義史のB型ワールド

2017年9月12日

またまた行ったニッケパークタウン内にある”釆なりうどん きらく”で”うな玉丼定食”を食べてみた!その名の如く鰻を玉子とじした丼だが、トロトロして中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
少し前まではJR加古川駅近くへ行った時に加古川プラザホテルの1Fにあるレストランを利用する事が多かったのだが、昨年の10月下旬頃に加古川ニッケパークタウンがリニューアルしてからは、そちらに出来たフードテラスやレストラン街へ行く事が増えた。で、この日もちょっとした買物で加古川ニッケパークタウンへやって来た序でに、またまたレストラン街の一角にある『釆なりうどん きらく』に行って、期間限定の”うなぎメニュー”の中からどれか一つ食べてみる事にした。
 
釆なりうどん きらく/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川ニッケパークタウンの1Fのレストラン街の一角にある『釆なりうどん きらく/加古川店』で、今年の初め頃に食べに来た時は割と店内は閑散としていたのだが、この日は正午前の時間帯なのに既に店内は満席状態で、偶々空いていた唯一の二人席に案内された。鞄を持ってる事もあって、本当は広い席に座りたいのになあ・・・と思っていたら、私の直ぐ後にやって来た一人客のお婆ちゃんは、偶々空いた4人掛けのテーブル席に案内されたのだが、お婆ちゃんは”もっと狭い席でエエねんけど・・・”と、恐縮していたので、思わず何なら席代わったるで・・・と言いそうになったのだが・・・。
 
釆なりうどんきらくうなぎメニュー
それはさて置き、こちらが期間限定で販売されていた夏のスタミナ定番メニューである”うなぎ料理”のメニューで、ご覧のように”うな重定食”、”特上うな重定食”、”うな玉丼定食”の三種類があったのだが、”うな重”を食べるのであれば気分的に他の鰻料理専門店へ行って食べる方がエエような気がしたので、今回はそう言った鰻料理専門店には無いメニューを・・・と思い”うな玉丼定食”を食べる事に決定!!!
 
釆なりうどんきらくうな玉丼定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”うな玉丼定食”で、メインの”うな玉丼”と選べる小うどんの中からチョイスした”小海老天ぶっかけうどん”がセットになって、お値段は税込価格1274円也。ちなみに選べる小うどんは”冷・小海老天ぶっかけそば”か”温・小海老天かけうどん”のどちらか・・・と書いてあったのだが”ぶっかけそば”や”温かいうどん”は以前にも食べたので、”小海老天ぶっかけうどん”は出来ないの?と聞いたら出来ますよ・・・と言う事で”小海老天ぶっかけうどん”にしたのであった!
 
釆なりうどんきらくうな玉丼定食
そしてこちらがメインの”うな玉丼”で、定食では無く単品で注文した場合は税別価格980円らしい・・・。で、ご覧の通り少し前に『なか卯』で食べた似たような商品名の”うな玉親子重”とは全く異なる、どちらかと言うと『お食事処 喜両由』で食べた”うなぎ丼”や『手打ちうどん工房 せらび亭』で食べた”うなとじ丼”と同じで、所謂”親子丼”の鶏肉の代わりに”短冊切りした鰻の蒲焼”を玉子とじにした丼で、若干玉子の半熟加減が期待した程では無いが、うどん専門店ならではの丼ぶりのかえしを使っているようで中々ウマい!個人的には結構好きな味かも・・・。
 
釆なりうどんきらくうな玉丼定食
ちなみに”うな玉丼”の玉子とじの中に入っていた”短冊切りした鰻の蒲焼”はこんな感じで”1枚物の蒲焼”とは違うが、最初に見た印象とは違ってご覧の通り結構な量が入っている。で、流石に玉子とじになっているので、メニューに書いてあった特製絶品ダレの味わいは失われている?が、鰻の身自体は結構ぶ厚くて普通にウマい国産の鰻で無い事だけは確かだと思うが、牛丼チェーン店並かそれ以上の味わいがあったような気はする・・・。
 
釆なりうどんきらくうな玉丼定食
そしてこちらは”うな玉丼定食”の選べる小うどんの中からチョイスした”小海老天ぶっかけうどん”で、差額から単品計算をすると税抜価格200円のようだ。で、文字通り”ぶっかけうどん”の上に”海老天”等をトッピングしたシンプルな内容だが、”海老天”は普通サイズで身もプリプリとして中々ウマい!商品名が”小海老天ぶっかけうどん”なので、もしかしたら”小海老の天ぷら”と勘違いされそうなので、”海老天小ぶっかけうどん”とかに変更した方がエエのでは・・・。
 
てな事で、またまた行った加古川ニッケパークタウンの1Fのレストラン街の中にある『釆なりうどん きらく』で今回は”うな玉丼定食”を食べてみたのだが、普段食べる”うな重”や”うな丼”とは違い商品名通りに鰻が玉子とじになった丼で、玉子はトロトロで鰻も思いの他沢山入っていて、これはこれで中々ウマかった!鰻の季節が終わった後は、今度は穴子を使った”あな玉丼”ってのも販売して欲しいものだ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.