義史のB型ワールド

2017年12月26日

毎年恒例となった人間将棋 姫路の陣が今年も開催されたので観に行って来た!相変わらず盤上の駒の動きが判り難いが将棋好きには楽しいイベントだ!

Filed under: エンターテイメント,麺類と粉もん — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
2015年に初めて姫路で開催された”人間将棋 姫路の陣”は最初の年は会場が大手前公園での開催だったので何と無くこじんまりしていたのだが、昨年から場所を姫路城三の丸広場に変更しての開催になった。とは言え、相変わらず真上からのカメラが無いので肝心の盤上の駒の動きが判り難かったので、今年は観に行かなくても良いかな・・・と思いつつ、当日になると高校生時代に元将棋同好会の会長だった事もあり、何と無く血が騒ぎだしたのでまたまた観に行ってみる事にした。
 
人間将棋姫路の陣2017
ちなみにこちらが今年も開催された”人間将棋 姫路の陣 2017”のポスターで、人間将棋は何かと言うと”プロ棋士が大型将棋盤(縦約18メートル×横約18メートル)上に配した、甲冑姿などに扮した人間による駒を用いて対局”すると言うイベントだ。で、その人間将棋自体は将棋の駒の生産で有名な山形県天童市で結構古くから開催されている一大イベントなのだが、それが何故姫路で開催されるのかと言うと”相手から取った駒を自らの駒として指すことができ、姫路ゆかりの戦国武将、黒田官兵衛の「人は殺さずに活かすべき」という哲学に相通じるものがある”からなんだとか。
 
人間将棋姫路の陣2017
そしてこちらが姫路城三の丸広場に設置された巨大な将棋盤のステージで、午前中にはこの盤上の上でゲスト対局等が行われた後、正午過ぎになると漸くメインの人間将棋がスタート!例に寄って”黒田官兵衛や今年、姫路城入城400周年を迎えた千姫を題材とした寸劇”が始まった!ちなみに千姫と対戦?するのは姫路城に憑りついた怨霊のオネエサン?だったかな?
 
人間将棋姫路の陣2017
で、その寸劇が終わった後は戦国武将に扮した地元中学生に寄る人間の駒が盤上に登場!今年は将棋盤の奥にスクリーンが設置されていて、昨年までと比べると目線は常に前なので見やすい事には違い無いのだが、これまた例に寄って斜め上からのカメラ映像なので、結局どの駒が何処にあるのかは、良く判らないままだったかな・・・。
 
それはさて置き、今年は割と後方の席から見ていたので余り綺麗な写真は撮れなかったので、人間将棋の紹介は此処まで・・・。ま、基本的な内容は昨年&一昨年に開催された時と同じなので気になる方はそちらを参照あれ。で、午前中のゲスト対局を見た後、人間将棋が始まる前に軽く腹ごしらえをしようと大手前公園で開催されていた”全国陶器市とか皮革フェスティバルとか姫路菓子まつり”のイベント会場へ行ってみた。
 
生パスタ工房&農家イタリアン Pasta Sorriso(パスタソリーゾ)生パスタ工房&農家イタリアン Pasta Sorriso(パスタソリーゾ)
で、流石にこの時の大手前公園のイベントは食べ物がメインでは無かったので飲食ブースの数は少なかったのだが、それなりに食べてみたい商品が何品かあった。その中から食べてみようと決めたのがこちらの『生パスタ工房&農家イタリアン pasta sorriso(パスタソリーゾ)』で、お店の前に何やら”姫路和牛のミートソースの生パスタ”と言うボードが置いてあったので、姫路和牛と言う文字に釣られてそちらを食べてみる事に決定!!!
 
pasta sorriso パスタソリーゾ姫路和牛のミートソース生パスタ
そしてこちらが実際に買って食べた”姫路和牛のミートソースの生パスタ”と、これまた同じブースで販売していた”姫路和牛x姫路の豚のソーセージ”で、それぞれのお値段は500円なので合計金額は1000円也。例に寄ってこの写真だけでは大きさが判り難いのだが、パスタの方は思った程のボリュームでは無いが、ソーセージの方は結構デカイ!とは言え合計で1000円と言うのは少し高目な気もする・・・。
 
pasta sorriso パスタソリーゾ姫路和牛のミートソース生パスタ
それはさて置き、こちらがメインの”姫路和牛のミートソースの生パスタ”で、お店前に置いてあったボードに寄るとイベント会場限定のメニューらしい・・・・。で、ご覧の通り偶に食べるストレートタイプのパスタでは無く、マカロニ形状をしたショートパスタで、姫路和牛自体の存在感は期待した程では無いが、普段食べるミートソースとは違った味わいがあって中々美味しかった
 
pasta sorriso パスタソリーゾ姫路和牛のソーセージ
そしてこちらが”姫路和牛のミートソースの生パスタ”とセットで思わず買ってしまった”姫路和牛x姫路の豚のソーセージ”で、1本500円と言う事もあって結構な大きさがあって、当然の如く焼立て熱々でお肉感満載のジューシーな味わいでメチャウマい!この時このブースで生ビールを販売して無かったので、残念ながらビールは飲まなかったのだが、きっと生ビールと一緒に食べたらもっと美味しかったに違い無い
 
てな事で、途中で話が脱線したが今年も開催された”人間将棋 姫路の陣 2017”に行って来たのだが、相変わらず盤上の駒の動きが判り辛く例年通り解説盤を見る方が多かったのだが、それでも将棋ファンには中々楽しいイベントだった。とは言え、観客の大半は人間将棋の駒役をやっている中学生の父兄や親戚一同が一番多かったような・・・。てか、将棋のルールを知らないと、やっぱ観ていても面白くは無いだろうなあ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.