義史のB型ワールド

2017年12月21日

今年の”たかさご万灯祭2017”の二日目に”焼きあなご”や”そば屋のラーメン”や”ソースかつ丼”等を食べてみた!どれもシンプルな内容だがメチャウマい!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く今年の”たかさご万灯祭”のお話・・・。初日は結構駆け足での町内散策になったので若干観て廻れなかった部分があったのと、例に寄って他にも食べてみたい食べ物ブースがあったので翌日も”たかさご万灯祭”の見物に出掛けて行った。で、先ず最初に行ったサンモールのステージ前で甥っ子ファミリーに出会ったので、その後に高砂銀座商店街に出店しているお店で何か食べる事になった。
 
たかさご万灯祭2017焼きあなご
で、サンモールから高砂銀座商店街へ向かっていると、その手前にある高砂センター街の入口近くに毎週火曜日と土曜日の二日間だけ午前中に売りに来るお店が開いていた。そう言えば昨年の高砂神社秋祭りの日にこのお店で”焼きあなご”を食べたらメチャ美味しかったので、今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
たかさご万灯祭2017焼きあなご
こちらが実際に買って食べた”焼きあなご”で、3人分で3匹買ったのだが食べ易いようにと最初からカットして貰った。で、当然の如く焼立て熱々で身も柔らかくふっくらとして、タレも定番の甘辛い味で期待通りにメチャウマい!前日食べた『下村商店』の”あなご丼”とか”あなごの天ぷら”とは全然違う味わいながら、このお店の”焼きあなご”は流石に焼き立て熱々と言う事もあってメチャウマだった!
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
で、高砂銀座商店街に到着後、先ず最初に目に留まったのが月一回開催されている”朝ごぱん市”や夏に行われていた”コミセン祭り”等ですっかりお馴染みとなった『そば居酒屋 千尋』が、この日も”そば屋のラーメン”を販売しているのを発見!!!確かこのお店が”朝ごぱん市”に初めて出店した頃は当然の如く蕎麦を販売していたのだが、何時からかラーメンに変えたらそれが人気だったからなのか最近はずっとラーメンを販売している・・・。それはさて置き、この日は前日と変わってメチャ寒かったので、先ずはこの”そば屋のラーメン”を食べて体を温める事にした。
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
そしてこちらが実際に買って食べた”そば屋のラーメン”で基本的には以前に”朝ごぱん市”で食べた”そば屋の朝ラーメン”と全く同じ内容で、雰囲気的には夜泣き販売の屋台のラーメン風・・・と言うのか一昔前のドライブインや高速道路のサービスエリア等で食べたような懐かしいスープで、専門店で食べる味とは全然異なるのだが、これが中々ウマい!
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
で、こちらは”そば屋のラーメン”にトッピングされていたチャーシュー・・・と言うのか”そば”のトッピングでも使っているような豚肉を煮込んだような物だが、こちらもしっかりとした味わいがあって中々ウマい!他のお店では食べれ無いこの組合せが結構良いアクセントになっているのかも・・・。
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
ちなみに”そば屋のラーメン”はこんな感じの麺で、いわゆる業務用・・・あるいはスーパー等で市販されている極々一般的な中華麺だった。
 
それはさて置き、この後は甥っ子ファミリーと別れ前日観て廻れなかった処を何ヵ所か散策した後、未だ何と無く食べ足り無い感じだったので、何か買って帰って家で食べようと思い再び高砂銀座商店街へ戻って来た。
 
たかさご万灯祭2017あかつきたかさご万灯祭2017あかつき
で、何を買って帰ろうかとあちらこちらを見て廻った後、一番気になったのが前日”ビフカツサンド”を販売していたこちらの『あかつき』と言うブースで、お店の張り紙を見てちょっと気になったので、お店の場所を見ると個人的に良く食べに行っていたあの姫路琴丘にあった『希望軒ラーメン本店』発祥の店舗跡地で、最近も『中華そば 萬丸/姫路西店』とか『背脂中華そば専門店 麺醤屋』とお店が変わる度に食べに行っていた場所に、半年位前に誕生したお店で、『博多一風堂/姫路店』へ食べに行った帰り道にお店の前を通るので以前から一度食べてみたいと思っていたお店でもある。
 
たかさご万灯祭2017あかつきソースかつ丼
ちなみにこちらはお店のブースで、この日は”ビフカツサンド”では無くお店の看板商品の一つである”ソースかつ丼”を販売しているとの事。が、とんかつ自体は沢山揚げて用意してある物の、肝心のご飯が売り切れてしまって?今炊いている途中・・・と言う事で10分程してから戻って来て・・・と言うような状況だった。
 
たかさご万灯祭2017あかつきソースかつ丼
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”ソースかつ丼”で、当ブログで偶に書いている様に”福井ソースカツ丼”では無く千切りキャベツを敷いた、どちらかと言うとこの界隈では良くある例えば”かつやのソースカツ丼”とか有名な”駒ヶ根ソースカツ丼”のタイプに近い。で、とんかつ自体は揚げて置いてあったのと買った後直ぐに食べずに持って帰って食べたので、熱々では無いのだが特製ソースが割と甘口の私好みの味で、これまた結構ウマい
 
たかさご万灯祭2017あかつきソースかつ丼
ちなみに”ソースかつ丼”の”とんかつ”の断面を見るとこんな感じで、豚肉自体の厚みは平均的ではあるが大きさは結構あり、冷めてはいるが中々ジューシーで”とんかつ”自体も中々ウマい!これは一度、姫路琴丘にある実店舗に食べに行かなければ!と思わせる味だった。
 
たかさご万灯祭2017魚亭やつか穴子の箱寿司
最後に・・・先に”ソースかつ丼”を買った後、商店街を抜けて帰ろうとすると『魚亭やつか』のブースが全品半額セールをやっていたので、翌日の朝飯か昼飯ぐらいに丁度良いか・・・と考え思わず買ってしまったのがこちらの”穴子の箱寿司”で、最近はこの手お箱寿司を食べる機会は減ったのだが、幼き頃は寿司と言えば巻き寿司か箱寿司しか食べて無かった事もあって、そんな懐かしさも加わってかメチャ美味しかったかな。
 
てな事で、”たかさご万灯祭”の二日目に高砂名物とも言える”焼きあなご”を筆頭に、高砂とは全く関係の無さそうな”そば屋のラーメン”と”ソースかつ丼”を食べてみたのだが、どれもシンプルな内容ながら中々美味しかった!特に『あかつき』と言うお店には以前から食べに行ってみたいと思っていたので、今度姫路に行く機会が有ればちょっとお店に寄ってみたいと思うのであった!

