義史のB型ワールド

2017年11月11日

毎度お馴染みの”はま寿司”から昨年100万食以上を売り上げた大人気商品と言う”荒ぶし醤油ラーメン”が再登場したので食べてみた!私の大好きなブラックラーメン風で中々ウマい!

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
相変わらずラーメンをメインに食べに行っている各回転寿司チェーン店であるが、最近の『スシロー』は”まぜそばシリーズ”に力を入れているし、『くら寿司』は”7種の魚介らーめんシリーズ”の他にこれと言った新作が登場しない。そんな中、『はま寿司』では割と王道のラーメンが定期的に登場するので、それに釣られてほぼ毎回食べに行っているのだが、その中の一つである”荒ぶし醤油ラーメン”が”昨年100万杯以上を売り上げたラーメンが、さらに魚介の風味増し増しで再登場”したので、またまた食べに行ってみた。
 
はま寿司/加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『すき家』の親会社で有名なゼンショーグループ系列の『回転寿司チェーン はま寿司/加古川平岡店』で、この日も正午前の少し早目の時間帯の訪問だったので、流石に入店時は閑散としていたのだが、食事を終えて帰る頃には入口付近で空席待ちの客で溢れる位・・・。回転寿司チェーンとしては、どちらかと言うと新しい方なのだが、この勢いで行くとトップ3に入る日は近い(あるいはもう3位ぐらいか?)。
 
はま寿司フェアメニューはま寿司フェアメニュー
そしてこちらがこの時に『はま寿司』で開催されていたフェアメニューで、最初に書いたように今回の訪問目的である”荒節醤油ラーメン ~黒~”の他にも何やら楽しげなメニューが沢山あったので、”荒節醤油ラーメン ~黒~”を食べる前に”ごま香る もちもち水餃子”とか”蝦夷あわび”とか”生うに握り”等を食べてみる事に決定!!!
 
はま寿司ごま香る もちもち水餃子はま寿司ごま香る もちもち水餃子
で、先ず最初に運ばれて来たのがこちらの”ごま香る もちもち水餃子”で、お値段は税抜価格280円也。過去に当ブログでも書いた事があると思うのだが、若かりし頃に会社の近くにあった中華料理店の”水餃子”は”スープに浸かった餃子”タイプだったのだが、このお店では所謂”水餃子”の王道である”茹でた餃子”で、その上にゴマダレとかネギ等がかかっている。で、商品名通りにモチモチとしていて甘目のゴマダレを絡めて食べると中々ウマい!これをつまみに生ビールが飲みたくなった程だった。
 
はま寿司蝦夷あわび
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”蝦夷あわび”で、お値段は税抜価格150円也。後から気が付いたのだが、『はま寿司』へ来た時には結構な割合で”蝦夷あわび”を食べていたようなのだが、以前は1貫だったのが、今回は2貫だ。で、そのお味であるが、これまた毎回書いているように中華料理店で食べた”鮑のXOジャンソース煮込み”とかステーキハウスで食べた”活あわびのステーキ”のように、何らかの味が付いている方が好きなのだが、今回は意外と”アワビ”自体の味がしっかりとしていて中々美味しかった
 
はま寿司 生うに握り
更にもう一皿食べたのがこちらの生うに握り”で、お値段はこちらも税抜価格150円也。これまた偶に『はま寿司』に来た時に”生うに握り”を食べたのだが、過去の写真と比べると”うに”の種類が違うのか見た目も色艶も全然違う・・・。が、こちらもしっかりとした”うに”で、口の中で蕩ける感もあって中々ウマい!”スシローの小川商店の北海生うに”とか”もりもり寿しの生うに”と比べても、何ら遜色の無い味だった気がする・・・。
 
