが、メニューの中に何と無く私の大好きな”四日市とんてき”風の料理があったので、思わず注文したこちらの”愛媛産ポークジンジャーステーキー”で、お値段は580円也。ご覧の通りこちらも鉄板の中に入ってはいるが、所謂”トンテキ”だ!またまた商品説明に寄ると”愛媛県産肩ロースを相性のいいジンジャーソースで。牛肉のような柔らかさと甘みが特徴”との事。で、このジンジャーソースが結構濃厚で少し辛い気もしたが、期待通り中々美味しい”ポークステーキ”だったかな。
 
鉄板バルつくしポルチーニクリームソース鉄板バルつくしポルチーニクリームソース
そんなこんなで先ずは前菜風の料理を何品か食べた後、満を持して運ばれて来たのがお店の自慢の商品の一つである鉄板お好み焼のこちらの”ポルチーニクリームソース”で、お値段は680円也。確かこの時は”焼きそば”を食べようと言う話になって料理名だけで注文したら、実際に運ばれて来たのは”お好み焼き”だった・・・。ちなみに商品案内に寄ると”新ジャンルスープお好み焼き。ポルチーニの風味と玉ねぎの甘みが絶妙”との事。その名の通り”お好み焼き”が、たっぷりのスープに浸っていて何かちょっと不思議・・・。
 
鉄板バルつくしポルチーニクリームソース
それはさて置き、早速この”ポルチーニクリームソース”を取り皿に分けて食べてみると、生地がお好み焼と言うよりはオムレツ風フワフワトロトロとした玉子で、これに具材のベーコンや玉ねぎをスープと一緒に食べると意外な食感と味わいがあってメチャウマい!全くお好み焼きを食べていると言う感じでは無いが、確かにこれはこれでちょっと変わっていて中々美味しかった
 
鉄板バルつくし鯛のバター焼きジャポネーゼソース
そしてこちらは折角の明石にあるお店なので何か一つ明石名物を・・・と思って食べた”鯛のバター焼きジャポネーゼソース”で、お値段は580円也。メニューの説明を読むと”甘鯛をバターでカリッと焼き、ポン酢ベースの甘酸っぱいソースでどうぞ”と書いてあったのだが、ご覧の通りソースの色を見た感じではポン酢ベースのソースでは無いような・・・、でも味は確かに甘酸っぱいソースだし・・・。
 
鉄板バルつくし鯛のバター焼きジャポネーゼソース
で、こちらも取り皿に半分分けて取ったのがこちらの”鯛のバター焼きジャポネーゼソース”で、個人的にはフレンチレストラン等で”鯛のポワレ”は良く食べるので、何と無くそんな味を想像していたのだが、今回は甘鯛と言う事で私には少し癖を感じる味だ。更にジャポネーゼソースってのも結構濃厚な味だったしで、全体的に期待したような美味しさでは無かったかな。
 
鉄板バルつくしボロネーゼ鉄板バルつくしボロネーゼ
それはさて置き、このお店は鉄板バルと言えども本来はお好み焼店!って事で、やっぱ”焼きそば”も食べておかないと・・・と思って注文したのがこちらの”ボロネーゼ”で、お値段は780円也。パッと見た感じはスパゲティ屋さんとかで食べるイタリアンそのまんまだ。ちなみに商品説明に寄ると”ポロネーゼソースとクリームソースの組み合わせが濃厚な旨味を引出し、食べごたえ抜群!!”との事。
 
鉄板バルつくしボロネーゼ
そしてこちらがこれまた取り皿に分けて食べた”ボロネーゼ”で、見た目は完全にイタスパなのだがどうやら麺はパスタでは無くそばを使っているらしい・・・。が、実際に食べても完全にイタスパだ!ま、パスタもそばも原料が小麦粉なので、ケチャップソースを絡めてしまえば違いは無い・・・と言う気もするが、何かちょっと不思議な気がしたが、味的には中々美味しかった
 
鉄板バルつくし鉄板ポテトサラダ
そんなこんなで、このお店の食べてみたい料理は一通り食べたのでお腹的には満足したのだが、未だちょっと飲み足り無い気がしたので、そのつまみとして最後に注文したのがこちらの”鉄板ポテトサラダ”で、お値段は490円也。これまたスキレットの中にベーコンや温泉玉子が入ったポテトサラダと言うシンプルな一品だ。これまた商品説明に寄ると”鉄板で作ったポテトサラダ。出来立てを熱々のままどうぞ”との事。流石にこの時は少し酔っ払っていたし、喋る方に熱が入っていたのでじっくりと味わうと言う事は無かったのだが、普通に美味しいポテトサラダだったとは思う・・・。
 
てな事で、またまた明石まで行ったのでその帰り際に昔の仕事仲間の知人と一緒に、明石駅前に11月上旬にリニューアルオープンしたばかりの『Teppan BAR Tsukushi 鉄板バルつくし』に行って、今度明石に来た時は絶対に食べて帰ろうと思っていた”フォアグラ玉ねぎプリン”を筆頭に”フォアグラとリンゴのバターソテー”とかあるいは”洋風鉄板お好み焼&洋風鉄板焼そば”等を食べたのだが、私の大好きな”フォアグラ”を使った料理は当然として、その他の料理も基本的にはどれも美味しかった!そんな事もあって、また明石へ行った時は”フォアグラ玉ねぎプリン”と、この日は未食の”トマトスープ&豆乳スープで食べるTEPPAN明石焼”等を食べに行ってみたいと思う・・・。
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。