2017年12月20日

今年で11年目を迎えた”たかさご万灯祭2017”の様子を駆け足で御紹介!駅前やサンモール等の会場が無くなって少し寂しいが例年通り楽しいイベントだった!

Filed under: 祭り — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
平成18年に開催された”高砂みなと堀川まつり”が結構評判が良かったとかで、翌年から毎年開催されるようになった”たかさご万灯祭”も今年で11年目を迎えた!で、当ブログでも簡単ながら第一回目から欠かさずに紹介して来たのだが、先にも書いたように今年は台風の影響で11月初旬に延期になったり、また山電高砂駅前のステージやリアルビアガーデンが無かったりと若干今までと少し違った印象・・・。それ以上に今年は某所で二胡の演奏を聴いたりしたので、その後に駆け足での町内散策になったので、此処でも駆け足並に簡単にご紹介!
 
たかさご万灯祭2017
先ずはご主人様が撮影した写真の中から高砂神社の境内に飾られていたオブジェの様子から・・・。この傘は少し前に観に行った高砂の花火大会”Night Fantasy Illusion 2017”の会場にあった物と良く似ている?ような・・・。ちなみに、ご主人様から貰った写真をもっと沢山紹介しようと思ったのだが、意外と枚数が無かったので・・・。
 
たかさご万灯祭2017
そしてこちらは以前にご主人様の会社で働いていた友人出演したステージの様子なのだが、何やら余りオープンにしたく無いと言う話なので、取り敢えず参考写真程度に・・・。
 
たかさご万灯祭2017
で、そのステージを見た後、先ず最初に向かったのは”たかさご万灯祭”の日だけ特別に公開されているこちらの三菱魚町倶楽部。この後、高砂神社方面へ向かう途中に三連蔵の前も通ったのだが、今年は写真を撮らなかったので割愛・・・。
 
たかさご万灯祭2017
そしてその次にやって来たのがこちらの堀川水の灯り会場で、こちらも例年通り翌日開催?のヨットレースに参加するヨットが停泊していた。更にその向い側には昨年同様の”「結びの灯り」の大きなハート”もあったのだが、その写真も割愛・・・。
 
たかさご万灯祭2017
で、その堀川を更に南の方へ行った先にあるのが”たかさご万灯祭”のある意味メインの会場とも言えそうな高砂神社で、これまた何時もの如く余り誰も行かない鳥居の南側から写真をパチリ!それにしても秋祭りの日の鳥居の下とはうって変った静けさだ・・・。
 
たかさご万灯祭2017
それはさて置き、高砂神社境内には沢山灯りのオブジェ等が並んでいるのだが、やはり一番の見所は本殿西側のエリアにあるこれまた最近定番となった”「播州赤穂義堤団」の皆様による竹灯りや義士あんどん”。そう言えば今年も赤穂義士祭へは行けなかった・・・。
 
たかさご万灯祭2017
ちなみに折角なので、カラフルな義士あんどんの写真も序でにご紹介・・・。で、他にも相生の松とか能舞台の写真等も沢山撮ったのだが、それらも以前に紹介した事があるので今回は割愛・・・。
 
たかさご万灯祭2017
で、高砂神社境内の見て廻った後、”たかさご万灯祭”のもう一つのメイン会場であるカネカ社宅前広場の会場へ向かう途中で立ち寄ったのがこちらの十輪寺で、本来であればこの境内で高砂高校ジャズバンドの演奏が行われる予定だったのだが、11月に延期になった事で、残念ながら不参加になったらしい・・・。
 
たかさご万灯祭2017
ちなみにこちらはその十輪寺の直ぐ近くの、以前は”たかさご万灯祭”でも人気のスポットだった”梅が枝湯”なのだが、最近は直ぐそば飲食ブースの屋台や露店が並ぶ高砂楽市が開催されている事もあって、静かに観るような雰囲気は無くなってしまったような・・・。ま、この”梅が枝湯”はライトアップの無い昼間に観ても十分満足の行く昭和テイストな建物だと思うが・・・。
 
たかさご万灯祭2017
で、この後高砂小学校と中学校の間にある”行燈の路”を通り抜けて辿り着いたのが、こちらのカネカ社宅前広場で、ご覧の通りこちらにも大きなステージがあって舞台上では次々とジャズの演奏が行われていた。ちなみに数年前に一度だけあった”なばなの里”の風景だった空き地には既にソーラーパネルの付いた社宅が立ち並んでいるので、もう二度とあの幻想的な光景を見る事は出来ない・・・。
 
たかさご万灯祭2017
それはさて置き、このカネカ社宅前広場の一番の見所と言えばこちらの”出汐館”で、今年もステージから少し離れていたのとBANBAN-TVの中継所も無かったので、この前は数年前のような静けさがあったような・・・。てか、見物客も少なかったような気も・・・。
 
たかさご万灯祭2017
そしてこのカネカ社宅前広場には昨年まで夢の灯り会場の高砂公園に展示されていたような感じの灯りのオブジェクトも飾られていた・・・。
 
たかさご万灯祭2017
その中でも一番印象深かった?のは、数年前に行った長島温泉の”なばなの里”にあった様な光のトンネルが・・・。と言っても全長約5m程なので、”なばなの里”にあった光のトンネルとは比べものにはならないが、それでも結構人気があったような・・・。
 
たかさご万灯祭2017
そんなこんなで町内を散策後、再び高砂銀座商店街へ戻って来たらご覧のような人だかり・・・。そんな中ふと通りにある古民家を見るとメチャ懐かしい雰囲気だったので、その家の様子を撮ってみた。ま、高砂町内には未だ未だこんな感じの家が多数残っては居るのだが・・・。
 
たかさご万灯祭2017
で、その高砂銀座商店街の中にある古民家観光施設?や『茶そば・穴子 そらまめ』がある『高砂や』の前を行くと、そこではBANBANラジオの公開生放送をやっていて、DJブースには一時期良く聞いていたKISS-FMでお馴染みのターザン山下さんの御姿が・・・。そう言えばこの人のラジオを聴いた影響で”ターメン白 ~超ワンタン~”とか”ネバーえきそば ~夏をあきらめないで~”等を食べに行った事もあるのだが、何かちょっと遠い昔の話の気もする・・・。
 
たかさご万灯祭2017
最後に・・・、こちらは”たかさご万灯祭”の二日目にサンモールの中央広場でライブをやっていた当ブログでは結構お馴染みの・・・彼。で、この途中に飛び入り参加した一般観覧客の高砂高校ジャズクラブの一員とか言う彼は、中々達者だった・・・と現場でも褒めてあげたのだが、此処でも褒めておこう・・・。
 
てな事で、今年で11年目を迎えた”たかさご万灯祭”は台風で延期になったり多少規模が縮小されたり色々あったが、個人的には何時もと違う出来事が沢山あって今年も楽しかった!当然来年もまた”たかさご万灯祭”は開催されると思うが出来る事であれば駅前のステージやリアルビアガーデンを復活させて欲しい・・・。

2017年12月19日

今年の”たかさご万灯祭2017”は先ずは”下村商店のあなご丼”と”高砂名物のにくてん”からスタート!どちらも食べ慣れた味だがメチャウマい!

