義史のB型ワールド

2017年9月24日

毎度お馴染みの”かつや”で”チャーシューエッグチキンカツ丼”を食べてみた!雰囲気は”今治焼豚玉子飯”風なのだが、それぞれの具に一体感が無く普通にチキンカツ丼だった・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:28 PM
 
代理人記録
 
例に寄って『かつや』の話題だけは早目にご紹介・・・。”100円の割引券”や、最近は毎月登場するフェア丼に釣られて月に一回は必ず食べに行っている、とんかつ・カツ丼チェーンの『かつや』であるが、思い返せば彼是と20年近くに渡って利用している事もあって、最近は年末感謝祭の時か、フェア丼が登場した時しか食べに行く事も無くなって来た。で、今月は2017年の第9弾のフェアで、今迄食べた事の無い”チャーシューエッグチキンカツ丼”が登場したので、またまた食べに行ってみた
 
とんかつ・カツ丼チェーン かつや/明石二見店
こちらがまたまた行って来た『とんかつ・カツ丼チェーン かつや/明石二見店』で、個人的には阪神大震災で三宮界隈の映画館が全て閉館になった後、JR明石大久保駅南側に誕生したマイカルシネマズ明石(現イオンシネマ明石)へ映画を観に行く前後に利用してから、20年近くに渡って利用しているお店だ。で、この時も少し早目の時間帯の訪問だった事もあって、先客はまばらだったが私が帰る頃には何時もの如く続々とお客さんが入って来た・・・。牛丼チェーン店の『松屋』が似た様なトンカツチェーン店の『松のや』に力を注いでいるのも何と無くうなずける気がする・・・。
 
かつやチャーシューエッグチキンカツ丼フェアメニュー
そしてこちらが2017年のフェア第9弾のメニューで、今回は”チャーシューと目玉焼きがのった”その名も”チャーシューエッグチキンカツ丼”との事で、前回の記事にも書いたが予告でこの丼を見た時に何と無く”今治焼豚玉子飯”っぽいイメージが沸いたので、個人的にちょっと楽しみにしていた丼だ。で、フェアメニューを見ると”増し増しチャーシューエッグチキンカツ丼”と”チャーシューエッグチキンカツ丼”の2種類があって、個人的に”かつやのフェア丼”で登場した”増し増しやさいの塩カツ丼”とか”増し増しやさいのチキンカツ丼”等の”増し増しやさいシリーズ”を食べて来た事もあって、”増し増しチャーシューエッグチキンカツ丼”の方を食べようかと思ったのだが、値段を見るとチャーシューが多いだけで200円も高い!個人的にラーメン屋さんに行っても滅多に”チャーシュー麺”を頼む事も無い位なので、素直に”チャーシューエッグチキンカツ丼”の方を食べる事に決定!!!
 
かつやチャーシューエッグチキンカツ丼
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”チャーシューエッグチキンカツ丼”で、お値段は通常税込価格637円の処、今回も何時も通り”100円の割引券”利用で537円也。その内容はと言うと定番の”ソースカツ丼”と同じく白いご飯の上に千切りキャベツを敷き詰めて、その上にこれまたフェアメニュー定番の”チキンカツ”を乗せ、上に目玉焼きをトッピングし、その脇と言うのか丼鉢のふちにチャーシューを数枚添えただけの意外とシンプルな内容の丼だ。ちなみに『かつや』の商品説明に寄ると”ボリューム満点のチキンカツに相性抜群のチャーシューと目玉焼きを組み合わせました!特製のたまり醤油だれを絡めてお召し上がりください”との事。先にも書いた様に四国愛媛のご当地グルメの”今治焼豚玉子飯”をイメージしていたのだが、何と無く似ているような思った程でも無いような・・・。
 
かつやチャーシューエッグチキンカツ丼
で、参考までに”チャーシューエッグチキンカツ丼”を横から見た姿も紹介して置くとご覧の通りで、野菜が千切りキャベツしか無いし”チキンカツ”も1枚のみと言う事もあって、以前食べた今回と同じ値段だった”ガツ盛り野菜のチキンカツ丼”と比べるとボリューム感は無いようだ・・・。
 
かつやチャーシューエッグチキンカツ丼かつやチャーシューエッグチキンカツ丼
それはさて置き、”今治焼豚玉子飯”だと最初に目玉焼きを潰してチャーシューやライスにぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが定番なのだが、流石にこの”チャーシューエッグチキンカツ丼”は掻き混ぜる訳にはいかないので、取り敢えずそのままチャーシューから食べてみると、チャーシュー自体も結構な薄切りなのと”今治焼豚玉子飯”のような焼豚タレ味では無く”特製のたまり醤油だれ”なので、期待していた程の味わいは無い。価格の問題もあろうかとは思うが、”今治焼豚玉子飯”と同じ様なもっと分厚いチャーシューで食べたかった・・・。
 
かつやチャーシューエッグチキンカツ丼
そしてこちらは”チャーシューエッグチキンカツ丼”のもう一つの特徴である目玉焼きで、パッと見た感じは中々エエ感じの半熟度に見えたのだがそれは上の方だけで、気持ち的にはトロトロの半熟の卵黄を”チャーシュー”や”チキンカツ”に絡めて食べてみたかったのだが、結局目玉焼きとして食べた・・・ような感じだったかな。
 
かつやチャーシューエッグチキンカツ丼
ちなみに”チャーシューエッグチキンカツ丼”にトッピングされていた”チキンカツ”の断面はこんな感じで、当然の如く揚げ立て熱々でこれまた”チキンカツ”定番の特製のたまり醤油味であるが普通にウマい!とは言え、流石に毎月登場するフェア丼の内、2回に1回位の割合で食べている毎度お馴染みの味なので、最近は何も感じ無くなって来た気もするが・・・。
 
てな事で、毎度お馴染みの『かつや』から今回も今まで食べた事の無い”チャーシューエッグチキンカツ丼”が登場したので食べてみたのだが、予告を見た時は”今治焼豚玉子飯”みたいな物をイメージしていたのだが、実際に食べてみると”チャーシュー”と”チキンカツ”と”目玉焼き”に一体感が無かった気がする・・・。”目玉焼き”がもっと半熟トロトロだったら、もしかしたら印象もガラッと変わったかも知れない・・・。それはさて置き、次回の予告を見ると”牛すきチキンカツの合盛り丼”と定食らしい・・・。何と無く以前食べた”すき焼き風 牛カツ丼”っぽい感じで、こちらもまた楽しみだ

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。