義史のB型ワールド

2017年12月29日

加古川志方にある超有名な焼肉店”彦”の敷地内に出来た”ステーキM”で特別メニューのヘレステーキを食べてみた!自分で焼くのは面倒だが肉自体はメチャウマい!

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前に書いた様に今年の”たかさご万灯祭”に、以前にご主人様の会社で働いていた友人が某所に出演したのだが、その彼が後日その”たかさご万灯祭”関連の用事で高砂方面へやって来ると言う連絡が届いたので、折角なのでランチを食べに行く事になった。が、意外と彼も高砂近辺のお店に良く食べに行っているようなので、それならば彼も私も未だ行った事の無い、以前に30番さんやありおんさんからこんなお店がオープンするで・・・と聞いていた『焼肉 彦』の敷地内に出来た『ステーキM』に行ってみる事にした。
 
ステーキM
こちらが今回行って来たステーキ屋さんの『ステーキM』で、お店がある場所は先にも書いた様に加古川志方方面では超有名な『焼肉 彦』の店の奥ばった辺り・・・と言うのか一番北の外れで、パッと見た感じは倉庫みたいに見えたのだが、お店は右側の更に奥にあった。で、この時は既に時間は午後1時近くになっていたのだが、駐車場には沢山の車が停まっていたのでお客さんで一杯かも・・・と思ったら、その車の大半は『焼肉 彦』のお客さんだったみたい・・・。
 
ステーキM特別メニュー2
ちなみにこちらがお店の前の倉庫のような建物の壁に掲げてあった『ステーキM』のメニューで、お店の案内に寄ると”精肉店直営の強みを生かして、新鮮でリーズナブルな価格で肉を提供”しているらしく、あるいは噂で聞いていた通り結構リーズナブルなお値段だ。
 
ステーキMメニューステーキM特別メニュー
そしてこちらが店内に置いてあったこのお店のメニューで、一番高いステーキでも5000円のようだ。で、ステーキの他にも骨付き豚ロースや大海老等があって、更には焼肉ピザなんてのもある。で、何を食べようかと相談した結果、折角なのでちょっとお得な気がした”特別メニュー”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
ステーキM店内
それはさて置き、店内を簡単に紹介して置くとこんな感じで、ステーキ店と言いつつも所謂目の前に鉄板があってそこでシェフが肉を焼くような感じのお店では無く、第一印象はちょっと小洒落た焼肉店のようだ。ちなみにお店の案内に寄ると”店内にはテーブル席9卓を用意。全席にコンロを設置し、客自らがステーキを好みの焼き加減に調理して楽しめる”らしい・・・。これもお店がオープンする時に30番さんやありおんさんから聞いていたので、大体の事は想像が付いてはいたが・・・。
 
ステーキM店内
それともう一つ、こちらはお店入って直ぐの処にあったお肉のショーケースで、確か以前いただいた情報に寄るとこの中から客が食べたいと思うお肉を選んで・・・みたいな話だった気がするが、この日に注文したのが”特別メニュー”からなのかそう言った演出?は無かった。ちなみに『焼肉 彦』と言えば当然店内で食べるのが当り前なのだが、持帰り?のお肉も販売していて10年以上前に桐箱入りのステーキ肉を貰った事があり、それがメチャ美味しかったので、後日兄貴も買って来て食べた事がある・・・。このお肉を見て何と無くそんな事を思い出したのだった・・・(てか、管理人さんの引っ越しの後に『焼肉 彦』へ食べに来た時にもステーキ肉を注文した事が・・・)。
 
ステーキM特別メニュー
それは兎も角として、窓の外に広がる意外と見慣れた?田園風景を見つつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの特別メニューのステーキのお肉であるヘレ(オーストラリア産)とサラダで、他にごはんと味噌汁、更には食後のコーヒーが付いてお値段は税抜き価格1920円也。ヘレ肉の脇にはソーセージとニンニクチップ、それにアルミ箔に包まれた蒸し焼用の野菜が添えられている。
 
ステーキM特別メニュー
そしてこちらが特別メニューヘレ肉(オーストラリア産)で、サイズは160gとの事。で、先にも書いた様に”客自らがステーキを好みの焼き加減に調理”と言う話で、塩胡椒も客の手でするスタイルになっている・・・。個人的には鉄板ステーキ専門店の様にお店のシェフに焼いて貰って最後にワインでフランベ?して食べる方が楽ちんではあるが、ワイワイガヤガヤと気軽に高級ステーキ肉が楽しめると思えば、これはこれで良いかも知れない・・・。
 