Filed under: 麺類と粉もん,正真正銘B級グルメ, — 代理人 @ 9:11 PM
 
代理人記録
 
今年で11年目の開催となる”たかさご万灯祭”は当初は9月の中旬頃の開催予定だったのだが、台風の影響もあって11月の上旬に延期となった。そんな事もあって若干規模が縮小されたり当初出演予定だった高砂高校ジャズバンド等も調整が出来なかったのか不参加だった。が、それとは関係無く以前にご主人様の会社で働いていた友人が某所に出演すると言うので、ご主人様と若い衆が珍しく”たかさご万灯祭”にやって来たので先ずは恒例の『下村商店』の”あなご丼”でおもてなしをする事にした。
 
たかさご万灯祭2017下村商店
こちらが今年も”あなご丼”を買いに行った『焼きあなご専門店 高砂下村商店』で、言わずと知れた高砂の超有名店だ。今では高砂から明石にかけて、あちらこちらで”下村の焼穴子”の看板を見掛けるが、この高砂店こそがその本家なのだ。で、以前は一子相伝の味・・・と言う事で、この高砂店だけが本当の”下村の焼穴子”の味・・・と言われてたのだが、今は何処のお店でも結構美味しいような気もするが・・・。
 
たかさご万灯祭2017下村商店あなご丼
そしてこちらが『下村商店』の”あなご丼”で、此処数年毎年食べていて当ブログでも何度か紹介した事があるのだが、ご覧の様に炊き込みご飯の上に『下村商店』ご自慢の”焼きあなご”が乗ったシンプルな内容で”焼きあなご”自体に味が付いている事もあってタレ等は掛かって無いのだが、流石にご自慢の味と言う事もあってメチャウマいご主人様にも大満足していただけた逸品であった。
 
たかさご万灯祭2017下村商店あなごの天ぷら
それともう一つ、こちらも『下村商店』で買った、これまた此処数年毎年買って食べている”あなごの天ぷら”で、以前にも紹介したように天ぷら専門店等で食べる”穴子の天麩羅”とは違い、お店ご自慢の焼穴子に衣を付けて揚げた一風変わった天ぷらだ。で、残念ながらこちらは揚げ置きされていたので冷めていたのが残念だが、こちらも秘伝のタレの味が浸みていてメチャ美味しいあなごの天ぷら”であった!
 
たかさご万灯祭2017高砂にくてん
で、取り敢えず”あなご丼”と”あなごの天ぷら”を食べたのだが、どちらも量は少な目だったので当然未だ食べ足り無い・・・。って事で高砂銀座商店街の西側の旧国鉄高砂駅跡地の広場にある高砂楽市と言う飲食ブースに行って、今度は高砂名物の”高砂にくてん”を食べる事にした。
 
たかさご万灯祭2017高砂にくてん
こちらがこの時に実際に買って食べた”高砂にくてん”で、10年位前に”たかさご万灯祭”が始まった頃は毎年この”高砂にくてん”を買って食べていたのだが、最近は他に色んなお店が出店するようになったのと、先に紹介した”あなご丼”や”浜名湖鰻入り蒸しおにぎり”を食べるようになったので、”たかさご万灯祭”で”高砂にくてん”を食べるのは久々だ。とは言え、この夏も”祇園さん”とか”コミセン祭り”で何度か買って食べたばかりではあるが・・・。
 
たかさご万灯祭2017高砂にくてん
それはさて置き、最近は”高砂にくてん”の印象を強調する為なのか、以前よりもジャガイモの存在感が大きくなって来た気がするが、これまた食べ慣れた味ではあるがメチャウマい!幼い頃は家で食べていたので外で食べた記憶は全然無いのだが、最近はこれを食べると祭りだなあ・・・と言う思いが沸いて来る・・・。
 
てな事で、今年の”たかさご万灯祭”にご主人様達がやって来たので、先ずは高砂名物とも言える”あなご丼”と”高砂にくてん”等を食べたのだが、どれもシンプルな内容ながらメチャ美味しかった!そしてこの後は近くの寺へ行って二胡の演奏を聴いたり、高砂神社周辺を散策して廻ったのだが、その話はまた後程・・・。

2017年12月18日

毎度お馴染み加古川プラザホテルのレストランで”国産ポークの味噌漬焼き”を食べてみた!”加古川ギュッとメシ”の豚肉版風で中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
此処数年の間、月に1回か2回位利用していた加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、流石に最近はちょっと飽きて来たのと、特に食べたいと思う様な料理も登場しなかった事、更には最近は加古川ニッケパークタウンのフードコートやレストラン街にあるお店に行く事が増えた事もあって、全然食べに行って無かった。が、少し前に”加古川ギュッとメシ”を意識したかのような”牛赤身肉の味噌漬けステーキ”や”牛ロース肉の味噌漬ソテー”が登場したり、あるいは”加古川ギュッとメシ”として”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”とやらが登場したので、それに釣られて何度か食べに行った。で、この日の”日替りランチ”の内容を見ると、何と無く”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の豚肉版のような感じの”国産ポークの味噌漬焼き”だったので、またまたそれに釣られて食べに行ってみた。
 
加古川プラザホテル/カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、既に当ブログでは飽きる程?に紹介して来たので今更特に書く事も無いのだが、久々に簡単に紹介すると、今から約20年ぐらい前の頃は、加古川プラザホテルの1Fの一番奥にフレンチレストランがあり、この場所は普通の喫茶店?あるいはカフェ?みたいな場所だった。で、その奥のフレンチレストランが無くなった後に、そのカフェがイタリアンのお店に代わり・・・その後は余り覚えて無いが今はこのお店になっている・・・。個人的には奥にあったフレンチレストランも利用していたし、イタリアンも何回か利用した事がある昔から馴染のホテル?でもある・・・。
 
リヴィエール国産ポークの味噌漬焼き
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているサラダとスープで、サラダは何時もと完全に同じ内容で、スープの方は個人的にこのお店のスープの中で1番好きな”オニオンスープ”だ。このレストランでは他にも”コーンクリームスープ”や”パンプキンスープ”等もあるが、個人的にはやっぱこの”オニオンスープ”が一番美味しいと思う・・・。ちなみにサラダの方はすっかり慣れ親しんだ味・・・と言う思いしか無かったが・・・。
 
