義史のB型ワールド

2017年12月21日

今年の”たかさご万灯祭2017”の二日目に”焼きあなご”や”そば屋のラーメン”や”ソースかつ丼”等を食べてみた!どれもシンプルな内容だがメチャウマい!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:31 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続く今年の”たかさご万灯祭”のお話・・・。初日は結構駆け足での町内散策になったので若干観て廻れなかった部分があったのと、例に寄って他にも食べてみたい食べ物ブースがあったので翌日も”たかさご万灯祭”の見物に出掛けて行った。で、先ず最初に行ったサンモールのステージ前で甥っ子ファミリーに出会ったので、その後に高砂銀座商店街に出店しているお店で何か食べる事になった。
 
たかさご万灯祭2017焼きあなご
で、サンモールから高砂銀座商店街へ向かっていると、その手前にある高砂センター街の入口近くに毎週火曜日と土曜日の二日間だけ午前中に売りに来るお店が開いていた。そう言えば昨年の高砂神社秋祭りの日にこのお店で”焼きあなご”を食べたらメチャ美味しかったので、今回も迷う事無く食べてみる事に決定!!!
 
たかさご万灯祭2017焼きあなご
こちらが実際に買って食べた”焼きあなご”で、3人分で3匹買ったのだが食べ易いようにと最初からカットして貰った。で、当然の如く焼立て熱々で身も柔らかくふっくらとして、タレも定番の甘辛い味で期待通りにメチャウマい!前日食べた『下村商店』の”あなご丼”とか”あなごの天ぷら”とは全然違う味わいながら、このお店の”焼きあなご”は流石に焼き立て熱々と言う事もあってメチャウマだった!
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
で、高砂銀座商店街に到着後、先ず最初に目に留まったのが月一回開催されている”朝ごぱん市”や夏に行われていた”コミセン祭り”等ですっかりお馴染みとなった『そば居酒屋 千尋』が、この日も”そば屋のラーメン”を販売しているのを発見!!!確かこのお店が”朝ごぱん市”に初めて出店した頃は当然の如く蕎麦を販売していたのだが、何時からかラーメンに変えたらそれが人気だったからなのか最近はずっとラーメンを販売している・・・。それはさて置き、この日は前日と変わってメチャ寒かったので、先ずはこの”そば屋のラーメン”を食べて体を温める事にした。
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
そしてこちらが実際に買って食べた”そば屋のラーメン”で基本的には以前に”朝ごぱん市”で食べた”そば屋の朝ラーメン”と全く同じ内容で、雰囲気的には夜泣き販売の屋台のラーメン風・・・と言うのか一昔前のドライブインや高速道路のサービスエリア等で食べたような懐かしいスープで、専門店で食べる味とは全然異なるのだが、これが中々ウマい!
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
で、こちらは”そば屋のラーメン”にトッピングされていたチャーシュー・・・と言うのか”そば”のトッピングでも使っているような豚肉を煮込んだような物だが、こちらもしっかりとした味わいがあって中々ウマい!他のお店では食べれ無いこの組合せが結構良いアクセントになっているのかも・・・。
 
たかさご万灯祭2017そば屋のラーメン
ちなみに”そば屋のラーメン”はこんな感じの麺で、いわゆる業務用・・・あるいはスーパー等で市販されている極々一般的な中華麺だった。
 
それはさて置き、この後は甥っ子ファミリーと別れ前日観て廻れなかった処を何ヵ所か散策した後、未だ何と無く食べ足り無い感じだったので、何か買って帰って家で食べようと思い再び高砂銀座商店街へ戻って来た。
 
たかさご万灯祭2017あかつきたかさご万灯祭2017あかつき
で、何を買って帰ろうかとあちらこちらを見て廻った後、一番気になったのが前日”ビフカツサンド”を販売していたこちらの『あかつき』と言うブースで、お店の張り紙を見てちょっと気になったので、お店の場所を見ると個人的に良く食べに行っていたあの姫路琴丘にあった『希望軒ラーメン本店』発祥の店舗跡地で、最近も『中華そば 萬丸/姫路西店』とか『背脂中華そば専門店 麺醤屋』とお店が変わる度に食べに行っていた場所に、半年位前に誕生したお店で、『博多一風堂/姫路店』へ食べに行った帰り道にお店の前を通るので以前から一度食べてみたいと思っていたお店でもある。
 
たかさご万灯祭2017あかつきソースかつ丼
ちなみにこちらはお店のブースで、この日は”ビフカツサンド”では無くお店の看板商品の一つである”ソースかつ丼”を販売しているとの事。が、とんかつ自体は沢山揚げて用意してある物の、肝心のご飯が売り切れてしまって?今炊いている途中・・・と言う事で10分程してから戻って来て・・・と言うような状況だった。
 
たかさご万灯祭2017あかつきソースかつ丼
それはさて置き、こちらが実際に買って食べた”ソースかつ丼”で、当ブログで偶に書いている様に”福井ソースカツ丼”では無く千切りキャベツを敷いた、どちらかと言うとこの界隈では良くある例えば”かつやのソースカツ丼”とか有名な”駒ヶ根ソースカツ丼”のタイプに近い。で、とんかつ自体は揚げて置いてあったのと買った後直ぐに食べずに持って帰って食べたので、熱々では無いのだが特製ソースが割と甘口の私好みの味で、これまた結構ウマい
 
たかさご万灯祭2017あかつきソースかつ丼
ちなみに”ソースかつ丼”の”とんかつ”の断面を見るとこんな感じで、豚肉自体の厚みは平均的ではあるが大きさは結構あり、冷めてはいるが中々ジューシーで”とんかつ”自体も中々ウマい!これは一度、姫路琴丘にある実店舗に食べに行かなければ!と思わせる味だった。
 
たかさご万灯祭2017魚亭やつか穴子の箱寿司
最後に・・・先に”ソースかつ丼”を買った後、商店街を抜けて帰ろうとすると『魚亭やつか』のブースが全品半額セールをやっていたので、翌日の朝飯か昼飯ぐらいに丁度良いか・・・と考え思わず買ってしまったのがこちらの”穴子の箱寿司”で、最近はこの手お箱寿司を食べる機会は減ったのだが、幼き頃は寿司と言えば巻き寿司か箱寿司しか食べて無かった事もあって、そんな懐かしさも加わってかメチャ美味しかったかな。
 
てな事で、”たかさご万灯祭”の二日目に高砂名物とも言える”焼きあなご”を筆頭に、高砂とは全く関係の無さそうな”そば屋のラーメン”と”ソースかつ丼”を食べてみたのだが、どれもシンプルな内容ながら中々美味しかった!特に『あかつき』と言うお店には以前から食べに行ってみたいと思っていたので、今度姫路に行く機会が有ればちょっとお店に寄ってみたいと思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.