はま寿司荒節醤油ラーメン~黒~
そしていよいよ満を持して注文したのがこちらの”荒節醤油ラーメン ~黒~”で、お値段は税抜価格350円也。ご覧の通り?昨年食べた”荒ぶし醤油ラーメン”のスープとは違い、私の大好きな”ブラックラーメン”の様な黒いスープに変っている。ちなみに商品説明に寄ると”香り際立ち旨み豊富な「うるめ」「さば」「宗田かつお」を店内で煮出し、醤油ダレに「枕崎産かつお」と「さば」、「乾椎茸」の荒節を漬け込んだ秘伝のかえしを合わせることで、 魚介の風味が口いっぱいに広がるコクのある奥深い味わいの黒いスープが特徴。また、醸造醤油と再仕込醤油の比率を変えることで、黒さと魚介の風味をアップさせた”との事。確かに魚介風味満載な私好みの甘口醤油味で中々ウマい!『はま寿司』では”旨だし鶏塩ラーメン”とか”コク旨 煮干しラーメン”等、色んな種類のスープのラーメンを食べて来たが、個人的には今回のこの”荒節醤油ラーメン ~黒~”が一番好きな味かも・・・。
 
はま寿司荒節醤油ラーメン~黒~
そしてこちらは”荒節醤油ラーメン ~黒~”にトッピングされていたチャーシューで、こちらも昨年食べた”荒ぶし醤油ラーメン”の時とは違ったタイプの薄切りチャーシューで、大きなインパクトは無いが普通にウマい。ある意味『スガキヤラーメン』にトッピングされている肉以上の価値はあった気もする・・・。
 
はま寿司荒節醤油ラーメン~黒~
ちなみに”荒節醤油ラーメン ~黒~”の麺はこんな感じで、こちらは『はま寿司』で登場するラーメンで使われている何時もの麺と同じような感じで味的にも普通なのだが、ご覧の通り黒いスープに絡まって何時も以上に麺にも味があったような・・・。
 
はま寿司フェアメニュー
それはさて置き、この日の最大の目的であった”荒節醤油ラーメン ~黒~”を食べたので気持ち的には満足したのだがお腹的には未だ食べ足り無い・・・。とは言え、他にこれと言って食べたい物が無い・・・と思いつつメニューを見ていると、何やら楽しげな”イエロードラゴンフルーツ”のメニューを発見!!!普段であればこの手のフルーツ系には興味を示さないのだが、其処に書いてあった”高級で希少”と言う文言に釣られてこの”イエロードラゴンフルーツ”を食べてみる事に決定!!!
 
はま寿司イエロードラゴンフルーツ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”イエロードラゴンフルーツ”で、お値段は税抜価格250円也。お皿の大きさと比べると大きさは判ると思うが、周りは皮?なので実際に食べれる部分はそう多くは無いと言う印象・・・。とは言え、我が人生の中で”イエロードラゴンフルーツ”を食べるのは今回が初めての事なので、メチャ楽しみな・・・。
 
はま寿司イエロードラゴンフルーツ
そしてこちらが実際に”イエロードラゴンフルーツ”を食べた時の様子で、ご覧の様に添付のスプーンを使って簡単に皮から身を取り出す事が出来て、そのまま口に入れて食べると何と無く上品であさりした梨っぽい味で中々ウマい値段を考えるとそこまでの価値があるかどうかは微妙だが、取り敢えず”イエロードラゴンフルーツ”がどんな味なのか知るには十分な味だったかな。
 
はま寿司イエロードラゴンフルーツ
ちなみに”イエロードラゴンフルーツ”の裏側・・・と言うのか皮の部分を見るとこんな感じで、実際に食べた時の梨と言う印象とは全く異なる何と無く南国風・・・と言うのかパイナップルに見えなくも無い皮だ。てか、こちら側から見た方が美味しそうに見えるような気もする・・・。宣伝する時はどちらかと言うとこちら側を前面に押し出した方が売れるような気がするが・・・。
 
てな事で、”さらに魚介の風味増し増しで再登場”と言う謳い文句に釣られて、またまた行った『はま寿司』で”荒節醤油ラーメン ~黒~”を食べてみたのだが、確かに私好みの”ブラックラーメン”っぽい感じで中々美味しかった!とは言え、見た目や内容的に若干面白味に欠けるので、やはりはま寿司』には頑張って再び”かにラーメン”を再登場して欲しい気がする・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。