義史のB型ワールド

2017年11月27日

毎度お馴染みの”くら寿司”で”熟成大とろ”とか”消えるお化けの黒カレー”とか”香る松茸天うどん”等を食べてみた!この日食べた料理はどれも中々ウマかった!

Filed under: カレー, — 代理人 @ 9:19 PM
 
代理人記録
 
相変わらずラーメンをメインに食べに行っている各回転寿司チェーン店であるが、毎度お馴染みの『くら寿司』には”熟成まぐろフェア”とか”極上かにフェア”が開催されている時にも食べに行く事がある。で、10月の中旬頃にも”熟成まぐろフェア”が開催されていて、そのフェアメニューを見ると今まで『くら寿司』では今迄食べた事の無い”香る松茸天うどん”ってのがあったので、それに釣られてまたまた食べに行ってみた
 
無添 くら寿司/アイモール高砂店
こちらがまたまた行って来た『無添 くら寿司/アイモール高砂店』で、この日も少し早目のお店が開店して未だ間も無い時間帯での訪問だったのだが、何時もの如く既に先客万来。ま、流石にカウンター席は未だ閑散としていたので直ぐに席に案内はされたが、相変わらずの人気だ
 
くら寿司熟成まぐろフェアくら寿司ハロウィン特製メニュー
そしてこちらがこの時に『くら寿司』で開催されていた”熟成まぐろフェア”で、他にも”ハロウィン特製メニュー”なるものもあり、その内容を見てみると”当社初の「ハロウィン特製メニュー」4種(「消えるお化けの黒カレー」、「魔女の海老マヨ」、「魔女のはぐき」、「恐怖の目玉ムース」”等の楽しげなメニューが沢山ある!なので、折角なのでこれらの中から適当に何品か注文!!!
 
くら寿司熟成大とろ極旨一貫
で、先ず最初に運ばれて来たのが”熟成まぐろフェア”定番とも言えるこちらの”熟成大とろ 極旨一貫”で、お値段は税別価格200円也。毎度の事ながら実物を目にするまでどんなネタが来るのか判らないのだが、少し前に”スシローで食べた本鮪大とろ”に負けないぐらいの肉厚がある。ちなみに商品説明に寄ると”こだわりのまぐろの極上部位を使用した逸品!”らしく、脂身感満載でメチャウマかった
 
くら寿司ハロウィン特製魔女の海老マヨ
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”ハロウィン特製魔女の海老マヨ”で、お値段は税別価格200円也。商品説明に寄ると”見た目はグロテスク!味は絶品!揚げたてのサクサクとした食感が大人気の「特撰海老マヨ」を、紫キャベツの特製マヨソースで彩りました。食べておいしく、見た目も楽しい商品”との事。確かに色はちょっと不気味だが割りと普通のマヨネーズに近い味で意外と美味しかった!
 
くら寿司ハロウィン特製消えるお化けのカレー
そしてこちらも”ハロウィン特製メニュー”の中から注文した”ハロウィン特製消えるお化けのカレー”で、お値段は税別価格370円也。ちなみに商品説明を読むと”大人気の「シャリカレー」にイカスミなどを加え、コク深い味の「暗黒のカレーソース」に仕上げました。シャリは紫キャベツを使用した特製マヨソースでコーティング。さらに「オバケ」をイメージした真っ白な綿あめをトッピング。「暗黒のカレーソース」を綿あめにかけてお召し上がりいただくことで、「オバケ」が消える楽しい仕掛けを楽しめるとともに、ピリ辛のカレーと甘い綿あめが絶妙にマッチします”との事なのだが、ちょっと楽しみにしていた、あるいは消える様子を動画で撮ろうかとも思っていた”オバケ”の姿が無い・・・。直通レーンの上を流れている間に消えてしまったのか、あるいは風圧で何処かに飛ばされてしまあったのか・・・。ま、きっと乗せ忘れだとは思うが・・・。で、何時もであれば早速店員さんを呼びつけて・・・となるのだが、どう見ても店内がてんやわんや状態だったので、それも大人げないと思って今回は諦めたのだった。繁忙時間帯に食べに行くとこんな事が多いから嫌なのよね・・・。
 
それはさて置き”特製マヨソース”が先に食べた”ハロウィン特製魔女の海老マヨ”と全く同じだったが”暗黒のカレーソース”は至って普通の味で中々ウマい!あらためて商品説明を読むと”通常のカレールーをベースにイカスミで「黒」にアレンジ。シャリの上には紫キャベツの特製マヨソースと共に、甘い綿あめを乗せ、「消えるお化け」を表現しました。マヨソースのコクと酸味、綿あめの甘みがカレーとマッチする、今までにない一品です”との事・・・。そうか・・・”消えるお化け”は綿あめ味だったのか・・・。やっぱ食べてみたかった気がする・・・。
 
くら寿司香る松茸天うどん
そんなこんなで”ハロウィン特製メニュー”等を食べた後、満を持して注文したのがこちらの”香る松茸天うどん”で、お値段は税別価格370円也。ご覧の通り商品名から想像が付くように普通の”かけうどん”に”松茸の天ぷら”が入っているだけだがその脇には素の松茸?も入っている。ちなみに商品説明に寄ると”蓋をあけた瞬間にひろがる芳醇な松茸の香りその味を閉じ込めた松茸の絶品天ぷら”との事らしい・・・。
 
くら寿司香る松茸天うどん
そしてこちらが”香る松茸天うどん”の命とも言える”松茸の天ぷら”で、値段が値段だけに松茸は結構薄切りサイズだが、天ぷらの衣に出汁が浸み込んでいるからか中々ウマい!そう言えば何年か前にうどんチェーン店の『杵屋』で”松茸うどん ~土瓶蒸し風~”と言う似たような松茸入りのうどんを食べた事があるが、天ぷらになっている事もあってこちらの方が美味しかった気がする・・・。
 
くら寿司香る松茸天うどんくら寿司香る松茸天うどん
ちなみに”香る松茸天うどん”に入っていた”松茸の天ぷら”の衣を剥がした様子と、別途入っていた素の松茸はこんな感じで、それぞれの形・・・と言うのか部位に応じた食感があって、これはこれで中々楽しい香る松茸天うどん”であった!
 
てな事で、毎度お馴染みの回転寿司チェーンの『くら寿司』で開催されていた”熟成まぐろフェア”に行って”熟成大とろ 極旨一貫”を始めとして”ハロウィン特製メニュー”の”ハロウィン特製魔女の海老マヨ”と”ハロウィン特製消えるお化けのカレー”、それに”香る松茸天うどん”を食べてみたのだが今回食べた4品はそれぞれ全く違う料理ながら、どれも中々美味しかった!ま、本来であれば”ハロウィン特製魔女の海老マヨ”と”ハロウィン特製消えるお化けのカレー”はハロウィンの前後に紹介したかった気もするが、この日以降に『くら寿司』へ行った話はまた後日・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。