リヴィエール国産ポークの味噌漬焼き
そしてこちらがこの日の”日替りランチ”のメイン料理である”国産ポークの味噌漬焼き”で、何時もの如くチョイスしたライスと先に運ばれて来たサラダとスープが付いて、お値段は税込価格1080円也。パッと見た感じは先にも書いたように前回食べた”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の牛肉が豚肉に変っただけっぽいのだが、値段は何時も通りの1080円なので、そう考えると前回食べた”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の方がお値打ち感があるような気がする・・・。
 
リヴィエール国産ポークの味噌漬焼き
そしてこちらがこの日の”日替りランチ”のメイン料理である”国産ポークの味噌漬焼き”で、付け合せの野菜は以前食べた”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の時と同じくポテトフライブロッコリーで、その脇には以前食べた”ギュッとライス 辛味噌マヨネーズ添え”に添付されていた”辛味噌マヨネーズ”が今回も添えられている。今回は豚肉なのに牛肉の時と同じ値段なのは、きっとこの”辛味噌マヨネーズ”の値段が加味されているのだろう・・・。
 
リヴィエール国産ポークの味噌漬焼き
それはさて置き、早速”国産ポークの味噌漬焼き”を食べてみると、牛肉と豚肉の違いはあれど味噌漬けされている事もあってか想像通り前回食べた”牛ロース肉の味噌漬ソテー”に限りなく似た味で中々ウマい!更にこの”国産ポークの味噌漬焼き”に”辛味噌マヨネーズ”を浸けて食べると、コクと旨みが更に増したような感じでこれまたウマい!何と無くであるが、この”辛味噌マヨネーズ”は私に取って段々と癖になって来た?ような気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川プラザホテルの1Fにあるレストランの”日替りランチ”で、この日は”国産ポークの味噌漬焼き”を食べてみたのだが、基本的には少し前に食べた”牛ロース肉の味噌漬ソテー”の完全な豚肉版ではあったが、今回は”辛味噌マヨネーズ”が添付されていた事もあってこちらも中々美味しかった!前回も書いたが、今度またこのような味噌漬けされた牛肉や豚肉の料理が登場した際は、ぜひまた食べに行ってみたいと思う・・・。

2017年12月17日

毎度お馴染みの”吉野家”で関西・中日本限定販売の”旨辛味噌牛鍋膳”を食べてみた!思った程の辛さは無く赤味噌ベースのタレで中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
毎度お馴染みの牛丼チェーンの『吉野家』から”「丼・定食・皿・カレーが毎日、80円引きになる 吉野家史上最大にお得な定期券”と言う”はしご定期券”を買った事もあって、その期間中は怒濤の如く『吉野家』へ行って”牛牛定食”や”おろし牛カルビ定食”や”豚肉とキャベツの香味味噌定食”や”味噌 牛カルビ丼&定食”等を食べたのだが、残念ながら?”はしご定期券”の有効期限が10月末近くに切れてしまった・・・。が、それだけ食べに行ったおかげ?もあってか、スマホのアプリ”TAMECCO”のポイントが満タンになった事や、その”TAMECCO”が間も無く終了すると言う事もあって、またまた『吉野家』に食べに行ってみる事にした。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、この日はランチタイムがスタートした正午きっかりの訪問と言う事もあって、既にカウンター席はほぼ満席に近いぐらいに賑わっている。逆にテーブル席は未だ空いていたので、今迄一度も利用した事の無い一番奥の二人席を使わせてもらう事に・・・。
 
吉野家旨辛味噌牛鍋膳のメニュー吉野家旨辛味噌牛鍋膳のメニュー
そしてこちらが冬季限定で登場した”牛すき鍋膳”と同時販売が始まった”関西・中日本限定(東海・北陸・近畿限定)”と言う”旨辛味噌牛鍋膳”のメニューで、何故この地域に”旨辛味噌牛”と言う料理が選ばれたのか定かでは無いが、少し前に食べた味噌味系の”味噌 牛カルビ丼”&”味噌 牛カルビ定食”との味比べも兼ねて今回はこちらの”旨辛味噌牛鍋膳”を食べてみる事に決定!!!ちなみに、昨年は第一弾が”なにわ牛カレー鍋膳”で第二弾が”関西うま塩牛鍋膳”だったのだが、今年は販売されて無い事をみると・・・人気が無かったのかも知れない・・・。
 
吉野家旨辛味噌牛鍋膳
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”旨辛味噌牛鍋膳”で、メインの鍋の他にご飯とお新香が付いてお値段は通常税込価格680円の処、今回は久々に溜まったスマホアプリの”TAMECCO”ポイント利用で380円引きとなって300円也。先に食べた”牛すき鍋膳”には生卵が付いて値段が650円と少し安いので、コストパフォーマンス的にはイマイチ・・・。てか、旨辛味噌にするだけでそんなにコストアップするのかな
 
吉野家旨辛味噌牛鍋膳
それはさて置き、こちらが”旨辛味噌牛鍋”で、パッと見た感じは一足先に食べた”牛すき鍋膳”と同じく”大判の牛肉に、半日分の野菜”等たっぷりと入っているが、それと比べると確かにスープの色が辛そうだ。ちなみに商品説明に寄ると”赤味噌ベースのタレに、醤油のもろみのコクとまろやかさ、にんにくでパンチを効かせた辛口の味噌鍋”との事。で、そのお味であるが、余り食べた事の無い”チゲ鍋風”の味かな?と思って食べると意外と思った程の辛さは無く、赤味噌ベースも想像していたよりはあっさり味で中々ウマい鍋だ
 
吉野家旨辛味噌牛鍋膳
そしてこちらが”旨辛味噌牛鍋”に入っていた”大判の牛肉”で、同じ味噌味でも少し前に食べた”味噌 牛カルビ丼&定食”とは違い”牛すき鍋膳”と同じような結構大判の牛赤身肉で、これに赤味噌ベースのタレが絡んでこれまたウマいかった
 
吉野家旨辛味噌牛鍋膳
そしてこちらは”旨辛味噌牛鍋”の中に入っていた平打ち麺風のうどんで、昨年は所謂普通のうどんだったのだが、一足先に食べた”牛すき鍋膳”と同じく”牛すい鍋膳”や”吉呑みメニューの牛すい麺”で使われている麺と同じ物に戻っていた。個人的にはこの麺の方が好きだし、ライバルチェーンとの差別化を図る意味でも、『吉野家』ではこちらの麺を使うのが正解だと思う・・・。
 
