義史のB型ワールド

2017年9月28日

毎度お馴染みの”京都熟成細麺らぁ~めん京”で夏季限定メニューの”魔法のかき氷らぁ~めん”を食べてみた!文字通りスープがかき氷になっていて意外と旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:35 PM
 
代理人記録
 
今では姫路市内に3店舗ある『京都熟成細麺らぁ~めん京(みやこ)』であるが、以前に『山陽姫路駅店』で”万願寺とうがらし”や”京都賀茂ナス”が入ったちょっと変わった”ぎをん鶏しおそば”を食べて以来、約2年近く食べに行って無かった・・・。が、昨年は3周年記念イベントや、ラーメンパス本2にも載っていたり、あるいはその後に私の好きそうな”カレーらぁ~めん”が登場したので、それに釣られて食べに行っりしたので気が付くと昨年だけで6回も食べに行っていた。が、流石にちょっと飽きて来た気がしたのでお店の前を通っても敢えてスルーしていたのだが、3月に登場した期間限定の”新・神様の中華そば”に続いて夏季限定で登場した”魔法のかき氷らぁ~めん”も食べてみたくなったので、またまた食べに行ってみた。
 
京都熟成細麺らぁ~めん京/イオンタウン姫路別所店
こちらがまたまた行って来た『京都熟成細麺らぁ~めん京/イオンタウン姫路別所店』で、流石に書く事も無くなって来たので前回の記事から少し引用すると、8年位前にこの場所にある”イオンタウン姫路別所”が誕生した時に最初に出来たのは『ラーメンまこと屋』だったのが、2年程で撤退、その後は『徳島らーめん ふく利』、『徳島らーめん 八正道』と変遷して3年前に『京都熟成細麺 らぁ~めん京』になったのだった。ちなみに『らぁ~めん京』は他にも姫路飾磨山電姫路駅にもお店があり、何だかんだと私はどちらのお店も良く利用している・・・。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めんメニュー京都熟成細麺 らぁ~めん京冷やしらぁ~めんメニュー京都熟成細麺 らぁ~めん京冷やし中華メニュー
そしてこちらが『京都熟成細麺らぁ~めん京』から夏季限定で登場したラーメンのメニューで、この日の訪問目的である”魔法のかき氷らぁ~めん”の他に、数年前にプチブレークして話題になった”冷やしらぁ~めん”とか、あるいはラーメン屋さんや中華料理店の夏の定番商品とも言える”冷やし中華”に、ちょっと変わった”冷やし坦々 サラダ中華”ってのもあって中々楽しげで、機会があれば他のメニューも食べてみたい気もする・・・。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
それはさて置き、こちらがこの日食べた”魔法のかき氷らぁ~めん”と今回も”替玉・トッピング無料券”を使って追加した”味玉”がセットになって、お値段は税込価格918円也。ちなみに”替玉・トッピング無料券”は毎回帰り際に貰えてしかも有効期限も無いので、ある意味メチャお得だ。ただ今回に限ってはラーメン単体で918円はちょっと高い様な気もしたが・・・。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
そしてこちらが”魔法のかき氷らぁ~めん”で、スープがかき氷になっている事もあってパッと見た感じは”まぜそば”とか”油そば”のようだ。ちなみに商品説明に寄ると”あごだしとカツオの出汁スープに、宗田醤油と甘海老油、凍らせたさっぱりスープをかき氷にしました!スープの層を重ることで氷が溶けてくると2回、3回と味の変化が・・・!”との事。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
ちなみに”魔法のかき氷らぁ~めん”を横から見るとこんな感じで、この角度から見ると普段食べている”鶏しおらぁ~めん”とか”京らぁ~めん”と余り違いは無いような・・・。てか、折角の”かき氷らぁ~めん”なので、少し前に紹介した”本物のかき氷”みたいな風にして盛り付けると最近流行りのインスタ映えして、もっと話題になる気がするのだが・・・。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
それはさて置き、こちらが”魔法のかき氷らぁ~めん”の命とも言える”スープのかき氷”で、数年前に”冷やしラーメン”がちょっとしたブームになった時に、普通の氷を入れたらそれが溶けてスープが薄まってしまうので、お店に寄ってはスープを凍らせた氷を入れている場合も多々あったのだが、何と言っても今回はスープを凍らせてかき氷にしている点がある意味凄い!で、先ずはこの”スープのかき氷”だけを飲む?・・・と言うのか食べてみると、シャリシャリした食感の中に当然の如くスープの味がして若干不思議な感じ・・・。そしてその後、徐々に溶かして食べて行くと偶に食べる”冷やしラーメン”とは違う味わいがあって、あっさりテイストながら中々ウマい!
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
そしてこちらは”魔法のかき氷らぁ~めん”にトッピングされていたチャーシューで、最近このお店に来ても”焼肉らぁ~めん”や”鶏しおらぁ~めん”や”新・神様の中華そば”を食べていたので、普通のチャーシューを食べるのは久々なのだが、それでも何時もの薄切りとは違い”かき氷スープ”に負けないようにか厚切りタイプになっていた。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
それはさて置き、”魔法のかき氷らぁ~めん”には標準で”味玉”は半個トッピングされていたのだが、先に書いたように今回も”替玉・トッピング無料券”が手元にあったので何にしようか思案した結果、やはり一番お得感のある”味玉”を選択したので折角なので”三つ目状態”にして見た。この様な三つ目”や”四つ目”の”味玉”にしたラーメンは何年か置きに食べているのだが、そう言えば”四つ目味玉トッピングの姫路中華そば”を食べた姫路駅前の『ガンガングビグビ本舗』は残念ながら閉店してしまった・・・。それなりに好きなラーメン屋さんでもあったのだが・・・。
 
京都熟成細麺 らぁ~めん京魔法のかき氷らぁ~めん
ちなみに”魔法のかき氷らぁ~めん”の麺はこんな感じの極細麺で、”冷麺”とか”冷やしラーメン”とかでは延びにくい専用の麺を使う場合が多々あるが、実際に食べた印象としてはこのお店定番の”長年をかけて完成させた「低温熟成細麺」、もちもち感の中にも滑らかさを感じる麺”のまんまだった気がする・・・。
 
てな事で、またまた行った当ブログではお馴染みとなった『京都熟成細麺らぁ~めん京』で今回は夏季限定メニューの中からちょっと珍しい”魔法のかき氷らぁ~めん”を食べたのだが、このお店で良く食べている”鶏しおらぁ~めん”とは違う”あごだしとカツオの出汁スープ”をかき氷にしたラーメンで、ちょっとした意外性もあってこれはこれで中々ウマかった!本筋のラーメン屋さんとは少し違って来た感が無いでは無いが、偶にこう言った変わったラーメンが登場するのでこのお店からも中々目が離せない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。