義史のB型ワールド

2018年1月24日

毎度お馴染みの”スシロー”でちょっと楽しげな”オマール海老サラダ”とか”たこぼっち”とか”うなぎカマンベール”等を食べてみた!確かに商品名通りの寿司だった・・・。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎月の如く各回転寿司チェーンをローテーションしつつ食べ廻っていて、今年になってからも早速『くら寿司』や『スシロー』に食べに行ったばかりなのだが、例に寄って今日紹介するのは12月上旬頃に『スシロー』へ行った時のお話・・・。とは言え、流石にネタ的にタイミングを逸しているような気もするので、今回も?簡単にご紹介!
 
あきんど スシロー/高砂店
こちらがまたまた行って来た毎度お馴染みの回転寿司チェーン『あきんど スシロー/高砂店』で、今回もまたまたのディナータイムの訪問で、しかも時間も午後5時半頃と結構早目の時間帯だったのだが、それでも既に先客万来で賑わっていた。
 
スシローオマール海老サラダ
それはさて置き、先ず最初に注文して食べたのがこちらの”オマール海老サラダ”で、お値段は税抜価格100円也。値段が値段なのである程度予想していた通り、私の食べたいような”爪のあるオマール海老”では無く、殻から外した身を使っただけの寿司だ。ちなみに商品説明に寄ると”カナダ・セントローレンス湾内でとれた、ぶりっと締まった食感が特徴のオマール海老を使用したメニュー。海老は中でも鮮度の良いものを厳選し、生きたままでボイルしている。さらに、ランプフィッシュキャビアをトッピングして仕上げた”らしい・・・。
 
スシローオマール海老サラダ
で、先に紹介した”オマール海老サラダ”の写真では肝心の”オマール海老”の姿が良く判らないので、タルタルソース?を退けて身を見るとこんな感じで、ご覧の通りパッと見ただけでは普通の海老か、あるいは蟹の身にも見えなくは無いが、”オマール海老”だと思って食べると何と無くそんな味わいがあって、これはこれで中々美味しかった
 
スシローローストビーフテリーヌのせ
そしてその次に注文したのがこちらの”ローストビーフ テリーヌのせ”で、お値段は税抜価格100円也。雰囲気的には以前食べた”国産黒毛和牛ロッシーニ風”に似ているのだが、あちらは税抜価格280円に対して今回は100円なので、その差は歴然・・・。てか上に乗っているテリーヌは今回もやっぱりマーガリンっぽい味だったような・・・。
 
スシロー桜肉のロースト
そしてこちらはその後に廻って来た”桜肉のロースト”で、お値段は税抜価格100円也。”桜肉”と言えばご存じの通り馬の肉で、偶に書いている様に新入社員1年目の時に熊本南阿蘇へ出張した際の接待で馬刺しをご馳走になって以来、馬の肉も結構好きになったので思わず注文したのだが、パッと見た感じ以前に『旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ』で食べた”馬刺しの握り”とか『廻転寿司 力丸』で食べた”桜肉(馬刺し)”とは違い、ローストなので瑞々しさの無いパサパサとした感じの”桜肉”だ。ま、値段が全然違うので単純比較は出来ないが、ちょっと期待外れだったかも・・・。
 
スシローたこぼっち(水たこ昆布〆)
そしてその次に廻って来たのがこちらの”たこぼっち(水たこ昆布〆)”で、お値段は税抜価格100円也。個人的に蛸が好きなのと、商品名が楽しそうだったので思わず注文したのだが、パッと見た感じは普通の茹でた蛸の握り寿司に見える・・・。ちなみに商品名に寄ると”たこの名産地北海道でとれた水たこの頭を、北海道産の上質な昆布でしめました。やわらかくてなめらかな、他ではなかなか味わえないうまさをぜひ!”との事で、どうやら蛸の足では無く頭の身らしい・・・。ま、実際に食べた時はそんな事も知らないままに食べたので、極々普通に蛸の寿司だったような・・・。
 
スシローうなぎカマンベール
それはさて置き、こちらもちょっと商品名が楽しそうだったので思わず注文した”うなぎカマンベール”で、お値段は税抜価格180円也。ご覧の通り”うなぎ”の身の上にチーズが乗っただけのメチャシンプルな内容で、商品説明もそのまんま”ふっくら香ばしいうなぎにカマンベールチーズを合わせました。一度たべたらクセになる組み合わせです!”との事。確かに普段食べる”うなぎ”の寿司とは違う洋風テイストな味わいがあって、これはこれで意外と美味しかったかな
 
スシロー濃厚えび味噌ワンタンメン
そんなこんなで一通り寿司を食べた後、締めで麺類を食べてから帰ろうと思いつつタッチパネルを見ていたら、何と無く食べた記憶の無いラーメンがあったので、思わず注文したのがこちらの”濃厚えび味噌ワンタンメン”で、お値段は税抜価格330円也。雰囲気的には以前から通常メニューの中にあった”濃厚えび味噌ラーメン”の具の海老の身が海老ワンタンに変っただけのような印象・・・。
 
スシロー濃厚えび味噌ワンタンメンスシロー濃厚えび味噌ワンタンメン
そしてこちらが”濃厚えび味噌ワンタンメン”の中に入っていた海老ワンタンで、以前食べた”濃厚えび味噌ラーメン”に入っていた海老の身の大きさと比べるとかなり小さい印象ながら、ワンタンのつるっとした食感と海老の身のプリプリした食感が合わさって、これはこれで中々美味しい海老ワンタンだったかな。
 
スシロー濃厚えび味噌ワンタンメン
ちなみに”濃厚えび味噌ワンタンメン”の麺はこんな感じの若干平打ちっぽい中太ちぢれ麺で、雰囲気的には”スシローのラーメン”シリーズ定番の麺と同じようで、最近はこの味にも馴染んで来たからか普通に美味しい麺であった。
 
てな事で、毎度お馴染みの『スシロー』で今回はちょっと変わった商品名の寿司やら”濃厚えび味噌ワンタンメン”を食べてみたのだが、思った程のインパクトは無かった物の普段食べる寿司とは違う味わいがあって、これはこれで中々楽しかったかな。それはさて置き、今年になってからもちょっと豪華な”本鮪・かに・うに豪華7貫盛り”とか”茹で本ずわい蟹”等を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.