義史のB型ワールド

2017年12月30日

以前からお店の前を通る度に気になっていた山電荒井駅近くにある小洒落たお店”和創作 典”に行ってみた!料理もウマいし雰囲気も良く期待通りのエエお店だった!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
少し前に書いた様に今年の”たかさご万灯祭”に、以前にご主人様の会社で働いていた友人が某所に出演したのだが、その彼が後日その”たかさご万灯祭”関連の用事で高砂方面へやって来ると言う連絡が届いたので、折角なのでランチを御一緒したのだが、その後一旦は別れた。が、もしも夜になって時間がエエ位?だったらお酒の一杯でも・・・と言う話になったので、待って居たら何だかんだ有りつつも飲みに行けると言う事になったので、それならば・・・と、この夏頃からお店の前を通る度にちょっと気になっていた山電荒井駅近くにある雰囲気の良さそうな『和創作 典』に行ってみる事にした。
 
和創作典
こちらが今回行って来た『和創作 典』と言うお店で、場所は荒井駅前の交差点から直ぐ東へ行った処で、この写真ではちょっと判り辛いが1Fにカラオケ喫茶が2軒並ぶビルの2Fにあって、ビルの西側の階段を上がって行った処にお店の入口がある。ちなみにお店のコンセプトは”高知県宿毛漁港より、毎日セリの段階から魚を厳選、直送。典でしか味わえない魚”が食べれるらしく、階段の処には鰹と書かれた幟が沢山立っていて、魚は苦手な私ではあるが何故か以前からずっと気になっていたのだった。
 
和創作典和創作典
そしてこちらがこのお店の店内で、我々が入店した時は先客が2組程居たのだが、その方々は所謂カップル客と言う事もあってカウンター席を利用していたので、我々は店内の真ん中にある6人掛け程のテーブル席に案内された。で、ご覧のように右手の道路側は大きなガラス窓になっていて、外を通っていると下からではあるが何と無く店内の雰囲気が見え、その雰囲気が良さそうだったので以前から一度飲みに来てみたかったのだ。
 
和創作典お通し
それはさて置き、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”お通し”で、パッと見た感じはホウレン草か、そんな系の菜っ葉の和え物のような料理なのだが、先に書いたようにこのお店が魚自慢!と言う事もあって鯵のような、何かそんな系の魚の切り身が入っている。個人的には魚・・・特に青魚系は苦手ではあるが、サイズが小さい事もあって特に気になる事も無く普通に美味しい惣菜だった。
 
和創作典くえの造り和創作典くえの造り
そしてその次に運ばれて来たのが、数ある本日のおすすめ料理の中から何と無く興味が沸いて注文したこちらの”天然くえ造り・高知県宿毛産”で、お値段は税抜価格1280円也。で、くえと言えば鍋が定番の料理なのだが造りはちょっと珍しい?と思い、魚が苦手と言いつつも一度食べてみようと思ったのだった。で、そのお味と言えばメチャ淡白な味で、普段余りこの手の魚を食べ無い私には普通の白身魚の造りに近い印象・・・。私が食するにはちょっと勿体無い造りだったかな・・・。
 
和創作典播州百日どりのバンバンジーサラダ和創作典播州百日どりのバンバンジーサラダ
続いて運ばれて来たのは、やはりサラダも必要かな?と思いメニューの中から選んだのが、こちらの”播州百日どりのバンバンジーサラダ”で、お値段は税抜価格580円也。ちなみに、このお店は魚料理の他に”播州百日どり”も自慢!と書いてあったので、何種類かあったサラダメニューの中からこちらを選んでみたのだった。で、ご覧のように叩きにも似た鶏肉の上に棒棒鶏定番のゴマダレがたっぷりとかかっていて中々ウマい!次回訪問時にはぜひ”播州百日どり”の焼鳥かステーキを食べてみようと思わせる美味さだ
 
和創作典典の絶品コロッケ和創作典典の絶品コロッケ
そしてその次に運ばれて来たのがメニューに絶品と書いてあったのでそれに釣られて注文したこちらの”典の絶品コロッケ”で、お値段は税抜価格1個350円也。所謂、ジャガイモと肉のコロッケなのだがメニューに寄ると”和牛をふんだんに使った自家製コロッケ”らしく、これがまるでクリームコロッケかと思わんばかりの熱々でトロトロした具で、これにたっぷりとかかったデミグラスソースと相まってメチャウマい!思わず白いご飯のお供として定食で食べたくなる程だった!
 
