義史のB型ワールド

2017年11月23日

毎度お馴染みの”らーめん幸楽苑”で株式上場20周年記念の”ふかひれ姿煮らーめん”を食べてみた!姿煮は若干小さ目だが値段も手頃で中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
10数年前に姫路に初進出して来た昭和二十九年創業の『中華そば 幸楽苑』は、姫路に3店舗同時オープンした時は”中華そば”の値段は税別価格390円だったのだが、その半年後に『加古川店』がオープンした時は290円に値下げされ、一躍格安ラーメンチェーンの筆頭に踊りでた・・・。が、最近の物価高に影響されたのか2年位前に”290円の中華そば”の販売を中止し、また変りに520円で登場した”醤油らーめん『司』”も不評で、何とかその苦境を打開しようと約1年前に『中華そば 幸楽苑』から『らーめん 幸楽苑』へと衣替えを始めた。とは言え、内容的には変わり映えしなかったので最近は全然食べに行って無かったのだが、10月の上旬に株式上場20周年記念で”ふかひれ姿煮らーめん”が登場したので久々に食べに行ってみた。
 
らーめん幸楽苑/加古川店
こちらが久々・・・と言うのか約1年ぶりに行って来た『らーめん 幸楽苑/加古川店』で、以前にも書いている様に約10年位前に『幸楽苑』が姫路に初進出して来た時に姫路御国野店で食べて以来、この『加古川店』が出来てからも定期的に食べに行っているのだが、その頃は”290円の中華そば”が看板商品だったのが、当時のライバルチェーンの一つだったラーメン1杯180円で一世風靡した『びっくりラーメン』が潰れた様に、今は格安だけでは生きていけない時代・・・。そんな事もあってか、前回書いたようにこの『幸楽苑』も格安ラーメンチェーンから何とか脱却しようと四苦八苦している気がする・・・。
 
幸楽苑ふかひれ姿煮らーめんフェアメニュー
そしてこちらが『幸楽苑』の株式上場20周年記念で登場した”ふかひれ姿煮らーめん”のフェアメニューで、商品説明を読むと”コラーゲン豊富な胸ビレを贅沢に1枚そのままらーめんの上に載せた。とろける触感と極上の舌触りがたまらない贅を極めた一品”との事。個人的には少し前に3500円もした”姿ふかひれのスープそば”を筆頭に”大阪王将のフカヒレらーめん”とか”リンガーハットのふかひれ姿煮めん”等、結構な割合食べている大好きなラーメンの一つなので、それらとの比較の意味も兼ねて食べてみたかったのであった!
 
幸楽苑ふかひれ姿煮らーめんギョーザセット
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ふかひれ姿煮らーめんギョーザセット”で、その名の如く”ふかひれ姿煮らーめん”と”ギョーザ”がセットになってお値段は税込価格961円也。ちなみにこの日も”金券半額返還フェア”の日に食べに来たので、この後400円分の金券を貰ったのだが、後40円ほど何かを食べて金額を増やして1000円を超えていたら500円分の金券が貰えたので、小市民な私としてはちょっと迂闊(うかつ)だったかも・・・。
 
幸楽苑ふかひれ姿煮らーめん
それはさて置き、こちらが今回食べた”ふかひれ姿煮らーめん”で、単品税込価格はお客様感謝価格で853円也。で、パッと見た印象としては”ふかひれの姿煮”よりも何と無く”もやし”の方の存在感が目立っているような・・・。ちなみに商品説明に寄ると”ふかひれの姿煮を丸ごと使い、濃厚なスープと麺が絡むとても贅沢な一品”との事。それはさて置き、先ずはスープから一口飲んでみると”フカヒレラーメン”定番のトロミのある甘目の味で中々ウマい
 
幸楽苑ふかひれ姿煮らーめん
そしてこちらが”ふかひれ姿煮らーめん”の命とも言える”ふかひれの姿煮”で、他店で食べた”フカヒレ”と比べると若干小さ目ではあるが、口の中で蕩けて行くような食感・歯触りは十分楽しめてこれまたウマい!偶に他のお店で”フカヒレラーメン”を食べると姿煮では無く繊維状のものしか入って無い時があるので、そう考えるとこのお値段で姿煮が味わえるのは確かにお得だったかも・・・。
 
幸楽苑ふかひれ姿煮らーめん
ちなみに”ふかひれ姿煮らーめん”の麺はこんな感じの細麺で、こちらも何と無くであるがこのお店定番の”多加水熟成太麺”では無く、”醤油らーめん『司』”で使われていた麺と同じタイプのようだ。ま、どちらの麺が好みかは人それぞれな気はするので何とも言えないが、前回にも書いたように個人的にはこちらの麺の方が好きかも・・・。
 
幸楽苑ギョーザ
そしてこちらはセットで食べると100円安い・・・と言う言葉に釣られて頼んでしまった”ギョーザ”で、本来のお値段は税込価格216円也。で、流石にランチタイム直前の繁忙時間帯?と言う事もあって次々と焼いているのか、焼き立て熱々のジューシーな具でメチャウマい!相変わらず偶に『餃子の王将』で餃子を食べているが、最近は無料券も半額券も手に入らない事を思うと、この”ギョーザ”が108円で食べれたと思うと結構お得だったかも・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『幸楽苑』が株式上場20周年記念で”ふかひれ姿煮らーめん”を販売していたので試しに食べてみたのだが、”ふかひれの姿煮”の大きさ自体はそれなりではあったが味的には中々美味しかった!そしてこの時に貰った400円分の金券を使って再び”五目旨煮らーめん”を食べに行ったのだが、その話はまた後日・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。