義史のB型ワールド

2017年9月18日

久々に行った加古川駅高架下にある姫路駅名物えきそばで有名なマネキダイニングで”かき揚げえきそば”を食べてみた!小海老が入った野菜のかき揚げでメチャ美味い!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
最近は何だかんだと週に一回はJR加古川駅前周辺へ行く事があるのだが、その度にJR加古川駅の高架下にある”姫路駅名物えきそば”で有名な『Maneki Dining/加古川店』の前を通る事が多い・・・。で、この日もお店の前を通った時にチラッとメニューを見ると何やら”かき揚げえきそば”と言う商品が販売されている。それって何時も販売されている”えきそば”と同じじゃ・・・と思ったのだが、あれは一応?”天ぷら”らしい・・・。って事で、ちょっとその”かき揚げ”がどんな物なのか見てみたくなったので、久々に食べに入ってみた。
 
マネキダイニング/加古川店
こちらが久々に行って来たJR加古川駅の高架下にある『マネキダイニング Maneki Dining/加古川店』で、以前から時々書いている様に2005年頃にJR加古川駅が大きく改装された際、それまでも駅構内にあった”姫路駅名物えきそば”のお店が『麺処 木八/加古川店』としてリニューアルオープンしたのだが、これまた当ブログで何度か紹介して来た様にJR姫路駅の一角にあった『麺処 木八/姫路店』は数年前に閉店したので、その『麺処 木八/加古川店』だけが残っているのは変だし、早く『マネキダイニング/加古川店』にしてしまえばエエのに・・・と思っていたら昨年の春頃に漸く『まねき食品』が決断を下し、秋頃にリニューアルオープンしたのだった。
 
マネキダイニングかき揚げえきそば(温)
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”かき揚げえきそば(温)”で、お値段は税込価格460円也。ご覧の通り、毎度お馴染みの”えきそば(天ぷら)”とは全く事なるビジュアルだ。で、当然お出汁は何時もの和風だしで、日に寄って味にバラつきがあるのだが、この日は個人的に一番美味しい時の味でメチャウマい
 
マネキダイニングかき揚げえきそば(温)
そしてこちらが”かき揚げえきそば(温)”にトッピングされていた”かき揚げ”で、若干メニューの写真に載っていた物と比べると分厚さが無いのだが、ゴボウ?を中心とした野菜のかき揚げで、しっかりとした身の小海老も入っていてこれまたメチャ美味い!お店の一番人気である”天ぷら”よりも、個人的には衣の食感はこちらの方が好きかも・・・。
 
マネキダイニングかき揚げえきそば(温)
ちなみに”かき揚げえきそば(温)”の麺は当然の如く”中華麺”で、この”中華麺と和風だし”の組合せが”えきそば”の最大の特徴なのである!
 
てな事で、久々に行った『Maneki Dining/加古川店』で今回は新商品の”かき揚げえきそば(温)”を食べてみたのだが、何時も食べる”天ぷら”とは違った食感があってメチャ美味しかった!値段が若干高めに設定されているのが少し気になるが、その内に”天ぷら”、”きつね”に続く人気トッピングの第三位になるかも知れない・・・。個人的には”牛天えきそば”を加古川店でも販売して欲しい・・・と、願っているのだが・・・。

久々に行った加古川尾上にある喫茶店”Cafe Resort 白馬”で何年かぶりに”宇治金時”を食べてみた!ミニサイズでも結構なボリュームで中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:09 PM
 
代理人記録
 
お盆前に先輩と一緒に10数年ぶりに行った加古川尾上鶴林寺近くにある『日本料理 魚・菜・季 しげ真』で”国産うなぎ炭火焼うな重”を食べた後、食後のお茶・・・と言うよりも先輩が”かき氷”を食べに行こうと言うので、直ぐ近くあるこれまた何年かぶりの訪問となる『Cafe Resort 白馬』へ行く事になった。
 
カフェリゾート白馬 Cafe Resort 白馬
こちらが数年ぶりに行って来た加古川尾上にある『Cafe Resort 白馬』で、以前は似たようなパターンで偶に利用していたのだが、前回訪問したのは”マヨカツライス”を食べに来た時以来なので、実に10年ぶり近くとなる。で、この時は土曜日の午後2時頃と言う事もあって、アフタヌーンのひと時を過ごす地元の方々でほぼ満席・・・。どうせならゆったり気分で・・・と言う事で冷房は若干緩めのオープンテラスを利用する事にした。
 
ちなみに白馬と言えば、私が若かり頃のスキーヤーだった時に白馬八方尾根スキー場を筆頭に白馬乗鞍温泉スキー場(これまた行った乗鞍高原温泉スキー場とは別のエリア)、白馬コルチナ国際スキー場、Hakuba47等(若干、昔のスキー場の名前と変っている気もするが・・・)、白馬と名の付くスキー場には数多く行った事があるのだが、それは遠い遠い昔のお話・・・。でもそれぞれに色んな思い出が詰まっていて、とても懐かしい・・・。
 
白馬かき氷見本
それはさて置き、こちらがお店入口に置いてあった”かき氷”の見本の陳列で、これとは別に店内でもメニューが出て来たのだが、最初はブログに乗せる気は無かったのでメニューの写真は撮って無かった・・・。で、ご覧のように”かき氷”は見ただけでも結構なボリュームがありそうだったので、一瞬ひるんだのだがメニューを見ると小さ目サイズがあったので、私はハーフ or ミニサイズの”宇治金時”を食べる事に決定!!!
 
白馬宇治金時アイスクリームトッピング
で、お店が混んでいた事もあって少し時間がかかった後運ばれて来たのがこちらの”ミルク金時”と”宇治金時ミニのアイスクリームトッピング”で、お値段は”ミルク金時”は750円ぐらいで、”宇治金時ミニ”は・・・忘れた・・・。で、どちらにもスイカが乗っているのだが、これは標準で全ての”かき氷”にトッピングされているようだ。
 
白馬宇治金時アイスクリームトッピング
それはさて置き、こちらが先輩が食べた”ミルク金時”(だったと思う・・・)で、先に紹介した写真を見ると判るように結構なボリュームで、スイカ自体も私が食べた”宇治金時ミニ”よりも大き目だし、その他にも色んなフルーツがトッピングされていて中々豪華だ。
 
白馬宇治金時アイスクリームトッピング
そしてこちらが私が食べた”宇治金時ミニのアイスクリームトッピング”で、個人的に普段は滅多に”かき氷”を食べる事は無いので、この量でも若干持て余す程だ。とは言え、”宇治金時ミニ”にもスイカアイスクリームがトッピングされていて、これにちょっとした懐かしさも加わってメチャウマい!そう言えば、以前に管理人さんとも話題になったが、その昔の高砂神社の一大イベントだった”祇園さん”の時に、”とらや”と言う喫茶店に親に連れて行ってもらって”かき氷”を食べるのが、一つの楽しみだった・・・。昭和の良き時代だった頃の思い出の一つな気がする・・・。
 
てな事で、『日本料理 魚・菜・季 しげ真』で”国産うなぎ炭火焼うな重”を食べた後、直ぐ近くにある『Cafe Resort 白馬』で”宇治金時ミニのアイスクリームトッピング”を食べたのだが、スイカアイスクリームもトッピングされていたのと、久々に食べた事もあってメチャウマかった!そんな事もあって、何かまたこのお店に来てみたくなったので、また近い内に”カツライス”を食べに行こうと思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.