吉野家旨辛味噌牛鍋膳
最後に・・・、こちらは”旨辛味噌牛鍋膳”に付いていた”お新香”で、これまた一足先に食べた”牛すき鍋膳”と同じく”ライバルチェーン店で食べるお新香”と比べると量が少ない事もあって、若干みすぼらしいような・・・。どれだけコストに影響するのかは定かでは無いが、見た目も大事だからなあ・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『吉野家』で”関西・中日本限定(東海・北陸・近畿限定)”の”旨辛味噌牛鍋膳”を食べてみたのだが、思った程の辛さは無く中々美味しい牛鍋だった。それはさて置き、今回は久々に”TAMECCO”を利用したのだがこのアプリは最後の最後まで酷い出来だった・・・。少し前に昼間利用した店にその夜に再び食べに行ったら既に取得済みとかでポイント付かずだったし、そもそも店内に入ってからGPSをONにしても電波は掴んでくれないし・・・(この場合はレジでスマホを端末に通すと、ポイントは付くとか・・・)。で、一番最悪だったのがクーポン画面を表示しても番号が表示されず、それを店員さんに言っても店員さんは番号が無いから駄目!と何回揉めた事か・・・
 
実は別の店(加古川駅北口店)でも同じような事があり、その時はアルバイターでは対処出来ずに店長っぽい人に交代したのだが、番号が無いから駄目の一点ばり!番号が表示されないのはアプリ側の問題だし、そもそも番号なんて客の側からすると必要の無い話なのだが、そうやって揉めている間にも5分間のカウントダウンが進んで行くし・・・。もしかしたら有効時間を無理やり過ぎさせてポイントを無効にすると言う作戦なのかも・・・と思う位。結局は私の粘り勝ち(てか店内が忙しいから?)で、割引はして貰ったのだが、番号が表示されない件を客の私から本部に言うてくれ!と言う始末・・・。ま、この”TAMECCO”は間も無く終わるので、今となってはどうでもエエのだが、最後の最後までホンマに苦労させられた酷いアプリだった・・・。

2017年12月16日

生活情報誌に加古川日岡にある”キッチン五斗米”のクーポンがあったので”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”を食べてみた!割りと庶民的な雰囲気ながら中々ウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、加古川日岡にある『キッチン五斗米』のクーポン券が付いていた。そのお店には行った事が無いのだが10年程前に姫路今宿にある『ステーキ五斗米』(当時から『キッチン五斗米』と言う店名だったかも知れない・・・)に食べに行った事があるし、偶に姫路駅方面へ車で行く途中の手柄にもお店があるので何と無く親近感はある。そんな事や、最近は加古川医療センター近くへ行く事はあっても日岡近辺には行って無かったので、ちょっとした好奇心もあって折角なので食べに行ってみる事にした。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチのメニュー
ちなみにこちらがその時のリビングに載っていた紹介記事で、ご覧の様にこのクーポン券を持参した人だけが特別に”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”が注文出来るとの事。当然店内に置いてあったメニューを見るとこの他にもお手軽なランチメニューや豪華な記念メニュー等もあったのだが、そんな事はおかまいなしに今回はこの”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”を食べたのだった。
 
キッチン五斗米/加古川日岡店
そしてこちらが『キッチン五斗米/加古川日岡店』で、最近この1周年記念をやってるのでお店がオープンしてから1年しか経って無いようだが、雰囲気的には以前は喫茶店だったお店をそのまま利用しているような感じの建物だ。ちなみにお店の紹介文によると”厳選された国産牛を専門で扱っており、ステーキ・ハンバーグやエビフライ・クリームコロッケなどお子様はもちろん、ご家族や友人と気軽に寛いで頂ける町のステーキハウス・洋食屋さん”との事らしい・・・。何れにしてもこの日はランチタイムの少し遅めの訪問だったのだが、店内はほぼ満席だった・・・(てか、駐車場が空いて無くて一度は通り過ぎたほどだし・・・)。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
それはさて置き、先ず最初い運ばれて来たのが”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”に付いているこちらのサラダと漬物で、ご覧の通り特にこれと言ったインパクトの無い極々普通のサラダと漬物だ。逆に言うと、これを見るだけでこのお店が堅苦しさを感じ無いアットホームなお店な感じで安心感?が漂う・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
で、先ず最初に運ばれて来たサラダをつつきながら待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”で、メイン料理のお皿の他に、ライス、みそ汁、サラダ、それに食後のドリンクがセットになってお値段は税込価格1400円也。この内容でこのお値段は確かに結構お得かも知れない・・・
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
そしてこちらがメイン料理の”ステーキ&ビフカツ”で、商品説明に寄ると”牛ヘレステーキ80gとビフカツ80gが味わえるボリューム満点の一品。ヘレはあっさりとした和風しょうゆソースで、カツは黒毛和牛にくのだしが溶け込んだ甘みとコクが感じられるデミグラスソース。手間暇かけてつくった自家製のソースが素材の味を引き立てます”との事。それぞれが80gと言う大きさなので、想像していたよりはボリューム感は無いような・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
それはさて置き、先ずは牛ヘレステーキの方から食べてみると、ナイフを入れるとさっと切れる程にお肉は柔らかく、また焼き立てのジューシーさもあり、それに和風しょうゆソースを絡めて食べるとメチャウマいこのステーキならば倍の160g程度あってもさらりと食べれるのでは・・・と思う程のウマさだ!
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
ちなみに牛ヘレステーキのお肉の断面を見るとこんな感じのミディアムな焼き加減だった。肉厚があれば、もう少しミディアムレアに出来たのかも知れないが、味自体が美味しかったので特に不満は無い・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
そしてこちらが”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”のもう一つのメイン料理である”ビフカツ”で、残念ながらこちらは揚げ立て熱々では無く、揚げ置きされたタイプ衣のサクサク感とか肉のジューシーさに物足りなさを感じたが、これにたっぷりとかかった自家製デミグラスソースを絡めて食べると、こちらも中々ウマい
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
ちなみに”ビフカツ”の肉の断面を見るとこんな感じの未だ赤身が残った状態で、偶に他のお店で肉の芯まで完全に火が通ってしまっている時があるが、それと比べると揚げ具合は中々良かったので、やっぱ出来る事であれば揚げ立て熱々で食べたかったような・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
それはさて置き、こちらは今回食べた”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”に付いていた”みそ汁”で、ご覧の通り豆腐やワカメが入った如何にも家庭的な味で、最近良く食べた牛丼チェーン店の味噌汁と比べると結構ウマい!そう言えば他のメニューの案内の中にスープの代わりに”みそ汁”にする事で、価格をリーズナブルに抑えた・・・と書いてあったような・・・。
 
キッチン五斗米ステーキ&ビフカツのダブルランチ
最後に・・・、こちらも”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”に付いていた食後のコーヒーで、ドリンク自体は何種類かの中から選べたのだが、今回はシンプルにホットコーヒーを選んだのだった。今回食べた”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”は1400円だったが、1000円前後のランチでも食後のコーヒーが付いているので、そう考えると結構リーズナブルなお店かも知れない・・・。
 
てな事で、偶にポストに入っているリビングとか言う新聞のような生活情報紙の中に、加古川日岡にある『キッチン五斗米』のクーポンがあったので”ステーキ&ビフカツのダブルランチ”を食べてみたのだが、ビフカツが揚げ立てでは無かった点は兎も角としてステーキもビフカツもメチャ美味しかった!日岡近辺と言えば若かりし頃に草野球や花見等で偶に来た事があるのだが、最近はすっかり足が遠のいていた。が、ふと思うと稲美町中一色周辺には偶にランチを食べに行っていたが、雰囲気的には似たような距離なのでまた近い内に通常メニューのランチを食べに来てみたいと思う・・・。

2017年12月15日

毎年恒例”かつや年末感謝祭”(お客様大還元祭)の500円ぽっきり価格に釣られて、今年もまたまた”カツカレー(竹)”を食べてみた!味に慣れた事もあって中々ウマい!

