義史のB型ワールド

2017年11月12日

久々に行った”めし炊き名人ぱっぱ屋”で”ビーフカツカレー”を食べてみた!お芋が入った家庭的なカレーを期待したのだが、意外と欧風っぽかった。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:08 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした買物で加古川別府にあるヤマダ電機に行って店内を散策していたら某所からの呼び出し?の電話が掛かって来たので、午後一番でそちらへ行く事になった。となるとその前にランチを食べてから・・・と考えたのだが、時間も余り無いし・・・と言う事で、久々にヤマダ電機の直ぐ目と鼻の先にある『めし炊き名人 ぱっぱ屋』に行ってみる事にした。
 
めし炊き名人ぱっぱ屋
こちらが久々に行って来た『めし炊き名人 ぱっぱ屋』で、このお店は今から約10年程前に『らーめん八角』グループが当時勢いのあった『まいどおおきに食堂』を真似て作ったような感じの定食屋さんなのだが、思った程には流行らなかったからか、現時点ではこの一店舗しか無い。ちなみにお店がある場所は明姫幹線加古川壱丁田交差点の南西の角で、直ぐ目の前には『らーめん 幸楽苑』や『カレーハウスCoCo壱番屋』や『松屋』があったり、最近『昭和お好み焼劇場 うまいもん横丁』が出来たりと、個人的には結構馴染のある界隈だ。
 
めし炊き名人ぱっぱ屋ビーフカツカレーのメニュー
それはさて置き、『めし炊き名人 ぱっぱ屋』と言えば毎月10日、20日、30日の”ぱっぱデー”の日に”かつめし”が半額になってメチャお得なのだが、流石にこの日はそんなサービスはやって無い。かと言って定食とか一品物は10年前に良く利用していた頃の印象からすると、それ程食べたいと思う料理も無かったので、以前から一度食べてみたいと思っていた”ビーフカツカレー”を食べてみる事に決定!!!
 
めし炊き名人ぱっぱ屋ビーフカツカレー
で、このお店はセルフ形式のお店なのだが”かつめし”等と同じく注文してから調理するので、先に席に着いて待っていると間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ビーフカツカレー”で、お値段は税込価格950円也。このお店自体が家庭的な料理を売りにする定食屋さんなので、もっと芋等の野菜が入った家で作るようなカレー・・・例えば米田にある”真心うどんのカレー”みたいな物を期待していたのだが、パッと見た感じは意外と”CoCo壱番屋のカレー”に似た様なさらさらルーの欧風っぽいカレーで普通に美味しい・・・。
 
めし炊き名人ぱっぱ屋ビーフカツカレー
そしてこちらが”ビーフカツカレー”にトッピングされていた”ビーフカツ”で、雰囲気的にこのお店の人気商品である”和牛かつめし”にトッピングされている”ビーフカツ”と全く同じようで肉厚が薄いタイプだが、揚げ立て熱々で普通に美味しい。とは言え、人気の洋食屋さんで食べた”ヘレビーフカツレツ”とか人気チェーン店の『牛カツ専門店 京都勝牛』等と比べると流石に・・・みたいな気はしたが・・・。
 
てな事で、久々に行った『めし炊き名人 ぱっぱ屋』で今回は”ビーフカツカレー”を食べてみたのだが、もうちょっと素朴で家庭的な味のカレーを期待していたのだが、意外と普通の欧風カレーっぽい感じだった。やっぱこのお店は毎月10日、20日、30日の”ぱっぱデー”の日に来て半額サービスの”かつめし”を食べるのが正解なんだろう・・・。でも”ぱっぱデー”の日は早い時間帯から結構混んでいるからなあ・・・。あの混雑が無ければもっと食べに行くのになあ・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。