ステーキM特別メニュー
それはさて置き、早速このヘレ肉をコンロの上に・・・。此処で肉をアルミの上に乗せたままで焼くのか、直接網の上で焼くのか悩んだのだが、野菜はアルミ箔に包んで蒸焼きにするのだからお肉も同じ様に・・・とそのまま乗せた・・・。が、やはりこれは失敗だったようだ。てか、確かに最初に女性スタッフの方が遠赤外線を使ったコンロで余分な脂が落ちる・・・と言っていたのだが、肉を運んで来てくれたお兄さんからは具体的な焼き方を説明してくれなかったもんで・・・。ま、個人的に脂大好きなので、余分な脂もあっても全然構わん気もするが・・・。
 
ステーキM特別メニュー
そしてこちらが片面が焼き上がったので裏返したヘレステーキの姿で、この後自分で食べ易いサイズに適当にカットして、それを添付の特製ダレ、わさび醤油、岩塩の3種を適当に付けて食べると、お肉がとても柔らかくジューシーでメチャ美味いオーストラリア産と態々書いてあったので、もしかすると固い肉かも・・・と言う不安もあったのだが、全くそんな事の無いメチャ美味しいお肉だった!
 
ステーキM特別メニュー
ちなみにヘレステーキの断面を見るとこんな感じで、160gのサイズと言う事もあって結構な肉厚だ。で、この時も話題になったのだが、家で自分でステーキを焼くとアッと言う間に肉の中心まで火が通ってしまって残念な状態になってしまう事が多いのだが、流石に遠赤外線コンロの成せる技なのか、私が適当に焼いても中々エエ感じのミディアムレアな焼き具合になったような・・・。
 
ステーキM特別メニュー
そしてこちらはお肉の脇に置いてあったアルミ箔に包まれた蒸し焼野菜の焼く前の姿で、ヘレステーキ美味しさに圧倒されて焼いた後の野菜の姿を写メるのを忘れていたが、大体こちらは見た目通り、あるいは想像通りの蒸焼き野菜だったかな。そう言えば・・・、ソーセージの焼けた姿も撮って無かった・・・。
 
ステーキM特別メニューステーキM特別メニュー
それともう一つ、こちらはヘレ肉と一緒に運ばれて来たサラダで、ご覧の通りレタスとコーン、それに何やら綺麗な海藻麺とやらが添えられていて、これに2種類用意されたドレッシングを少しずつ試しながら食べたのだが、内容的にはシンプルながら海藻麺と言うアクセントがあって、こちらも中々美味しいサラダであった。
 
ステーキM特別メニュー
ちなみにこちらは後から運ばれて来た特別メニューセットのごはんと味噌汁と漬物で、この日は私が車の運転手だったのでアルコールが飲め無い為、ステーキを食べつつ白いごはんを頬張って食べたのだが、肉と白ご飯の相性も抜群でこれはこれで旨かった味噌汁もシンプルながら家庭的な味わいで、そちらも美味しかったかな。
 
ステーキM特別メニューステーキM特別メニュー
てな事で、大満足のヘレステーキを満喫した後、雑談をしながら食後のコーヒーを待っていると、店内に他のお客さんが居なくなったから?なのか、何だかんだワイワイと賑やかに食べていたから?なのか、無料サービスと言って運ばれて来たのがこちらのシューアイスで、内容的には良くある極々普通のシューアイスだが、目の前にあったコンロで温まった体を冷やす効果もあってこちらもメチャ美味しかった!
 
ステーキM特別メニュー
そしてその後に運ばれて来たのがこちらの食後のコーヒーで、こちらも内容的には至って普通なのだが、ステーキやシューアイス等が全て美味しかった事もあってか、このコーヒーも何と無く美味しく感じた気がする・・・。
 
てな事で、今回はお店がオープンする前に情報を貰った『焼肉 彦』の敷地内に出来た『ステーキM』に漸く行って特別メニューヘレステーキを食べてみたのだが、自分で焼いた事?もあってかメチャ美味しかった!きっと専属のシェフに焼いて貰った方がもっと美味しいと言う気はするが、最初に書いたように何と無く焼肉風でワイワイガヤガヤと食べれてこれはこれで中々楽しかった!そんな事もあって、また機会があれば食べに行ってみようと思う・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。