Filed under: カレー,焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
例に寄って『かつや』の話題だけは早目にご紹介・・・、と思いつつも今回は毎年恒例の”年末感謝祭”(ちなみに今年は”お客様大還元祭”らしいが・・・)の話題なので、適当に昨年の記事をそのままアップするか、あるいは没ネタでもエエ様な気もしたのだが、一応後々の参考記録として残しておきたいので簡単にご紹介!!!(が、流石にちょっと面倒なので昨年の記事をほぼ流用・・・)
 
かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)2
ちなみにこちらが『かつや』で2012年から毎年年末に開催されている”年末感謝祭”・・・と言うのか今年は”お客様大還元祭”と呼んでいるフェアメニューで、この期間中は”カツ丼(竹)”、”ロースカツ定食”、”カツカレー(竹)”、”ソースカツ丼(竹)”の4品のみの提供ながら、税込価格ワンコイン500円ぽっきりで食べれるメチャお得な期間(ただし”100円の割引券”は使えない・・・)で、別途追加トッピング等のメニューはあるが、定食や丼はこの4品しか提供していない・・・。
 
とんかつ・カツ丼チェーンのかつや/明石二見店
そしてこちらがまたまた行って来た、とんかつ・カツ丼チェーンの『かつや/明石二見店』で、毎年書いている様にこの”年末感謝祭”の期間中は何処のお店も大混雑するので、この日も少し早目の午前11時頃に食べに行ったのだが、予想通りテーブル席は既に満席状態・・・。カウンター席の方には未だ空きがあったので、直ぐに席に着く事は出来たが、当然の如く次から次へとお客さんが入って来てカウンター席も直ぐに埋まってしまったような勢いだった・・・。
 
かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)3
それはさて置き、先に書いた様にこの日は4品の何を食べてもワンコインの500円なので、これまた例年の如くお得感のある値引き金額の一番大きい”カツカレー(竹)”を注文!!!で、まるで此処は牛丼チェーンの吉野家か?と思わんばかりの速攻で運ばれて来たのが、こちらの”カツカレー(竹)”でお値段は通常税込価格810円の処、”お客様大還元祭”の特別価格で500円也。この何年かの間、私が”かつやのカレー”を食べる年に一回の日だ。で、そのお味だが、一口目は相変わらず塩っ辛い?ショッパイ?様な味ながら、食べる前からある程度の覚悟をしている事もあってか、あるいは年に一回しか食べて無い割に”かつやのカレー”にも毒されて来たのか、普通にウマい・・・。ま、2~3年前に”新カレーソース”に変ってから以前よりはかなりマシな味になった気もするし・・・。
 
かつやお客様大還元祭カツカレー(竹)
ちなみに”ロースカツ”の豚肉はこんな感じで、何時もの如く結構な厚みのジューシーな味わいで中々ウマい!そう言えば、何年か前のフェアメニューで”極厚240gのロースカツ”を使った”極厚ロースカツ丼”を食べた事があるが、一度くらいはあの”極厚240gのロースカツ”をトッピングしたカレーを食べてみたい気もして来た・・・。でもその時は1000円超えのカツカレーになるから、食べる勇気は無いかも知れないなあ・・・。
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
てな事で、毎度お馴染みの『かつや』の”お客様大還元祭”で”カツカレー(竹)”を食べたのだが、確かにこの期間中はメチャ安い!そんな事や最終日に少し時間があったので、折角なので久々に『かつや』定番の”ロースカツ定食”も食べてみたのがこちらで別途”とん汁(小)”が付いてお値段は通常税込価格724円の処、当然の如くこちらも”お客様大還元祭”でワンコインの500円也。この内容でこの値段は確かに間違い無く安い
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
そしてこちらが久々に食べる”ロースカツ定食”のメイン料理である120gサイズの”ロースカツ”で、味的には何時もこのお店で食べている物と違いは無いのだが、当然の如く揚げ立て熱々&豚肉もジューシーで中々ウマい!白いご飯との相性も抜群だ
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
ちなみに”ロースカツ”の断面はこんな感じで、当然の如く一足先に食べた”カツカレー(竹)”の”ロースカツ”と同じ分厚さだ。序でに”カツカレー(竹)”の時に書いたコメントを流用すると、何年か前のフェアメニューで”極厚240gのロースカツ”を使った”極厚ロースカツ丼”を食べた事があるが、一度くらいはあの”極厚240gのロースカツ”をトッピングした定食を食べてみたい気もして来た・・・。でもその時は1000円超えのロースカツ定食になるから、食べる勇気は無いかも知れないなあ・・・。
 
かつやお客様大還元祭ロースカツ定食
それともう一つ、こちらは”ロースカツ定食”に付いていた”とん汁(小)”で、最近私が『かつや』の”とん汁(小)”を食べる時はフェアで登場する定食を食べる時だけで、少し前に”チキンカツの牛すき鍋定食”を食べた時以来の事だ。ちなみに単品で頼んだ場合は税別価格120円なので、”とん汁(小)”を食べたい時は定食で頼む方がお得だし・・・。それはさて置き、最近は他の牛丼屋や定食のチェーンでも結構な割合で”豚汁”を食べるようになったので、何とも言えないが20数年に渡って食べ慣れた味・・・と言う事もあって普通に美味しかったかな
 
かつや青ねぎ味噌カツ丼予告
てな事で、今年もまたまた『かつや』の”年末感謝祭”の・・・と言うのか”お客様大還元祭”に行って”カツカレー(竹)”と”ロースカツ定食”を食べてみたのだが、内容的にはメチャオーソドックスではあったが、これがワンコイン500円で食べれるのは確かにメチャお得な気はする。それはさて置き、この後に始まった期間限定のフェアメニューは冬定番の”青ねぎ味噌カツ丼”なので、こちらは食べに行くかどうか思案中・・・。もしかすると来年の1月後半に登場するフェア丼まで食べに行かないかも知れない・・・。