和創作典典の絶品つくね串和創作典典の絶品つくね串
そしてこちらも料理名に絶品と書いてあったので思わず注文した”典の絶品つくね串”で、お値段は税抜価格1本200円也。実物を間の当りにした時、思わずおおーっと声が出た程の真っ黒で、大きさも赤子の握りこぶし程か、あるいはそれ以上の大きさの鶏のつくねだ。で、当然の如く肉汁たっぷりで、これまたメチャウマい!こちらも思わず白いご飯と一緒に食べたくなる程だった。
 
和創作典典の絶品和牛霜降りローストビーフ和創作典典の絶品和牛霜降りローストビーフ
それはさて置き、このお店にも当然の如く肉料理を使ったメニューがあって、その中でも特に”典の絶品和牛霜降りステーキ”が食べたかったのだが、ランチで”ヘレステーキ”を食べたばかりだったので、その代わり?に注文したのがこちらの”典の絶品和牛霜降りローストビーフ”で、お値段は税抜価格980円也。ちなみに商品説明に寄ると”厳選した霜降り和牛を使用した温かい自家製ローストビーフ。とろける柔らかさと肉汁を特製ソースでお楽しみください”との事。で、若干この自家製ソースが何と無く韓国風焼肉ダレっぽい濃厚な味で、たっぷり浸けると肉の味が壊れそうな気がしたが、流石にローストビーフ自体はとても柔らかくてメチャウマい!個人的にはワサビ醤油に浸けて食べた方が美味しいのでは?と思ったが、何れにしても確かに美味しいローストビーフだった。
 
和創作典デミグラスソースで食べる玉ねぎの丸焼き和創作典デミグラスソースで食べる玉ねぎの丸焼き
そしてこちらはこれまた商品名が楽しそうだったので頼んでみた”デミグラスソースで食べる玉ねぎの丸焼き”で、お値段は税抜価格300円也。所謂、玉ねぎをそのまま1個丸焼きにした後、その上からデミグラスソースをかけただけのシンプルな料理なのだが、玉ねぎ自体に甘みがあってメチャウマい!更にデミグラスソースを絡めて食べると、今まで食べた事があるような無いような味わいで、これはこれで楽しい味だったかな。
 
和創作典淡路産特選野菜天ぷら三種盛り
そして宴も終盤・・・、お腹的には十二分に満たされたのだが、何だかんだと喋っていたのでハイボールだけが進んでお替りを頼んでいたのだが、流石にそれだけでは寂しくなってつまみ代わりに頼んだのが、こちらの多分?”淡路産特選野菜天ぷら三種盛り”で、お値段は税抜価格480円也。何時もであれば三種類の野菜を細かくチェックするのだが、流石に酔いが回って来ると面倒で・・・と言うよりすっかり忘れてしまっていた・・・。
 
典の絶品猪の腕肉
そんなこんなでそろそろ締めのご飯物でも頼もうとしていたら、お店のご主人が珍しい物が手に入ったので、ぜひ食べてみて下さいとサービスで持って来てくれたのがこちらの”猪の腕肉”で、猪肉はボタン鍋やシチューで食べる事があるが、この”猪の腕肉”は中々手に入らない希少部位らしい・・・。で、そのお味はと言うと少し噛み応えのあるしっかりした肉感ながら、特に変な癖も無く噛む毎に口の中に猪肉の味が広がって行くようで中々ウマい!日頃、私が食べたいと思う霜降り和牛肉とは真逆な味わいだったが、これはこれで確かに非常に珍しく独特の味で貴重な体験をさせて貰った
 
典の絶品鯛茶漬け典の絶品鯛茶漬け
そしていよいよ締めのご飯で頼んだのがこちらの”典の絶品鯛茶漬け”で、お値段は税抜価格700円也。で、流石に一人一人前は要らないと思い、注文時に取り分け様の器をお願いしたら、お店の方が気を配って最初からハーフサイズで綺麗に盛り付けして運んで来てくれた。ちょっとした事であるが、こう言ったサービスが味の美味しさアップに繋がる・・・。てか、そんな点を抜きにしてもメチャ美味しい鯛茶漬け”だった!
 
てな事で、今回はお店の前を通る度に下から見える窓ごしの店内を見てちょっと気になっていた和創作 典』に行ってみたのだが、最初に書いた様にこのお店は新鮮な魚が自慢ではあるが、私の大好きな肉料理や鶏料理も沢山あって、しかも何を食べてもその大半が中々美味しかった!個人的にこの界隈にある居酒屋さん系の中では一番のお気に入りのお店になったかも・・・。そんな事もあって、また近い内に今度は他の料理を食べに行ってみたいと思う・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。