義史のB型ワールド

2017年11月25日

毎度お馴染み、姫路山陽百貨店の秋の北海道大物産展で”旭川ラーメン梅光軒”の”北海道産鮭節ラーメン”を食べてみた!鯖節や鰹節とは異なる味わいではあったが・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:24 PM
代理人記録
 
そもそも私が大のラーメン好きになったのは、幼い頃に父に連れられて良く行っていた姫路山陽百貨店で開催されていた”北海道物産展”の会場で食べた事がきっかけだ。そんな事もあって、今現在でも毎年定期的に開催されている”北海道物産展”へ行ってラーメンを食べるのが楽しみの一つにもなっている。で、毎年播州秋祭りシーズンの期間中にも”秋の北海道大物産展”が開催されていて、今年も『旭川ラーメン梅光軒』と言う余り耳にしあた事の無いラーメン屋さん・・・と最初は思ったが何年か前にも一度食べた事があるお店が再び登場していたので食べに行ってみた。
 
北海道旭川ラーメン梅光軒特設茶屋
こちらがまたまた行って来た姫路山陽百貨店の6Fで開催されていた”秋の北海道大物産展”の会場の一角にあった特設茶屋で、今年は”ミシュランガイド北海道2012”掲載店の『旭川ラーメン梅光軒』と言うお店との事・・・。個人的に北海道旭川にはラーメンを食べるだけの為に車やバイクに乗って2回程食べに行った事があるのだが、このお店の名前を聞いた事は無い・・・と思って過去ログを見たら4年位前にも一度登場していたようで、”創業昭和四十四年、「北海道経済」主催の「第一回旭川ラーメン 大賞」で最優秀賞を受賞”したと言う結構有名なお店のようだ。
 
旭川ラーメン梅光軒特設茶屋のメニュー旭川ラーメン梅光軒特設茶屋のメニュー
そしてこちらが『旭川ラーメン梅光軒』の特設茶屋のメニューで、札幌は味噌ラーメン函館は塩ラーメン旭川は醤油ラーメン(私の大好きな『旭川らーめん山頭火』は”塩とんこつ”で有名だが・・・)として区分けされているのだが、ご覧の通り醤油・味噌・塩と一通りのスープが揃っている・・・。そんな中から今回は”2017山陽百貨店スペシャルメニュー”と題された”北海道 鮭節ラーメン【醤油味】”を食べてみる事に決定!!!
 
旭川ラーメン梅光軒北海道産鮭節ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”北海道産鮭節ラーメン”で、お値段は税込価格1080円也。商品説明に寄ると”北海道産ブナ鮭を伝統の手火山造りで仕込んだ絶品の鮭節を使用。薫り高い一杯をお楽しみください”との事。で、メニューの写真には海苔の上に鮭節が乗っていたのだが、実際に運ばれて来た物には見当たらない・・・と思ってスープを飲んでみるとどうやら先にスープの中に溶け込んでいるようで、確かに他店で食べる鯖節や鰹節の魚粉とは違う味わいがある。で、スープ自体も”豚骨と鶏ガラをベースに魚介で仕上げた伝統的な旭川ラーメン”らしいのだが、期待が高かった事もあって思った程の旨さは感じなかったかな。
 
旭川ラーメン梅光軒北海道産鮭節ラーメン
そしてこちらは”北海道産鮭節ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、この特設茶屋で提供されているものと同じかどうかは定かでは無いが本店の商品説明に寄ると”大ぶりで柔らかい食感のチャーシューには、希少な北海道産「かみこみ豚」のモモを使用”との事で、確かに食べ応え満点でこちらは中々ウマい
 
旭川ラーメン梅光軒北海道産鮭節ラーメン
ちなみにチャーシューを横から見るとこんな感じで中々の厚みがある。何年か前には”中華蕎麦とみ田のラーメン”とか”新在家ラーメンもんどのもんジロウ”等で極厚チャーシューを食べた事があるのだが、最近は余り出会わなかった事もあって余計に旨かった気もする・・・。
 
旭川ラーメン梅光軒北海道産鮭節ラーメン
それともう一つ”北海道産鮭節ラーメン”の麺はこんな感じの中細ちぢれ麺で、これまた本店の情報によると”通常よりもちぢれが強く、より多くのスープが絡みやすくなっている”らしい・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの姫路山陽百貨店で開催されていた”秋の北海道大物産展”で、今回は『旭川ラーメン梅光軒』の”北海道産鮭節ラーメン”を食べてみたのだが、確かに普段食べる魚粉とか節系のスープとは違った味わいはあったが、若干私の好みの味とも違っていたかな。そんな事もあって、この”秋の北海道大物産展”が開催されている2週間の期間中に普通の”旭川定番の醤油ラーメン”を食べに行こうかと思いつつも、行かず仕舞いで終わってしまった・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.