義史のB型ワールド

2018年1月8日

毎度お馴染みの”はま寿司”が冬旬づくしととろ三昧フェアをやっていたので”ふかひれあんの茶碗蒸し”とか”東村山黒やきそば”を食べてみた!やきそばはレンジでチン?

Filed under: — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
此処最近、毎月の如く各回転寿司チェーンをローテーションしつつ食べ廻っていて、今年になってからも早速『くら寿司』や『スシロー』に食べに行ったばかりなのだが、例に寄って今日紹介するのは11月上旬頃に『はま寿司』へ行った時のお話・・・。とは言え、流石にネタ的にタイミングを逸しているような気もするので、今回も?簡単にご紹介!
 
はま寿司/加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『すき家』の親会社で有名なゼンショーグループ系列の『回転寿司チェーン はま寿司/加古川平岡店』で、この日も正午前の少し早目の時間帯の訪問だったのだが、既に奥のテーブル席は言うに及ばず手前のカウンター席も飛び飛びで埋まっている程で、更に食事を終えて帰る頃には入口付近で空席待ちの客で溢れる位・・・。回転寿司チェーンとしては、どちらかと言うと新しい方なのだが、この勢いで行くとトップ3に入る日は近い(あるいはもう3位ぐらいか?)。
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧フェアメニュー
そしてこちらがこの時に『はま寿司』で開催されていた”冬旬づくしととろ三昧”のフェアメニューで、何やら”とろ三昧”と”冬旬づくし”の二つが合体したような内容なのだが、”とろ三昧”と言っても私の大好物である”本まぐろ大とろ”は無かったので、取り敢えず”冬旬づくしととろ三昧”の中から”本ずわいがに握り”を食べる事にし、後は適当にその都度注文して食べる事に決定!!!
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧本ずわいがに握り
で、先ず最初に廻って来たのがこちらの”本ずわいがに握り”で、お値段は通常税抜価格150円也。例に寄ってこの写真だけでは大きさが伝わり難いのだが、値段が少し高い分、他の回転寿司チェーンで食べる”本ずわいがにの握り”よりも少し大き目サイズで、そんな事もあってか蟹の身自体にも何と無くジューシーさがあって中々ウマかった
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧イタリア産炙り豚とろ柚子胡椒
そしてその次に廻って来たのがこちらの”イタリア産炙り豚とろ柚子胡椒”で、お値段は通常税抜価格100円なのだが、この日は平日割で90円也。イタリア産の豚?と言う処に思わず心惹かれて注文したのだが、柚子胡椒の淡白?あっさり?系の味で、私の口にはちょっと物足りない味だったような・・・。
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧ふかひれあんの茶碗蒸し
そんなこんなで寿司を二皿食べた後で運ばれて来たのがこちらの”ふかひれあんの茶碗蒸し”で、お値段は通常税抜価格250円也。商品名の通り、普通の茶碗蒸し?の上に”ふかひれあん”をかけただけのシンプルな内容で、流石に値段が値段だし回転寿司屋で食べる料理なので小さな”ふかひれ”の姿も無いが、定番通りの”ふかひれあん”の味で中々ウマい!
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧ふかひれあんの茶碗蒸しはま寿司冬旬づくしととろ三昧ふかひれあんの茶碗蒸し
ちなみに”ふかひれあんの茶碗蒸し”の中身はこんな感じで、ご覧の通り他の回転寿司チェーンで食べる茶碗蒸しと比べても、鶏肉や大きな海老の剥き身等が入っていて値段の割には具沢山!”ふかひれあん”が、かかっているのかどうかは別として茶碗蒸し単体としても中々美味しかった
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧たっぷりかにみそ
それともう一品、最初に頼んだのがこちらのたっぷりかにみそ”で、お値段はこちらも平日割で税抜価格90円也。パッと見た感じは以前に『もりもり寿し』で食べた”かに味噌”と同じように、まさに商品名通りたっぷりと”かにみそ”がトッピングされているのだが、味的には若干物足りない・・・。やっぱ『もりもり寿し』の”かに味噌”方がワンランクかツーランク上の美味しさがあったかな
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧東村山黒やきそば
それはさて置き、一通り食べてみたい寿司を堪能した後、フェアメニューの中に”東京都東村山市のご当地グルメ”と書いてあったので、思わず注文したのがこちらの”東村山黒やきそば”(マヨなし)で、お値段は通常税抜価格280円也。商品案内に寄ると”株式会社ポールスタアのオリジナルソースである「イカ墨」と鹿児島県産「黒酒」を使用したコクのある「東村山黒焼きそばソース」で味付けした焼きそば。国産キャベツ、国産人参、豚肉を具材とし、麺はスパイシーなソースがよく絡むようもちもちとしたコシのある太麺を選びました。また、シャキシャキの青ネギのトッピングが食感のアクセントになっています”との事。ちなみにマヨネーズがかかったバージョンもあったのだが、私はマヨラーでは無いし純粋に”黒やきそば”を味わう為にマヨなしを選んだのだった。
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧東村山黒やきそばマヨなし
で、早速この”東村山黒やきそば”を食べてみると・・・、ん?これって日頃私が家で良く食べる?冷凍焼きそばレンジでチンしたのとメチャ同じ食感・・・。そう言えば以前にこのお店で食べた”昔懐かしナポリタン”も何と無く作り置きと言うのかそんな感じだったし・・・。ま、回転寿司チェーン店で”やきそば”を食べる事自体が間違っているのかも知れないが、何かちょっと寂しい味だった・・・。
 
はま寿司冬旬づくしととろ三昧蒲焼きさんまの押し寿司
そんなこんなで気分がちょっと萎えたので、そろそろ帰ろうかと思ったら、何と無く以前に『すき家』で食べた”さんま蒲焼き丼”に似たような商品名の寿司があったので、思わず注文したのがこちらの”蒲焼きさんまの押し寿司”で、お値段はこちらも平日割で税抜価格90円也。で、ご覧の通り確かに秋刀魚を蒲焼にした感じのネタの寿司なのだが、少し前に『くら寿司』で食べた”サーモン蒲焼一貫”と同じように、思った程の蒲焼感は無かったかな。
 
てな事で、毎度お馴染みの『はま寿司』が”冬旬づくしととろ三昧”フェアをやっていたので”ふかひれあんの茶碗蒸し”とか”東村山黒やきそば”を食べてみたのだが、”本ずわいがに握り”とか”ふかひれあんの茶碗蒸し”はそこそこ美味しかったが、”東村山黒やきそば”は完全にレンジでチンした冷凍麺だったし”蒲焼きさんまの押し寿司”も期待した程の蒲焼感が無かったしなあ・・・。この『はま寿司』はブログネタになりそうな商品は次々と登場させてくれるのだが、何か内容や味が伴って無いような・・・。そんな事もあって『くら寿司』とか『スシロー』とは違い、この後は今日まで未だ一度も食べに行っていない・・・。”かにラーメン”を復活させてくれたら速攻で食べに行くのに・・・。

WordPress.com Blog.