2017年12月14日

毎度お馴染みの”らーめん幸楽苑”で貰った優待券を使って”五目旨煮らーめん”を食べてみた!一昔良く食べた中華料理店の五目ラーメン風で中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
10数年前に姫路に初進出して来た昭和二十九年創業の『中華そば 幸楽苑』は、姫路に3店舗同時オープンした時は”中華そば”の値段は税別価格390円だったのだが、その半年後に『加古川店』がオープンした時は290円に値下げされ、一躍格安ラーメンチェーンの筆頭に踊りでた・・・。が、最近の物価高に影響されたのか2年位前に”290円の中華そば”の販売を中止し、また変りに520円で登場した”醤油らーめん『司』”も不評で、何とかその苦境を打開しようと約1年前に『中華そば 幸楽苑』から『らーめん 幸楽苑』へと衣替えを始めた。とは言え、内容的には変わり映えしなかったので最近は全然食べに行って無かったのだが、10月の上旬に株式上場20周年記念で”ふかひれ姿煮らーめん”が登場したので久々に食べに行ってみたのだが、その時に貰った半額分の優待券の有効期限が迫って来たので、またまた食べに行ってみる事にした。
 
らーめん幸楽苑/加古川店
こちらがまたまた行って来た『らーめん幸楽苑/加古川店』で、以前にも書いている様に約10年位前に『幸楽苑』が姫路に初進出して来た時に姫路御国野店で食べて以来、この『加古川店』が出来てからも定期的に食べに行っているのだが、その頃は”290円の中華そば”が看板商品だったのが、当時のライバルチェーンの一つだったラーメン1杯180円で一世風靡した『びっくりラーメン』が潰れた様に、今は格安だけでは生きていけない時代・・・。そんな事もあってか、前回書いたようにこの『幸楽苑』も格安ラーメンチェーンから何とか脱却しようと四苦八苦している気がする・・・(どうでもエエが、看板の色も白->黄->緑と変化している・・・)。
 
らーめん幸楽苑/加古川店ご優待券
ちなみにこちらが前回”ふかひれ姿煮らーめん”を食べた時に貰った優待券で、何時も?であれば有効期限は一ヶ月程あるのだが、この時は店員さんが日付を勘違いしていたのか、あるいは時勢がらわざと有効期限を短く設定しているのか有効期限が3週間しか無かった・・・。そんな事もあって、思わずこの優待券の存在を忘れる処だったのだが、流石に400円分もあったので慌てて食べに来たのだった
 
幸楽苑五目うま煮らーめんのメニュー
それはさて置き、最近このお店に来ると基本的に期間限定のメニューばかり食べているのだが、この時の期間限定のメニューを見ると”鶏白湯らーめん”と”五目うま煮らーめん”の二つがある。が、”鶏白湯らーめん”の方は以前にも食べた事があるので、”さらにおいしくなって新登場”と書いてあった”五目うま煮らーめん”を食べる事に決定!!!
 
幸楽苑五目うま煮らーめん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”五目うま煮らーめん”で、お値段は通常税込価格669円の処、先にも書いた様に前回”ふかひれ姿煮らーめん”を食べた時に貰った400円分の優待券利用で差額代のみの269円也。パッと見た印象は最近は余り食べて無いが一昔前に”中華料理店等で偶に食べていた五目ラーメン”に似たような野菜たっぷりのあんかけ風ラーメンのようだ。ちなみに商品説明に寄ると”エビ・イカ・白菜など11種類の具材が入ったあんかけ風の醤油らーめんで、スープの旨みとコクが格段にアップ!”との事。で、そのお味であるが、あんかけの味が前回食べた”ふかひれ姿煮らーめん”と若干似ているような気がしたが、今回は具が野菜や魚介類と言う事もあって何と無くヘルシー感もあって中々美味しかった!
 
幸楽苑五目うま煮らーめん
ちなみに”五目うま煮らーめん”の麺はこんな感じで、うっかりしていて何も考えずに食べたのだが、そう言えば『幸楽苑』には”ご自慢の中太の多加水麺”と、”司らーめん用に開発された細麺”の2種類がある事を忘れていた・・・。てか、最近は全然食べに行って無かったので、どちらの麺もすっかり記憶から消えているし・・・、どうでもエエか・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『幸楽苑』で前回”ふかひれ姿煮らーめん”を食べた時に貰った”優待券”の有効期限が迫って来たので今回は”五目うま煮らーめん”を食べたのだが、大きなインパクトは無い物の、結構具沢山で全体的には中々美味しかった!とは言えこの『幸楽苑』が格安ラーメンチェーン店だと考えると通常税込価格669円はちょっと高いような気はする・・・。そんな事はお店側も感じているのか、ランチタイムには500円前後のラーメン定食メニューも出来ているようだったが・・・。

2017年12月13日

毎度お馴染みの”すき家”で新商品の”牛丼おでん3点セット”を食べてみた!おでんのネタは5種類だったが、内容的には若干ショボイような・・・。

Filed under: — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
新聞の折込チラシに加古川別府にあるイトーヨーカドー加古川店に併設されているグリーンモールで使える”プレミアムグルメクーポン!”が付いていた。グリーンモールには偶に買物に行った序に利用する事がある『リンガーハット』、『すき家』、『はなまるうどん』があるので、折角なのでその”プレミアムグルメクーポン!”を使って先ずは『リンガーハット』で”野菜たっぷりちゃんぽん”を食べたのだが、有効期限は3日間限定だったので翌日に今度は『すき家』で利用する事にした。
 
すき家/グリーンプラザべふ店
こちらがまたまた行って来たイトーヨーカドー加古川店のフードコートの中にある『すき家/グリーンプラザべふ店』で、当然の如くセルフサービススタイルの店舗なので若干邪魔臭いが、その代わりに自分の好きな席を選んで座る事が出来るので、カウンター席の隣に座ったおっさんが溢した”豚汁”を膝に浴びせられるような心配は無い・・・(詳しい話は以前の記事を参照・・・)。
 
すき家/グリーンプラザべふ店のメニューすき家/グリーンプラザべふ店のメニュー
それはさて置きこちらがこのお店のメニューで、既に今日現在は冬季限定の”牛すき鍋定食”が登場していて私も別店舗で既に食べたのだが、この店舗はフードコート内と言う理由でコンロが使えない為、販売はされて無いはず・・・。それはさて置き、この日は”かつおと昆布でだしをとった期間限定商品の「 おでん」”が登場して間も無く頃だったので、折角なので”牛丼おでん3点セット”を食べてみる事に決定!!!
 
