義史のB型ワールド

2018年1月5日

毎度お馴染みの”なか卯”で今シーズンも登場した”牡蠣とじ丼”を食べてみた!大きなインパクトは無いが、衣はサクサク、こだわり卵はトロトロで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:18 午後
 
代理人記録
 
相も変わらず偶に食べに行っている各牛丼チェーン店であるが、その中の一つに元々は大阪が発祥ながら今は『すき家』と同じグループになってしまった『なか卯』がある。個人的には『吉野家』が関西一帯に蔓延る以前の、誰がどう見ても『吉野家』のパチモンにしか見えなかったオレンジ色の店舗の頃から食べている愛着のある牛丼チェーン店なので、応援の意味も兼ねて今でも時々食べに行っている(此処までは前回の記事をほぼコピペ・・・)。そんな『なか卯』から”昨年大変ご好評いただいた”と言う”牡蠣とじ丼”が今シーズンも登場したので、ブログネタとしては若干面白味に欠けると思いつつも、またまた食べに行ってみた。
 
丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た『丼ぶりと京風うどんのなか卯/加古川店』で、流石に改めて書く内容も無いので以前の紹介文からコピペすると、個人的には『なか卯』が完全に『吉野家』のパチモンみたいな”安い・美味い・早い”と言う看板を掲げたオレンジ色の店舗だった頃(ただし、この『加古川店』は誕生した時から新型店舗だったのでオレンジ色だった時は無い)から食べに行っている愛着のある牛丼チェーン店なのだが、『すき家』率いるゼンショーの傘下になって以来、何か存在感も薄れてしまった様な気がする・・・。
 
なか卯牡蠣(かき)とじ丼のメニュー
そしてこちらが今シーズンも登場した”なか卯の牡蠣とじ丼”のメニューで、『なか卯』の案内に寄ると”定番の親子丼・カツ丼など、こだわり卵を使ったなか卯でしか味わえない「卵とじ丼」シリーズの商品”との事。そう言えば昨年登場した”カニとじ丼”もこのシリーズの商品だし、最近は”うな重”に”親子丼”の具をトッピングしたような”うな玉親子重”ってもあったので、余程この”卵とじ丼”シリーズを売りにしたいのだろうか・・・。
 
なか卯牡蠣(かき)とじ丼
それはさて置き、こちらが実際に食べた今シーズンの”牡蠣とじ丼”で、お値段は税込価格690円也。ちょっとした定食並の値段なのだが、味噌汁等は一切付いて無くて丼単品でこのお値段は若干割高感があるような・・・。ちなみに商品説明に寄ると”ビタミンB12や亜鉛などのミネラル類を多く含んだ、広島県産の大粒の牡蠣フライ3個を、なか卯自慢のだしと、こだわり卵でふわとろに仕上げました。ご注文ごとに揚げたての牡蠣フライを1食ずつ卵でとじるという、なか卯のこだわり溢れる逸品”との事。で、当然の如く”牡蠣フライ”も揚げ立てな上、卵とじも熱々で中々ウマい
 
なか卯牡蠣(かき)とじ丼
ちなみに”牡蠣フライ”自体は若干小粒であるが、しっかりとした風味があってこれまたウマい!またまた商品説明を読むと”牡蠣は、旨味をたくわえた一番おいしい時期に水揚げされたものを使用し、注文が入ってから揚げることで、衣のサクサクとした食感と、磯の香りや、口の中に広がる旨みをお楽しみいただけます”との事。やっぱ揚げ立ては美味しいよなあ・・・って事が判っているのであれば”唐揚げ”も揚げ置きでは無くその場で揚げて欲しい気もするが・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『なか卯』から今シーズンも”牡蠣とじ丼”が登場したので試しに食べてみたのだが、基本的には昨シーズン登場した時の内容と全く同じで特にインパクトは無いが普通に美味しい”牡蠣とじ丼”だったかな。それはさて置き、この後も『なか卯』から怒濤の如く新商品が登場したので、”ローストビーフ重”とか”牛たん重”とか”牛とじ丼”等を食べに行ってしまったのだが、その話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.