すき家牛丼おでん3点セット並盛
で、こちらが実際に買って食べた”牛丼おでん3点セット”の並盛で、”牛丼(並盛)おでんおしんこたまご”がセットになって通常税込価格680円の処、今回は”プレミアムグルメクーポン!”利用で100円引きとなって580円也。パッと見た印象はご覧の通り”おでん”の中にたっぷりの出汁が入っていて丸で味噌汁か豚汁のようにも見え、何と無くであるが偶に食べる”牛丼とん汁おしんこセット”っぽい雰囲気だ。
 
すき家牛丼おでん3点セット並盛
それはさて置き、先ずはメインの”牛丼”に生卵の卵黄だけをトッピングして食べてみると、”牛丼”自体は『吉野家』とか『松屋』の方が私は好きな事もあって何時も通りのそれなりの味ではあるが、牛肉に卵黄を絡めて食べるとまろやかさが加わってこれはこれで中々ウマい!でもそう思って食べていると、やっぱ少し前に食べた”和牛すき焼き丼”の方が何倍も美味しかった気もして来たが・・・。
 
すき家牛丼おでん3点セット並盛
そしてこちらが3点セットの一つである”おでん”で、先にも書いたようにお椀にたっぷりの出汁がはってあって、その中に具が浸かった一風変わったスタイルだ。ちなみに商品説明に寄ると”味のしみた大根や柔らかく煮込まれたロールキャベツに加え、 ぷりぷりとした歯ごたえを楽しめるこんにゃく、昆布、さつま揚げ、の5品”との事。”おでん”の具に”ロールキャベツ”が入っているのも珍しい・・・とは思ったのだが、そう言えば以前に姫路駅前の”姫路のれん街”で食べた”生姜の利いてる姫路名物おでん”にも”ロールキャベツ”が入っていた事もあったっけ・・・。
 
すき家牛丼おでん3点セット並盛
それはさて置き、”おでん”の具が出汁に浸かっていて辛子が付けにくかったので、生卵が入っていたお椀に具を移して辛子を付けて食べるとメチャあっさりながら普通にウマい・・・。とは言え、この味の薄さには播州界隈で定番の生姜醤油の方が合っていた気もする・・・。それは兎も角として、どうせなら”牛丼おでん3点セット”に添付されていた生卵を”おでん”の具の定番である”ゆで玉子”にして欲しかったような・・・。
 
すき家牛丼おでん3点セット並盛
それともう一つ、こちらも3点セットの一つである”おしんこ”で、ご覧の通り見た目は凄くシンプルではあるが中々ウマい!個人的な好みで言うとライバルチェーンの『吉野家』や『松屋』で出て来る漬物よりも、この『すき家』の”おしんこ”が1番好きかも・・・。
 
てな事で、新聞の折込チラシに加古川別府にあるイトーヨーカドー加古川店に併設されているグリーンモールで使える”プレミアムグルメクーポン!”が付いていたので『すき家』で”牛丼おでん3点セット”を食べてみたのだが、肝心の”おでん”の内容はと言うと5点の中に昆布が入っていたりと何と無く少しショボかった気がする。これならばコンビニとかスーパーの惣菜売場で売っている”おでん”の方がマシな気もするし・・・。それはさて置き、最近も『すき家』で”牛すき鍋定食”を食べたばかりなのだが、その話はまた後日・・・。

2017年12月12日

毎度お馴染みの”お食事処 喜両由”で久々に”串カツ定食”を食べてみた!串カツ専門店で食べるのとは少し違うが、食べ慣れた味でこれが中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
当ブログで結構な割合で登場している高砂荒井小松原にある『お食事処 喜両由』は、個人的にも若かりし頃から良く食べに行ってる手打ち讃岐うどんが自慢のお店だ。が、このお店は手打ちうどんよりも、どちらかと言うとそれ以上に豊富な定食や丼のメニューの方が人気のようで、過去ログを見ても個人的に一番良く食べているのが”カツ丼”のような気がする。で、この日もちょっとした用事で夕方から出掛けた帰り道に何と無く”串カツ定食”が食べたくなったので、またまた行ってみる事にした。
 
お食事処 喜両由
こちらがまたまた行って来た高砂荒井小松原にある『お食事処 喜両由』で、このお店は昼夜問わず何時来ても結構賑わっているのだが、この日はちょっと早目の夕食だったので流石に店内は未だ閑散としていたので、久々に個人的にお気に入りの席を利用する事に・・・。 
 
喜両由串カツ定食
で、こちらが久々に食べたこのお店の”串カツ定食”で、メイン料理の”串カツ”の他に、かけうどん、小鉢、ご飯、漬物等が付いてお値段は990円也。偶に書いているようにこのお店の定食には必ず”うどん”が付いて来るのだが、それが今回のようなフルサイズ?の”かけうどん”だったり、あるいは”ぶっかけうどん”だったりと様々だ。個人的にはボリュームの事を思うと”ミニぶっかけうどん”で十分な気もするのだが・・・。
 
喜両由串カツ定食
それはさて置き、こちらが”串カツ定食”のメイン料理である”串カツ”で、この写真では少し判り難いが全部で3本あってその内の2本は豚肉と玉ねぎを刺した物で、手前にあるのは海老だ。で、それぞれの”串カツ”には以前食べた”かつめし”にかかっていたのと似たような感じのソースが掛かっていて甘目の味ながら中々ウマい!”他のお店で食べる串カツ定食”とは全然違う雰囲気だが、食べ慣れているせいもあってか個人的には結構好きな味かも・・・。
 
喜両由串カツ定食
そしてこちらは”串カツ定食”に付いていた”かけうどん”で、ご覧のように刻み海苔やネギ、それにカマボコが1切れ入ったシンプルな内容ではあるが、何だかんだと20~30年は食べている慣れ親しんだ味で普通にウマい!麺も讃岐風手打ちタイプなのだが、意外と柔らかな食感で昔長柄の関西人好みの味わいがあって何と無く懐かしさが感じられる・・・。
 
喜両由串カツ定食喜両由串カツ定食
最後に・・・、こちらも”串カツ定食”に付いていた小鉢と漬物で、漬物は基本的に大体何時も同じだが、小鉢の内容は毎回異なっていて、今回も如何にも家庭的な惣菜の一品でこちらも中々美味しかった
 
てな事で、またまた行った『お食事処 喜両由』で今回は久々に”串カツ定食”を食べてみたのだが、所謂”串カツ専門店”で食べるような串カツとは若干異なるのだが、昔からこのタイプの”串かつ定食”を食べ慣れていると言う事もあってか、これが中々ウマいのだ。それはさて置き、何かのチラシにこのお店の”鍋焼きうどん”が割引になる券が付いていたので、次回は久々に”鍋焼きうどん”を食べてみる事にしよう・・・。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com Blog.